鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:母

 (7コメント)

ダウンロード (3)

192: おさかなくわえた名無しさん 2018/07/29(日) 13:39:43.39 ID:CLMMGXBD
母親の神経がわからん。

私が幼少の頃の話。ベランダに洗濯物が干されてたが急に雨が降ってきた。母親は近所に出掛けていたので私が取り込もうと思ってベランダに出た。

濡れないように取り込んでから家の中で畳もうと思って部屋の中に入れたところで母親が帰宅。そして大激怒。
曰く、取り込みながら畳まないとシワになる!だそうで 畳んでる途中だったけど触るなって言って部屋から追い出された。
洗濯物が濡れてでも畳みながら取り込まないといけなかったのか。って思ったけど、逆パターンが起きた時にそれもまた怒られたので何が正解なのかさっぱりわかんない。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

56

769: おさかなくわえた名無しさん 2017/04/11(火)01:15:29 ID:WwW
母親から父の誕生日だからメッセージあげてくれってメールがきてモヤる。
実家を出て5年以上になるが、今迄そんなこと言ってきたことなかったし、
母から私の誕生日にプレゼントとかメールはくるけど父からは来たことない。
なんで今更なのと、相手からもらったことないのにでモヤモヤ。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

656

571: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/09(水)04:36:34 ID:0P7
うちの母親の口癖は『本当は結婚なんてしたくなかった』『子供なんて産むんじゃなかった』だった
じゃあどうして結婚したのかって聞いたら『田舎で独身の女性への風当たりが強かった』『昔の女性は一人では生きていけなかっ』って返される

確かに母の結婚生活は子供だった俺から見ても幸せそうじゃなかった
義理の両親の干渉、母との会話さえ面倒臭がる父
なまじ母はそこそこ高学歴だったから自分の人生への後悔も強かったと思う
生活に追われて世間から断絶した母の溢れんばかりの関心と執念は、別に産みたくなかったはずの子供に向かった
最初の被害者は姉だった
友達と登下校、自分で服や髪型を選ぶこと、部活動、メールやLINEを使って友達を連絡、休みの日に何処かに出かける等、色んなことを禁止した
『自立心と主体性と対人能力を養ってほしくなかった』『友達とか先生とか、家の外の人と仲良くしてほしくなかった』『ずっと私だけを見ててほしかった』
母は俺にはっきりとこう言った
当時高校生だったにも関わらず門限5時を強いられて、おそらくストレスで髪を抜く癖がついて禿げてしまった姉は、学校の先生やカウンセラーの介入もあって祖父母の家で暮らすようになった

次の被害者は俺だった
机を文字通り引っ繰り返されて部屋の点検、宿題を破られる、テストの前日に遊園地に誘われて、俺が断ったら発狂する、シャンプーや石鹸を使うのを禁止
俺は姉に比べりゃ幾段か鈍感に出来てた
相手にするのも面倒だったし、どうせあと一年弱もすれば家出られるから耐えたよ

ペットの文鳥踏み殺されるまではな?

リビングに転がって鼻血流しながら『許して。許して。』って懇願する母を見ても、特に後悔とかはなかった
それから母は大人しくなった

工業系の高校だったからこのご時勢なのに就職は苦労しなかった。祖父母の援助を頂いて家を出てから、もう実家には帰ってない
祖父母を経由した情報によると母の執着は父に向かってるようで、何故だか俺と姉にSOSを求めてるっぽい
なんかもう俺含めたみんなの神経がわからん

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

414

187: おさかなくわえた名無しさん 2015/06/26(金)08:55:45 ID:UA4
小1~中3まで9年間書かさず付けてた日記を母にすべて読まれていたこと
日記つけるの好きだったけど中3の冬に知ってから全く書かなくなった

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

new_16c04f79-s

375: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/11(金)00:26:11 ID:vEx
成人した時に、家にある子供の頃の服やら捨てようとしたら母に泣いて止められた。
虫食いだらけの色褪せた古臭い服なんて人に上げれるわけないし、思い出なら数枚だけとっておけばいいって言ったんだけど、
絶対ダメ、捨てたら許さないと睨んで泣かれた。
でも引越の予定あるし、いくらなんでも衣類ボックス(大)3つ分は多すぎるし、
ちゃんと手入れすると約束してきても翌日には「なんのこと?」となるのがいつものことだしで
無視してゴミ袋に詰めてたら、
「昔の(私)ちゃんはこんなことしなかった」「優しい頃の(私)ちゃんは何処に行ったの」
「これは良い子だった(私)ちゃんの遺品だ」

遺品って言い方がなんかもうダメだった。
しばらくして落ち着いた母に、「興奮して言いすぎた」と謝られたけど
あれ以来母を母と思えない。母と同じ顔をした別人が母の真似事をしているようで気持ち悪い

この記事の続きを読む >