鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:火事

 (2コメント)

image11
873: 名無しの心子知らず 2010/10/21(木) 10:23:11 ID:49kmVDPl
学校のクラスの子の家が火事になったの。 
全焼に近かったし、最初は皆で服とか生活用品とかあげたんだよ。 
結構不要品処分的なノリもあって、かなりの量。 
そしたら調子に乗ってしまったのかクレクレになってしまった。 
親が子供に仕込んだのか、色んな家に行っては「ゲームクレクレ玩具クレクレ、アレクレソレクレ」と。 
親も親で、終いにはポットだホットプレートだと指定してきた。 
いや買えよ。もう。 
皆が断りはじめたら教師に泣き付いて、プリントまで作らせてた。 
「まだ普通の生活に戻れてません。協力を!」みたいなの。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

火事-310x232
537: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)15:03:10 ID:???
俺の母親は地元では人気があって友人が多かった。
小学生や園児までもがどこどこのばあちゃんと呼んで親しんでいた。
しかし俺の嫁とは仲が良くなくて、しょっちゅう母の愚痴や怒りが聞こえてきた。
赤の他人でご近所さんでさえ仲良くやれてるのになぜ嫁は上手くやれないんだと叱ったが、
掃除や料理にケチをつけると喚いて聞きやしない。雑でメシマズだからその指摘は当然だろう。
ある日のこと、隣の家が激しく燃え上がった。このままではうちにも火がまわってくる勢いで、
貴重品などを持って脱出することに。母は脚が悪く、歩けないことはないが速度は牛歩。
俺は片目を失明している父の腕を引いて脱出したが、
なんと嫁は母を救出していなかった。双子の1歳児のみを抱えて出てきたときは青ざめて修羅場どころの話ではない。
いくら母とうまくいってないからって、こんな命の危機が迫っているときにそんなことしなくても・・・
ご近所さんのうちの一人が飛び込んでくれて母は助かったが、もう嫁への愛は急降下。
嫁は近所からもヒソヒソと嫌味を言われて離婚を申し出てきた。財産分与だけして慰謝料無しで離婚した。
養育費は毎月払い、双子(男女1人ずつ)は今年の4月で大学生。
娘は外国の料理系の学校に進学、息子は慶応大学。
娘が料理に興味を持ったのは、母親の料理が美味しかったからだと。
俺の記憶ではメシマズだったはずなんだけど。なんで離婚してから努力するかな。
これ一部の結婚詐欺ってよんでいいよね?

この記事の続きを読む >

 (77コメント)

0cbe2242fc3278afa8df4ddee5e9fb5b
237: 名無しの心子知らず 2010/06/14(月) 16:19:33 ID:ANCezf/j
ケチというか・・・な話だけど 
ちょっと前に近所で火事があった。 
水が足りないとかで、大きな水道栓のある我が家の水が使われた 
で、先月水道代の請求が50万円ほど来た。 
火事をおこしたお宅に請求したら、火事場泥棒!と叫ばれた。 
水道料金って払えなかったら止まるんだよね? 
恥ずかしながら貯金全部出しても払えそうにないので困ってる。 
近所の人に根回しされてて、火事の家からお金をむしり取ろうとした 
血も涙もない女と言われて辛い。 

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

55

546: 名無しさん@おーぷん 2016/04/17(日)01:36:14 ID:mSN
地震で家が壊れた人たちがいるだろうから少し参考も兼ねて

家が火事になって周りにも延焼したんだ
それで当然消防の人が消化に来るんだけど、保険に詳しい友達に連絡すると大切なもの(お金で買えないもの)がないなら最後に消してもらえとアドバイスしてくれた
理由は簡単、半壊だとかの判定をされたら保険金が激減するから
犬や主要な家財道具はだいたい避難させてたからその通りにしてもらった
そしたらいわゆる焼け太り状態
お隣は聞いた話だけども、建て替え必須な状態なのに500万くらいしか保険が出なかったらしい

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

d0031562_17324378
418: 名無しさん@HOME 2012/07/27(金) 11:07:50.46 O
小学校二年生の夏休み、妹と二人で二階の子供部屋で昼寝してた時に近所にちょっと出掛けた祖母の火の消し忘れで起きた火事に巻き込まれたのが修羅場 

もうね気づいたら煙で逃げ道無いし、喉痛いし目は霞むし、かなきり声あげて泣いてしがみついてくる妹抱き締めて固まるしかなかった 

死んじゃうよお母さんって二人で泣いてた時に部屋の窓ガラス割れて隣家にいた高校生のお姉さんお兄さんが顔見せてくれた時に本当バカだけど失神した 

2人共帰宅した祖母の絶叫で飛び出してきて身一つで二階横の木に登って屋根に移り助けに来てくれたらしい 
日中足腰弱いご老体しかいない近所、2人がいなかったら確実に死んでた 

台所からの出火でいつ爆発するか分からない中、気を失った私を抱えて屋根から芝生に飛び降りてくれたお兄さんと妹を抱えて飛び降りてくれたお姉さんには今でも感謝しきれない 

その後家には当然住めなくなりしばらく修羅場は続いたけど二年後に建て直せて今はそれぞれ家庭を築いたお兄さんお姉さんとの交流はずっと続いてる 

ただ最近になって祖母が思い出したかのように私が失神した時に漏らしてた事や、助け出された時にずっと白目向いてた私を見て死んでるんだと思った

この記事の続きを読む >