鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:母子家庭

 (0コメント)

252bf5eb
495: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/30(土) 15:55:07.25 ID:CvVArciF
10年以上前の話になるけど高校の友達がいち早く結婚(でき婚)し、いち早く離婚(旦那の浮気が原因)した。
その時私たちはまだ20歳になるかならないかくらいで母子家庭手当てがどれくらい出てどんな優遇があるのかも知らなかった。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

36

996: 名無しさん@おーぷん 2016/08/02(火)11:18:31 ID:xKa

昨年離婚したんだけど、ママ友のひとり(Aとする)がやたら同情して色々譲ってくれようとした。
「生活大変でしょう?良かったら使って」って、中古の掃除機→中古の羽毛布団→中古の自転車を。
その度に「ありがとう。でも気持ちだけ頂くね」って断った。
あっさり断ったから申し訳なかったかなと思ったけど、本当に必要無いので頂くとかえって処分に困ってしまう。
ていうか、せめて2回断ったら察してくれよと思う。
先日、別のママ友からAが私のことを悪く言って触れ回ってるから気を付けなよって忠告があった。
母子家庭の分際で人の好意を無下にして、見栄なんか張っちゃってみっともない、あれじゃ子供が可哀想、
旦那に捨てられるのも分かる気がする、などなど言ってるそうな。
それを聞いた翌日スーパーでAに会ったから「なんか色々触れ回ってくれてるみたいだけど」って言ったら
それまでニコニコしてたのが一瞬にしてムッとして無言で去って行った。
否定しなかったってことは事実だったんだろうな。
母子家庭ってすべからく貧乏だとでも思ってるんだろうか。
離婚したのはあまりにも夫が息子に無関心で、それだけならまだマシだったけど息子に手を挙げるようになったから。
不可抗力で夫の大事なものを壊してしまった時、間髪入れずに息子を張り倒した夫を見て離婚を決意した。
母子家庭になったけど、経済的には何ら心配ない状況。実家も裕福。だからサクッと離婚を決意出来たわけだけど。
だから失礼を承知で言うけど、中古品を貰わなくても必要なものは自分で買える。
それに、それって好意じゃなくて単に不用品の処分場にしたいだけでしょ?
バレてないと思ってるんだろうか。浅はかだな。

この記事の続きを読む >

 (13コメント)

no title

48: 恋人は名無しさん 2014/11/17(月) 16:39:55.84 ID:nXrgSh4d0.net
料理が出来ない私。

「結婚したらどうするの?」 
「子供が産まれたらどうするの?」 
「男を掴むには胃袋だよ?」 
「私子ちゃんが作った料理食べたいな~」 

と事あるごとに説得してきた彼。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

074

642: 名無しさん@HOME 2012/07/15(日) 15:52:46.77 0
今、腎臓が悪くてずっと人工透析うけてるんだけど
70近い母が移植のために腎臓を提供してくれるって
検査受けてる
でも母かこの五年で大腸がんと乳がんをやってるから
私に腎臓を提供したあともし再発したら腎臓が一個しか
ないから免疫が効かなくてがんがひどくなるかしれないんだって
そんな負担を母にかけてまで腎臓もらってもいいのかなって
母子家庭で育ってきてずっと親に迷惑かけてきてまだ全然親孝行できてないし
結婚はしたけど結局子供はできなくて孫抱かせることもできなくて
そんな母を置いて飛行機で1時間以上の距離のとこに嫁いじゃって…

なんかどうしていいかわからない

その上母とは血液型が違うんだ

そして小さい頃に別れて顔もなにも覚えてない父親にあたる人とは血液型が
一緒で、今日母がポロッと父親やったらおんなじ血液型なのになぁって
今まであんたにたいしてなにもして来なかったんだから一つぐらいしてもなあって

もうなんかよくわからないけどいろいろ心の中がぐちゃぐちゃで修羅場

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

85

440: おさかなくわえた名無しさん 2017/04/15(土) 23:05:44.90 ID:+RSpiVhp
吐き出させて。
千葉の女の子の事件で思い出したわ。

私、母親がいわゆる毒でいわゆる放置子だった。
小学生の頃、近所の大きい公園に警備員のおじさんがいたんだけど、放置子の私は毎日その公園で遊んでて仲良くしてもらってた。

ある日、親にすごい叱られた時にやっぱりその公園に行った。
そのおじさんに家庭の事情とか、いま自分が置かれてる理不尽な状況(無視されたり、怒鳴られたり、ご飯も貰えなくて時には暴力とか)とかを泣きながら愚痴った。
そしたらそのおじさんはすごい泣きながら慰めてくれて、「かわいそうに、いつでも辛い時はおじさんに言うんだよ」みたいに言ってくれた。
その後もそのおじさんが大好きで、話し相手になってくれたりとか、草や花や虫を教えてくれたりとか、おやつくれたりとか、お父さんみたいな遊び(抱っこしてグルグル~とかそういうの。母子家庭だからお父さんに憧れてた)してくれて嬉しかった。
夏のある時期、そのおじさんが長期休暇を取るだかで、しばらく会えないって言われた。
子供だったから私はさみしくて、泣いて愚図ったら手紙をくれた。
内容は、つらかったらいつでもおじさんを思い出してね、また遊ぼうね。とかそういうの。
嬉しくてその手紙を励みに夏休み期間を過ごしてたんだけど、それが親に見つかった。
で、そこからが今思うと問題だった。
親がお金目的でそのおじさんを訴えたんだよね。私にイタズラした、とか無実な罪を訴えて。
もちろん私はそんなことされてないし、そう言ったけど、大人はやっぱり大人のことを信じるわけ。
私はおじさんに変なことされてない、って訴え続けたけど、その後その公園でそのおじさんに会うことはなかったから今思えばたぶんクビとかになってしまったんだと思う。
当時はそこまで想像しなかったけど、今考えてもそのおじさんは当時の私の支えだったから、思い出して申し訳なくなる。30年くらい前の話だけど。
そのおじさんがなんで私と仲良くしてくれたのか、真意はわからないけど、ただ単に優しいおじさんだったのなら、本当に申し訳ないなぁ。この話はなんだか誰にも言えないや。

この記事の続きを読む >