鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:片付け

 (8コメント)

6

179: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/25(金) 01:36:08.56 ID:N7cWF+++
出産のため5日間ほど入院していた。
退院して自宅に戻ると、小学生時代から大切にしていた古いゲーム機とソフトがなくなっていたことに気付いた。
聞いたら、夫が勝手に捨てたことが判明。

「だって使ってないし邪魔だし、子供が生まれたから今後も遊ばないだろ」と言うが、
元々は私の実家に保管してあったのを「やってみたい」と言ってわざわざ持ってきたのは夫。

自分の物は片付けできないくせに、なんで他人の物をしかも入院中に無断で捨てるかな。
マジで神経がわからん。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

ダウンロード (15)

735: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 10:18:53.36 ID:G7AFs2RQ
夕飯の片付けで、食卓に用意はしたけど使わなかったフォークを置いたまま洗い物をしていた
洗い物が済んでから片付けるつもりだったんだけど、出しっぱなしだよと言われた
食器を洗いながら、後で私がやるから大丈夫と答えたら、なんか反抗したいのか?言い返したいだけなんだろう?と責められた
なにこれ
片付けの順番まで口出ししてくるのかと思ったらもうどうでもよくなった
そういえば今までもこういう事が多かったなと
なんでもかんでも過干渉が過ぎる
一緒にいて安らげないと、これがきっかけでやっと解った

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

ダウンロード

754: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/05/27(水) 13:27:39.96 ID:veUqxRE9
昔デートの帰りに独り暮らししてる彼女の部屋に遊びに行った時、部屋が汚いからって10分位外で待たされた。
で中に入ったらまあキレイな部屋ではないけど別に許せる範囲だし気にならなかったんだけど、トイレ借りた時に
便器にウンコこびり付いてて冷めた。
多分その日の朝に付いたから気付かなかったんだと思うけど、俺が帰ってから俺のせいにされるのも嫌だったから
トイレットペーパーを大量に丸めて落として上げた。ウンコ汚れと一緒に恋心も流れた懐かしい思い出。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

images (44)

661: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 20:23:42.11 ID:hNc80Kvg
週に2回くらい泊まりに来る彼氏。

洗って乾いた食器を片付けてくれるのはいいんだけど
空いてるところに適当にしまう。
しかも、大中小と大きさの順番に重ねないから
バランスゲームみたいなことになってる。
何度か
『食器のしまい場所がわからなかったら置いといて。
探すのもめんどくさい。
大きさバラバラで適当に片付けるのもやめて。
バランス崩して割れたらいやだ』
と、責めても改めない。

今日、彼が飲み会でこっちに来ないので
自分のご飯を作って食器棚を開けたら
食器が崩れてきて6枚割れた。
割れた中に大切にしてた食器もあったので、落ち込んでる。
食欲も無くなって、ビール片手に書き込みしてる。

ほんの一手間を省いた彼に、どういえば解ってくれるのか考えてる。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード

224: 1/2@\(^o^)/ 2015/06/15(月) 17:23:05.72 ID:4X6oTDtC
前に付き合ってた女性は仕事もできて物凄く美人で人としての頭もすごく良くて料理も上手でエッチもすごく上手…

で、何も言うことなく自分には本当に勿体無い人だった。
二人とも30超えてたので、結婚できたらいいなとも思っていた。
なのに彼女は『もうちょっと自立できないと結婚なんてとんでもない』と常に言っていた。
実際はどちらかと言えば自立しすぎていて一体今までどんな人と付き合ってたのか不思議なぐらいだった。あまり元彼の話とかは詳しくはしてくれない人だった。

あるとき、アポなしで彼女の家に行ったら彼女は物凄く焦って声を裏返させて全くドアをあけてくれない。
ちょっとおかしいな(もしかしたら男でも連れ込んで…もしかして自分が浮気相手だったり…?)とか色々思って少し悲しくなり暫くドア越しにやりとりをしていたら彼女が渋々ドアを少しあけてくれた。
泣きそうな顔をしながら『絶対怒らない?』とか、『呆れない?』とか『私の事嫌いにならない?』とか今まで言われたこと無いような事をいわれてびっくりし、全て否定して中に入ってみると…

すっごく汚い家だった。
足の踏み馬もないぐらい散らかってた。
ゴミ屋敷…ではないんだけど、整理整頓が全く出来てない感じ。
彼女自身もおっさんみたいなヨレヨレのジャージだった。
彼女の家に普段行く時はオートロックもついてないような築年数経ってるマンションの割にはそれがレトロだと思える程凄く素敵な家だと思ってたのに、全くの別世界だった。

この記事の続きを読む >