鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:深夜

 (8コメント)

366

123: 名無しさん@おーぷん 2015/09/24(木)02:04:37 ID:KR0
ふと深夜に思い出したことを書かせてください

あの日は夜勤明けでけたたましいピンポン連打に目を覚ました
時刻は夜中の2時。何事かと玄関に行くと「開けてください…」という男の声。
以下、男との会話
私「いま何時だと思ってるんですか?!ていうか用件は!」
男「あなた、お金を落としましたよ…それを届けに来たんですからドア…開けて…入れてください…」
私「どこでお金を拾ったのかと、私のものだとなぜわかったか説明できますか」
男が言うにはアパート近くのスーパーで私が買い物をしたとき落としたのを拾ったんだ、と
確かに仕事帰りにスーパーへ寄ったし、ズボラなものでたまたま鞄に入れてた給料袋からお金を出したのでそのとき落ちたのかもしれない
私「それが本当だとしても、普通は直後に落としましたよとか声かけますよね?」
男「いや…俺も仕事があったし…仕方なく家をつけて…仕事終わったから来たんです…」
もうツッコミが追いつかない
仕事中にスーパーで買い物してお金落とした女に話かけもせず、家までつけてくるかw
しかもこんな深夜に仕事が終わる会社なんて近所どころか町内にないってのwww(※超ド田舎)
私「お金って千円くらいでしょ、あげますから帰ってください。ご近所にも迷惑なんで」
男「そんなこと言わないで…お菓子、買ってきたんですよ…一緒に食べましょう…」
あああああ!!コイツ絶対、頭おかしい!お巡りさーん!
私「ちょっと、いい加減にしないとマジで警察呼びますけど?!」
男「………わかりました…」
ドアスコープから覗くとしょぼくれた男の姿が一瞬見えた。強気に出たけど本当はめちゃくちゃ怖くて玄関にへたり込んだ。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

aristotle400
125: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/02(月) 06:17:22.36 ID:/ih2mu2Y
本日深夜三時ごろ、フローリングをペタペタ歩く音で目が覚めた。 
その時は隣の部屋で寝てる長男か夫がトイレにでも起きたんだろうと思ってぼんやりしてた。 
(次男が三ヶ月で夜泣きがあるから寝室分けてます) 
でもトイレを使う音がしてこない。 
真っ暗のなか明かりもつけずリビングから居間をうろついてる様子。 
怖くなって息を殺してた。 
今日は涼しかったからクーラーつけてない。 
寝室のドアや窓は開いてる。 
その時、うろついてるヤツが居間の電気を一瞬付けてすぐ消した。 
一瞬で後姿しか見えなかったけど 


裸の男だった。 
リアルに鳥肌たったよ。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

48

229: 名無しさん@おーぷん 2015/10/24(土)01:22:21 ID:ero
当時の彼氏の浮気相手に放火された
彼氏とは高校から付き合い始め、当初は初々しいカップル(笑)みたいな関係だったけど数ヶ月経ったら小中の時のような気楽な関係に戻り、社会人になってから結婚を意識した付き合いに進んだ
だからってやはり甘い関係になるわけでもなく、会話は夫婦漫才のようだと言われデートスポットは漫画喫茶とかマニアックな展覧会とかが多かった
そんな付き合いだったからか、いつの間にか浮気されてて、その浮気相手に私と彼氏のデートを目撃され、浮気相手が浮気されてる!あの女許さない!と暴走
ストーキングで家がバレてたらしく、深夜に放火された
続きます

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

5556

344: 名無しさん@おーぷん 2016/05/16(月)00:35:52 ID:5st
嫁が仕事辞めたいと言い出した
辞めて家事に専念したいという
少なくとも、子供が出来るまでは共働きで貯金すると決めていただろうと反対したら、減る収入は俺の小遣い無しと深夜コンビニバイトのダブルワークで対応したいと寝言を吐かれた
現在の俺の小遣い月四万と、バイトの収入、コンビニだから廃棄貰えばあなたの食費も浮くよねと嬉しそうに話す嫁に離婚を申し入れたら、吼えて泣いて暴れて散々な目にあった
辛くてもう働けないと言っているのに、私が辛いのに寄り添ってくれないと泣く嫁と抱き合って泣いてる嫁母は無視して、嫁父に引き取ってくれと頼み、嫁は一旦実家に戻った
何でモラハラ経済DV全開な要求をしておいて、自分が被害者だと泣けるのだろうか?

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

8

268: おさかなくわえた名無しさん 2008/12/31(水) 15:15:37 ID:RF6Nvde/
数年前、夜中の2時とか3時頃コンビニに向かって住宅街を歩いていた。
そしたら人気の無い道いっぱいに、20匹くらいの猫たちが集まって座っていた!
自分が通るとき、逃げずに全員がこっちを見ていた。

こっそり深夜集会でもしてるんでしょうか?

この記事の続きを読む >