鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:火傷

 (11コメント)

079b97d6550d8371fae9f533a16f510c_99
897: 名無しさん@おーぷん 2014/12/27(土)12:32:32 ID:qLw
文章書くの下手なんだけど、自分も友やめ話を書いてみる。
A子は一歳の子持ちで20代、当時私は10代だった。
A子は昔から派手で交遊関係も広く、どちらかというと根暗な私とは真逆だったが気が合うのでよく遊んでいた。
ある日A子が他の友人も呼んで夕方から遊ぼうと誘ってきたので、仕事終わりにA子の家に寄った。着替えさせてから出掛けたいというので待っていた時にA子の息子(B太)の胸元に大きな火傷の痕があり尋ねると 

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード

113: 1 2014/07/30(水)19:37:00 ID:Clv4JMzgu
結局裁判沙汰になっちゃった若き日の修羅場です。

大学のサークル女子仲間5人でハワイに行った。
ビーチに遊びに行き、浜辺に着いてから
みんなで背中に防水のUVカットクリームを塗りあった。
現地に着いてから割り勘で買ったものです。
現地の人に言われた通り、一時間おきに塗りあった。
海で泳いで浅瀬でシュノーケリングもして楽しかった。
日焼けもちょっとだけですんだ。

その日の夜、A子が背中が痒い~痛い~と言いだした。
他の4人は何ともない。
痛いから晩御飯パスして寝てる、というA子を置いて出掛けた。
早めにホテルに帰ると、A子は寝てた。

でも夜中に唸り始めて、同室の私は心配で
とりあえず痛いと言う背中を見た。

そしたら、焼けただれた状態だった。
本当に、完全に火傷状態。
更にA子が掻きむしったために酷い状態だった。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

gatag-00009742

121: 名無しさん@おーぷん 2015/09/07(月)21:20:57 ID:qxx
海のバーベキュー会場で友達と火起こしして、さあ焼くぞ!って時に近くを暴れまわってたクソガキが突っ込んできた
両手がモロに炭の中に入り大絶叫
手を抜く拍子に焼けた炭が隣の人の背中にもあたって軽いやけどを負う始末
やっと来たイカにもアホっぽい親はウワーありえねーとかいうだけで謝りもしない
流石に切れた隣の人たちや我々にボコられてやっと謝りだしたけど
謝るだけで弁償も何もしない
マナーのなってない親子が火を扱うところに来るのはホント迷惑だ

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

jpg
264: 名無しさん@おーぷん 2015/04/01(水)14:51:43 ID:tDY
結構昔の話ですが・・・
次女が3歳のときに顔にやけどを負った。原因は元旦那。
長女が小学校の宿泊訓練があるということで、その説明会に私が参加しているときのことでした。
旦那はその日休み。長女は友人宅。旦那に次女の面倒を頼んでいたのですが
旦那が勝手に次女に料理をやらせてやけどを負わせてしまいました。
晩御飯は私が帰ってきてから作ると言っているのに、自分が小腹がすいたからと言って
何故か3歳の子供にラーメンを作らせようと指示してた。
次女はインスタントラーメンを茹でるところから、具のもやしとキャベツを炒めるところまで旦那の監督無しでやろうとしたそうだ。
その間、旦那は自分の部屋でゴロゴロ。
次女は何度もやりかたがわからないと聞きに来たそうだが、
いつもママのお手伝いをしてるだろ!なんでわからないの?と台所に行ってやることもせず。(次女談)
次女は不安定なダンボールの上に乗り足元を滑らせ顔が火のついたコンロに直撃。
顔を大やけど。野菜などはまだ刻んでいませんでした。
そこに長女が帰宅して泣き叫ぶ次女を発見。旦那は寝室でぐーすか寝ていたそうだ。
救急車を呼んだのも、濡れたタオルで顔を冷やしたのも長女。
旦那は長女の怒号にようやく目を覚まし、自体を把握。

次女の顔はときがたてばやけどが目立たなくなる程度で済みました。あと少し髪が焦げたくらい。
旦那は謝罪はしていましたが、いつも手伝ってたからできると思ったと長々言い訳してたよ・・。
手伝いって言っても皿に盛り付ける程度なんですけど。包丁や火を使う手伝いをするのは長女。
その長女ですら私の監督下でやってくれているのに。
それがきっかけで私たち夫婦間はギクシャクしてしまいました。
その後旦那に好きな人ができたから離婚してくれと言われてたけれどショックでもなんでもなかった。



この記事の続きを読む >

 (6コメント)

no title

539: 名無しの心子知らず 2012/01/28(土) 17:36:06.76 ID:OFf6gJu3
セコでも泥でもないのですが、失礼します 

去年の話になりますが、旦那と昼食に食べ放題のお店に行きました。  
おかわりしに料理を取りにいったのですが、奥のほうにある料理を取ろうとしていたところ 
手前にあるカレー鍋がなぜか手前に倒れてきました。  
あまりの熱さに情けない悲鳴を上げ、その場でブーツ、短パンを脱ぎ、店員さんが持ってきた濡れタオルで冷やしました。 

この記事の続きを読む >