鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:治療費

 (4コメント)

gatag-00007101

659: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/18(土) 14:15:43 ID:nYdpnh2u
さめた話を一つ。

一時期、前カレのお母さんが糖尿病で倒れた。
そして、かなり悪化してたらしく
運ばれたときには意識不明。
糖尿病の三大合併症をすべて引き起こしていたくらい。

それを聞いたときはこっちが気が気でなくなるくらいだった。
でも、彼氏は「ああ、別にお見舞いとか行かなくていいんだ。」
と絶対に行こうとしない。
何故かたずねると「意識不明なのに話したって意味がない。どうせ聞こえてないし。」
と否定的。

一応看護師である私が「そんなことないよ。
意識はなくても、声は聞こえてるんだよ。話しかけてきてあげたら?」
と話しても「だから別にいいんだって。そんなことしても無駄!」
とキレだす。
ここまでは我慢したり、一緒にお見舞いに行ったりしてたんだけど
ある日お母さんの意識が奇跡的に戻った!

やったー!と思ってさっそく逢いにいこうと声をかけると無言の彼氏。
喜んでるんだろうなーとちょっと黙ってると
「はあーあ。入院費とかかさむし、そのまま死んでくれたらどれだけいいか。」
「あんな状態で生きてたって、しょうがなくね?」
一気にさめて別れた。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

633

618: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/04(火) 19:24:59.32 ID:1FTFZGSV
良くありがちな「金かして欲しい」なんだけど、
ついさっき結婚して疎遠になった友達(男)から電話があった。
「会社の給与不払いで困ってる!家賃がいよいよ払えない!」
かなーり切羽詰った声で「10万円…貸して…」

10万円…出せない金額ではないが、5年間ほど年賀状だけの関係になっている知人にポンっと貸せる額じゃない。

「嫁さん働いてないの?」と聞くと、
嫁は身体が弱く働けない!家事も出来ないほどで寝込む事が多い!胆嚢切除したりでとてもムリ!
と絶望的なカンジの声だった。

「でも10万円かーちょっと考えさせてね…」といったん電話切って
そいつの年賀状出してみた。なんちゅーかマンション名が高級感あるんだよね…
でネットで検索したらば、びっくりした!コイツ嫁と2人なのに3LDKに住んでやがる!
しかもLDKが18畳だと?・・・・私の1Kよの広い!
ヤツの地区(田舎)の2LDKだと4万円が相場…その3倍以上の家賃だった。

嫁の治療費がーとか、不払いがーとか言ってたけど
自分たちが身の丈にあってない生活してるのが原因じゃん!
「貸せるか!バーカ、まず引っ越せ!」ってメール送っちゃっていいよね。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

499

902: おさかなくわえた名無しさん 2010/06/01(火) 02:14:36 ID:s3vjN3s5
日曜日の昼前、連発で鳴るインターホンで目が覚めた。
面倒ながらもドアを開けると、そこには頭を怪我した少年とその母親。
少年はすでに病院で手当てした後であろう、包帯とネットが頭を覆っていた。

母親「駐車場の3番目に停めてある四駆、おたくのですよね?」
俺「はい」
母親「今朝、子供が駐車場で遊んでいて、おたくの車の後についているタイヤ(スペアタイア)に頭をぶつけて、頭を怪我しました。」
俺「え・・・!?」

状況がよく分らなかったのだが、ちょうど一緒に遊んでいたという子供が来てくれて説明をしてくれた。
すると母親が事前に聞いていた内容とは少し違ったらしく、
本当はリアタイアの上に登っては飛び降りる、を繰り返すうちに滑って落ち、頭を打ったとの事。
怪我をした少年もバツが悪そうに頷いていた。

しかし母親からビックリ発言。

「こんな子供が多い場所にあんな遊びものがあったら、誰でも遊んでしまうでしょう?
あれは取り付ける義務があるのですか?飾りで付けているのであれば外してもらいたい。
今回は治療費までは求めませんので。」

こういう母親の心理ってどうなってんの?本当にそんな考えでの発言なのか、
分が悪いと分かっているけど当たり散らしたいだけなのか。
その日の夜、父親が謝りに来てくれて、父親はまともな人で安心したけど、
やはりそれでも子供のこれからが心配になる。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

63

625: 名無しさん@HOME 2012/10/01(月) 20:19:27.02 P
俺が小学生の頃の話

車に轢かれて大怪我をした
幸い命に別状はなかったがしばらく入院することに
母親が付き添ってくれてたんだけどそこに加害者が見舞いに来た
加害者は普通に謝ってくれたが母親は加害者に食って掛った
そこで加害者が「ここでは他の患者さんの迷惑になるので落ち着いて外で話しましょう」と……
母親も少し冷静になって外に話し合いに行った
その日はそのまま戻ってこなかった
次の日、母親と加害者が一緒に来た
そして母親が「あなたが急に飛び出したのよね?」など、俺に全責任があるかのように言ってきた
加害者が「そんなことは……」と否定するも「気を使わないでくださいな」と……
いつもは夕方までいてくれるのにその日はすぐに帰ってしまった
加害者と2人で
次の日もまた次の日も母親は加害者と一緒に来てすぐに一緒に帰ってしまった
その後、俺は無事に退院したが母親は家を空けることが多くなったが「お前の治療費のためにパートしてるんだ」と説明された
半年位したら母親が身篭ってパートを辞めて元通りの生活に戻った

当時はよく分かってなかったけど今にして思えば妹の父親ってあのときの加害者だったのかなと

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

im_0
183: 恋人は名無しさん 2015/11/07(土) 01:55:24.35 ID:wc6R06800.net
フラフラな傷だらけの猫がいて、助けようとするから
「助けてどうするの?治療できんの?獣医にもっていくなら、治療費は?治ったとして、それから飼える?里親さがせる?それ全部覚悟してる?俺は関知しないけど?」って言ったら、それでも助けようするから
「きたねえのに触んなって、どんな病気持っててどんな道通ってるかもわからないんだけど、そんな当たり前の自衛もできないの?」って言ったけど、それでも助け用とするから、勝手にさせた
結果、獣医で治療して。世話するっていうから引き取ることになったけど
もう世話も適当になってて俺がほぼ世話してるわ、だから助けんの嫌だったんだよ。予想しておいて許可した負い目もあるから世話してるけど、こんな自己満足の偽善者とは思わなかったわ

この記事の続きを読む >