鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:深夜

 (4コメント)

6664

982: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/27(水) 20:23:34.00 ID:FGWWhxwy
10年ぐらい前の話だけど、なんとなく思い出したので。
自営業で自宅兼事務所の3階建てコンクリ建物に住んでいる。
先日外壁を塗装しなおしてキレイにしたんだが、
夜中の11時頃、向いの奥さんから携帯にメールが入った。
「何気に外を見たら、あなたのところの壁に怪しい人がいる。
 たぶん落書きだと思う。スプレーみたいなの持ってるし」って。
それで夫と義父と3人で音を立てないようにして出て行った。
夫が私をポンポンと2回叩いたら
「おまえは引き返して警察呼べ」という合図を打ち合わせして。
そしたらカゴにいくつかスプレー缶をいれたのを地面に置いて
男がひとり、壁に何かゆっくり描いていた。
深夜にシュ~~~・・・・・・とスプレーの音。シンナーの臭い。
夫にポンポンと叩かれて、静かに引き換えし警察に電話。
その後また現場に戻ったら、義父と男が言い合っていた。
男「うるさい!黙って見てろ!」
義父「いやそれは!」
男「黙れって言ってるだろ!」
義父「しかし!」
男「殺すぞ!黙れ!」
夫は義父のパジャマの裾を引っ張って「いいからほっとけ」と。
とか何とかやってるうちにお巡りさんがきて御用。
男は描きたいことを描ききって満足げ。
翌朝落書きを消そうと外に出て、改めてじっくり見てみたら
「巨人郡優勝おめでとう!西ぶのば~か」
と書いてあった。
父は「郡じゃないよ軍だよ、と言いたかっただけらしい」
馬鹿はおまえだ。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード

534: 名無しさん@おーぷん 2015/07/07(火)15:05:50 ID:MIO
旦那がバイク事故起こした時が修羅場だった。
グロ注意。






平日の深夜一時頃、明日も仕事だしそろそろ寝るかーと思っていたら携帯に旦那から着信が。旦那は通常がずっと夜勤の人だから私が寝てる時間に電話をかけてくることは無い。
何だろうと思いながらもしもし?と電話に出たらいきなり「指がもげたー」と言いだし、私は「何ふざけた冗談言ってんだ??」と頭上に「?」が飛ぶ。
でも冗談じゃなかったみたいで、よくよく聞くとバイクで帰宅途中に突風に煽られて転倒したとの事。それで何で指???って思ってたんだけど…。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

44

529: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/09(火) 21:25:40 ID:fEpVoMjr
付き合い始めて3ヶ月。昨日、仕事が遅番だったので家に帰ったのが深夜1時過ぎだった。
ドアの前に巨大な花束と何か箱がある。カードがあったので見たら彼氏から。
「誕生日おめでとう!どうしてもお祝いしたかったからずっと待ってたけど
遅番はやっぱり遅いよね。俺の気持ちだから!お夜食にどうぞ。24時○○より」
鳥肌が立った。感激からくる鳥肌ではなく、何というかダメだと思った。
因みに箱はケーキ。どーんとホールケーキ。賞味期限はもちろん当日。覗いたら生クリーム溶けかけ。
もうダメだ…。どうやって別れよう…。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

ダウンロード (1)

203: おさかなくわえた名無しさん 2011/11/29(火) 21:01:43.53 ID:ctkf/i3P
トン切りすみません。

彼が泊まりに来た時
深夜、むくっと起きだして
冷蔵庫へ・・・

牛乳のパックを直飲みされました・・・
私が牛乳好きなので1リットルパックを常備してたのですが
直飲みはないわー

「絶対、カップに入れて飲んで」
と、言っていたにも関わらず。

私が見てないとこで、どんな事してるか分らない彼に冷めた。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

782

213: 1/2 2011/12/22(木) 14:15:25.79 ID:UadDJ+fi
高校2年生の頃。
私は母子家庭で、母親は某大学病院勤務。早番よりも遅番が多く、
夕方から早朝までいない日が多かった。
ある日、23歳の社会人彼氏(20歳のとき亡くなった父親に代わり、
オフィス店舗中心の空調整備会社を継いでいた)から深夜12時に
電話があり、母親が遅番だと知ると「会おうよ」と言われた。

眠いと一度断ったけれど「どうしても話を聞いてほしくて。車で
そっちに行くから」と食い下がるので、仕事で何かあったのかと
心配になり、少しだけなら車の中で話そう、ということで家のす
ぐ近くのスーパー駐車場で待ち合わせた。その話の内容は…。

「聞いてくれよ!最近俺の妹が変な男とつきあってるみたいなん
だよ。以前は夜7時には帰宅していたのに、最近は9時に帰ってく
るんだぜ!もしその男と会ったらボコボコにする!」

(  Д ) 三  ° ° ←私

この記事の続きを読む >