鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:消費者金融

 (25コメント)

gatag-00007101

203: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/30(木)12:02:19 ID:VaL
同僚の男性にお付き合いを申し込まれていた。
もう少しお互い知り合ってからということで答えを保留にして二度ほど食事。
駅に向かうまでの道に、アコムとかレイクが乱立してる通りがあって
「こんなに建っているということは需要があるんだろうけど、感覚的にちょっと」と私が言った。
彼は「俺は悪いと思わない」
「給料日前に少し足らなくなるなんて当たり前」
「返すなら問題ない。利子を払っているんだし、あの会社と社会はそうやって成り立っている」
確かにそうなんだけど、私はアコムに頼らず、給料日前苦しくなった時のために
貯金しておく方がいいじゃないって考え。
彼は「短期借り入れも許さないというのはただの感情でしかない」と主張。
その考えもわかるけど、感覚の違いはしょうがないよねってことで
お付き合いは断わった。
彼は最後まで「感情的すぎる」と言ってたけど、恋愛がそもそも感情の産物だし…。
その後、先輩(女)に「彼とどうなったの?」と聞かれた。
同僚男性と仲良いから色々聞いてたみたい。
くわしく言いたくなかったから「あちらに聞いて下さい」と言ってかわした。
現在「理屈に合わない主張を振りかざす感情的なヒステリー女」と言いふらされている。
先輩(女)も彼の主張に同意なようで「心が狭い」「合理的じゃない」って。
別に私は向こうを否定してないのに。
ただ私とは合わないってだけなのにここまで言われるほどのことなんだろうか。
確かにどこの企業だって短期借り入れなんか普通にやってるけど
私は個人でなるべくやりたくないってだけ。
合理的じゃない、感情的って言うけど、金銭感覚が合わない相手と付き合う方が合理的じゃなくない?

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

666

753: おさかなくわえた名無しさん 2016/05/28(土)06:20:46 ID:XIx
うちの父親だった人の話。
私が就職した際、しばらくしてから就職祝いだと言って連れて行かれた消費者金融×3、「お父さんの言う通りに手続きすれば良いからね」「お祝いに10万あげるからね」と言われ当時19歳だった私はまんまと名義貸しに引っかかった。
借りてるだけ借りてたった80万だったが、「このお金はお父さんが返すから」と言われ信用したら案の定結局私が返済する事に。

その後の20歳の誕生日。
「お祝いにアム◯ェイに入会しようね」と言ってきた父親がスレタイ。

この記事の続きを読む >

 (28コメント)

38

338: おさかなくわえた名無しさん 2016/01/13(水)21:49:05 ID:QJN
俺は大学生の時、パチスロを覚えて死ぬほどハマっていた
それで勝てれば今頃パチプロにでもなれてたんだろうが、残念ながらそういう訳にはいかず…
いつのまにか50万程度の借金が出来てしまっていた

ここで一勝負して一発大逆転と思ったのだが、軍資金がどこにもない
仕方が無いのでまたお金を借りに行った所、消費者金融から保証人が必要だと言われた
なので後輩に無理矢理頼み込んで連帯保証人になってもらった

勝負の結果は案の定…大負けで更に借金を背負っただけだった
負けを取り返そうと更に意地になって借金に借金を重ねて勝負を
し続けた結果、借金は数百万に膨らんでしまった
連日連夜の取り立てと借金の恐怖に怯えた俺は、大学を辞めて逃走した
元々大学は単位が足らずに留年が確定していたので、さして未練は無かった

一年近く逃亡を続けた後、心底後悔した俺は親に頭を下げて人生をやり直す事にした
針の筵になりながら夜間の大学に通い勉強をして資格を取る日々…
パチどころか遊ぶ余裕すらも無かった
その努力が実ったのか、卒業後は無事それなりの所に就職出来て結婚もして家庭ももった
そこで努力して培った人脈を元に独立して事務所も構えた

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

666

753: 名無しさん@おーぷん 2016/05/28(土)06:20:46 ID:XIx
うちの父親だった人の話。
私が就職した際、しばらくしてから就職祝いだと言って連れて行かれた消費者金融×3、「お父さんの言う通りに手続きすれば良いからね」「お祝いに10万あげるからね」と言われ当時19歳だった私はまんまと名義貸しに引っかかった。
借りてるだけ借りてたった80万だったが、「このお金はお父さんが返すから」と言われ信用したら案の定結局私が返済する事に。

その後の20歳の誕生日。
「お祝いにアム◯ェイに入会しようね」と言ってきた父親がスレタイ。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

36-p1
211: 名無しさん@HOME 2009/05/20(水) 23:31:43 0
吐きださせてください。 

結婚前に債務整理をしていた旦那。聞かされたのは結婚式直前。 
「借金の理由はトメの借金を返すために仕方なくだった、もう二度と借金はしない」と言う言葉を信じた私が馬鹿だった。 
娘を出産した頃、私に黙って上司の保証人になっていたことが発覚。 
幸い、上司がすぐに完済した為、こちらに被害はなかったが、この件で旦那を信用できなくなった。 
その後、だんだん金遣いが荒くなり、渡した小遣いでは足りないと、頻繁に追加の小遣いを要求するようになったが、年収300万以下の家庭で小遣いを5万も6万も渡せるわけがなく、断固拒否。 
金に困った旦那は、私に黙って消費者金融に手を出していた。 
額は少なかったが、黙ってそんな事をしていたのが許せない。 
旦那が会社を辞めて家計が苦しかった時も、借りたお金を隠し持ったまま、小遣いとしてチマチマ使っていたらしい。 
借金発覚で、別居を決意。旦那は、何を言っても「ごめん、もうしない。チャンスをくれ」と言うばかり。 
即離婚じゃなくて「別居」のかたちにした事が、あんたの言ってるチャンスなんだよ! 
「別居中に本当に心を入れ替えて、貯金なり再出発の新居を用意するなりして、迎えに来るくらいの根性があるなら、再構築を考えないでもない。」と言ったら、「俺はお金の管理ができないから、それはお前にやってほしい。」だと。アホか。 
元々旦那は、隣の県に単身赴任(と言っても、1時間半で帰って来れる距離だが、帰りが遅い為基本的に会社の寮で寝泊まり。)なので、話し合いの日は寮に帰ってもらった。 

今日、今顔を見たくないのでしばらく帰って来ないでと言ったにも関わらず、「明日帰る」ってメールしてきた。 
人の話全然聞いてねえ。断ったら「ホントにごめん」とかしつこくメールしてきて、うぜえええ!! 
もう再構築は無理だ。ここを出たら一気に離婚まで持って行くぞ! 


吐きだし、失礼しました。 

この記事の続きを読む >