鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:無理

 (3コメント)

shigoto-muri3

304: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/17(月) 19:26:10.87 ID:ff4qZl4q0
誕生日に会えなくて不機嫌だったところに彼から夜電話で、「おめでとう今日は友達とBBQしてきて、明日は女の子含む同期とドライブしてくるね!」って言われてさらに不機嫌に。
せっかく電話したのに嬉しそうじゃないし距離置こうって言われた。
普段遠距離でゆっくり会えないから誕生日くらいはゆっくり会いたかったし会えないなら会えないなりになんかあっただろ。距離置こうって言われて正直離れたくない。って思うのと何で私の気持ち分かってくれないのっていうので頭ぐちゃぐちゃ。
何とか仲直りしたいけど無理な気がしてきた

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

af9920067038m-1

67: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/31(木) 05:38:32.49 ID:p42MWdrq0
彼氏が免許持ってなくて私が車で迎えに行く前提で出かける予定立てられて困る
運転疲れる事とかも話してるんだけど「俺が電車嫌いなの知ってるのになんで車出してくれないの?俺と出かけたくないの?」とか言われたり
タクシーとめるのも交差点で左折してくる時とかで常識なくて無理

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

6455

11: おさかなくわえた名無しさん 2018/08/11(土) 00:43:31.51 ID:FGBBTD/v0
わりと高めのレストランで食事した。食器もよく分からんがオシャレで高そう
それで彼女がナイフ、フォーク、そしてスプーンをまるで普通の事のような顔で持ち帰ろうとした
なんとか阻止したけど、彼女の家にあるフォークやスプーンも
デニーズやガストのを盗んだものらしい
「アメニティだからいいでしょ?」いや俺は違うと思う
そもそもアメニティだって持ち帰りNGの物があるだろうがよ
悪意無しに窃盗する奴は正直無理だ。あんなに好きだったのに今は汚物に思える

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

6455

926: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/07(月)20:35:27 ID:gJF
もうかなり昔の出来事だけど。
性格もルックスも中々良くて気になっていた同僚(男)から、映画に行かないかと誘われて快くOK。

当日待ち合わせして現れた彼は、Tシャツにジーンズだったのですが。
何故か物凄い汗だく。
そして臭い!!
耐えられないほど臭い!!!!
目にも染みるほど臭い!!!
まさに激臭と言っても良いほどです。
今までこんなニオイしたことなかったのに?!と激臭に混乱しつつ、なぜ汗だくなのか聞くと、マラソンしてきたとのこと。

走るのは別に良い。
汗もまあ良い。
だが、なぜこのニオイなの!?
吐きそうになるわ、泣きたいわで映画だけは何とか見終わって、食事もせず現地解散、即サヨナラしました。
その後、少し連絡がありましたが、若かった自分は上手にかわすことも出来ず…のらりくらりとスルーして約一年で諦めて貰えて今は平和です。

彼は何故だと散々理由を聞いてきて、『性格が合わなそうだから…』とオブラートに包んでも中々諦めて貰えず、かといって恨まれそうなので『あなたは臭くて私の鼻が死にそうだから付き合えない』とも言えず…
心身が疲弊しました。

彼はまあいい人でした。
でもニオイだけはダメでした。
本当に、インド人もビックリ!と云うほど彼は立派なワキガだったのです;
当時私は、冬に転職、春は花粉症で鼻づまりマスクしていたので、同僚とあまり汗をかいた状態で話すことがなかったので気づきませんでした。

ワキガの方は大変ですね…
どんなに性格が良かろうと、側に居るだけで吐き気を催す人とは付き合うどころか友人にだって無理でした。
同じワキガか、蓄膿の彼女なら良いかもですが。
その後付き合った男性は、男性なのに不思議と爽やかな良い香りがして、今は夫になったのですが、加齢臭もほぼなく本当に香りが合うのは大事だと思い知らされています。
ワキガの手術は無料にしてあげればいいのにと思わずにいられません?

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

0100

317: おさかなくわえた名無しさん 2006/08/22(火) 15:34:11 ID:DG+whmF6
高校生のとき、非常に頭の悪かった私。
美大に行きたかったが先生にアタマ足んないよと言われ、諦めて就職した。
それから4年。貯金も貯まったし未だ大学進学の夢が捨てきれず進学を決意。
彼に「ずっと行きたかった大学へ行く事にした。今から勉強する。来年の入学は
無理だからさ来年。それまで、一生懸命頑張る」と伝えた。
すると、「そうなの?大学ねえ。難しいよ。多分無理だよ」
私「うん、難しいのは承知だし、無理かもしれない。でも、だからって
  何もしないで諦めるのは嫌だからやってみるんだ」
彼「いや無理だって凄い難しいよ、君には無理だ」
私「だから必死になって勉強するんだよ。やってみなきゃ分からないじゃん」
彼「止めときな。時間の無駄だよ。無理だって保証するよ」
私「…」
そして「俺は君の為に言ったんだからね。」と。
これが原因で別れました。
それから更に3年たった今、私は大学生になっている。
彼に会って胸はって話してやりたい。

この記事の続きを読む >