鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:父

 (0コメント)

images (4)
128: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/02/01(火) 13:43:49
人生で最大の修羅場は父の納骨が終わって父の実家から帰ってきた時
帰宅してすぐにかかってきた電話に出たら商工ローン会社からで
父の親友が末期癌で一昨日亡くなったので連帯保証人として
一千万超えの借金を返済してくださいといわれた時

家族の誰も知らない話だったので詐欺か何かだと思ったが
電話の向こうから、昨日から何度も電話してるのに出ないから
飛んじゃったかと考えたけど安心したといわれて事実だと悟った
あの時ほど未来の見えない瞬間はなかった

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

f51906befbf117df110cda4935ddf2eb_400
60: 本当にあった怖い名無し 2011/10/15(土) 10:44:31.71 ID:BHHVif+y0
母親が結婚した男が糞で妹(中1)に手を出そうとしたので
家捜ししてロリ写真とpcの中に援交メールや
写真を売り買いしてるメールを見つけたので警察にちくった
それが9月 

この記事の続きを読む >

 (13コメント)

552

223: おさかなくわえた名無しさん 2011/03/11(金) 14:38:50.42 ID:znJJua0D
学生の時半年くらい付き合ってた元彼
ちょっとしたことでケンカしてしまい
メールも電話もない状態に

そんな時に
もともと病気を持っていた父が入院して母に帰って来いと言われていた
まだ大丈夫だと思っていて飲み会に参加した次の日に父は亡くなってしまい

死に目にあえなかった
それを彼に伝えたら「大丈夫?」と言ってくれたが
私が実家に帰ってからは一切連絡なし

私のこと心配じゃないのかと思ったら急に冷めて、その後別れた

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

N189_kuchiwooouhakui_TP_V1
52: 名無しさん@おーぷん 2014/04/30(水)17:59:54 ID:???
おっさんの衝撃体験を聞いてくれ。結果から言うと泣き寝入りだ。
俺は二十代真ん中で見合いした。田舎だったが、それでも早い。
父親の紹介で、公務員の俺と自分の娘を結婚させたいおばさんがいると。
当時は実家住まいだし結婚のビジョンなんて無く面食らったが
父が、姉妹のうちどっちかと見合いしてやってくれ、と言う。
年子の姉妹で、どちらの釣書も見たが笑える位同じ内容。
顔も経歴も趣味もほぼ同じ、だから、普通に姉の方で申し込んだ。
しかし当日来たのは妹の方だった。理由は分からない
なんとなく波長が合わないと感じた。でも具体的に嫌な点は無い。
どんどん話が進められ翌年に俺は結婚した。今は子供もいる。
嫁は、なんというか意地悪な人間だった。他所で大きな問題を
起こしてくる訳じゃないから良いんだが、性格が悪い。
何にでも文句、今いた人を褒めて退席すると同時に悪口三昧。
児童館でも自分の子供がピアノを弾いて、終わったから
次の子が弾こうとすると蓋を閉める。子供では開けられないので
その子は呆然、俺が開けてやると、嫁は睨みつけている。
俺の妹からの電話(業務連絡)を無意味に取り継が無かったり、
嫁友人の成功や結婚を上から目線でボロクソに事実無根に叩いたり、
女優や女性アイドル、タレントに口汚く駄目だししたり、
とにかく一日中誰かの文句を言っていて本人は楽しそうだ。
俺達家族の事は最高だと思っているらしく徹底的に褒めあげる。
実はそれも負担だ。つまり俺の結婚は完全に失敗だった。
衝撃だったのは、本来俺が見合いを申し込んだ姉の方は
釣書と全くの別人だった事だ。見た目も仕事も趣味も。
快活で明るく、仕事熱心な話し易い常識人だった。しかも可愛い。
あの釣書はなんだったんだ?
どう考えても嫁の釣書が二通あったとしか思えない。
確認したらな、そうだったんだよ。
姉の方は別の男性の所に二通行ってたんだそうだ。
そちらは年のいったマザコンだったので姉が断ったそうだ。
今は勿論姉は結婚していて、幸せな家庭を都会で築いている。

何故俺の方に妹が二通だ。姉の方は変なオヤジに二通だ。
俺の父親は、釣書の内容が微妙に違った事と、年子の姉妹なので
こんなものかなと気付かなかったそうだ。名前や年は正確だったし。
嫁と嫁母に聞いた所、今知ったわーそうなの?偶然ね、運命ねえ!
とカラカラ笑っていた。俺は完全に嵌められたのだと思う。
しかし何も考えないで見合いしたのは自分なので自業自得だ。

姉の方は年に一度帰ってくるくらいで、何となく疎遠、
嫁母は嫁ばかり可愛がる。なんとも不安になる。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

uX7dKBVQzj91z3udIBpdYP0DNgTVrxGJ
437: 1/2 2006/02/13(月) 10:06:43
姉が子宮外妊娠で入院、手術。
卵管が破裂していて腹腔内に大量の出血があり、
もう少し処置が遅れれば死んでいたかもしれなかった。

(元)義兄は前の晩からおなかを抱えて苦しんでいる姉を
「友人も一緒でどうしてもキャンセルできないから」
と言い訳しながら、早朝からゴルフに出かけてしまったらしい。
姉は隣人に助けを求めて救急車を呼んでもらったそうだ。 

この記事の続きを読む >