鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:母

 (0コメント)

no title
83: 名無しさん@HOME 02/09/18 20:41
母の兄弟は9人だと思っていたら、10人だった。 
長兄が沖縄で戦死し、次兄が結核で死んで、生きているのは7人と聞いていたが、 
戦死したのは次兄で、結核は3男だったと。 
で、長兄は親兄弟にさんざん迷惑をかけたらしく、弟妹から満場一致で 
絶縁されてるそうな。 
母と同い年で「叔父さんのような関係」の人は長兄の息子(私の従兄)で 
年上の「従兄のような」人は従兄の子供。 
よく関係のわからない「のような人」が多いと思っていたが、そういうことだったとは。 

「9人も10人も変わらないでしょ。死んだって聞かないから多分生きてるんだろうし。」 
って、おかぁちゃん・・・。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

636

923: 名無しさん@HOME 2012/03/13(火) 11:45:33.44 0
自分が実家から離れて東京の大学に行ってた頃の話。
夜の11時に母から電話があって、「妹が壊れたよww」とハイテンションな
電話がかかってきた。数時間前、その当時家で母と妹に介護されていた祖母が風呂に入って
いて、浴槽の中で立ち上がれなくなってしまったらしく、母と妹で抱えだそう
としたができず、父に加勢を求めたが「自分の母親の裸を見たくない」と拒否。
バスローブを着せても拒否され、とうとう近所の親戚の方を呼んでなんとか抱えだした。
父は親戚にヘラヘラ礼を言って早々に奥に引っ込んだ。と見せかけて出かけてた(飲みに行った。)
あきれ返って母が脱力していると妹が米袋をもって目の前を通っていった。
すぐゴンゴン音が聞こえていってみると、父の部屋でテーブルに米袋を置いて
上からハンマーでたたいていた。瀬戸物のコレクションが入っている飾り棚は戸が全開。
おばあちゃん寝てるから静かにね。と声をかけ、そして私に電話が来た。
深夜ほろ酔いで帰ってきた父は、部屋から戻ると階段に座ってうなだれていたそうです。
母曰くこのことがあって、ようやく祖母を施設に入れる決心がついた。らしい
祖母の3回忌なのでカキコ


この記事の続きを読む >

 (7コメント)

525

297: 名無しさん@おーぷん 2015/10/27(火)09:01:01 ID:5AK
うちにはウサギがいる。

毛がフカフカの冬の時に、ゲージの抜け毛が凄くて毎日母と交代で掃除していたんだけど、ある日食べ散らかした牧草と毛が絡み合って散らばってて母が横着したのか、掃除機のノズルをそーっとウサギ入りのゲージの中に入れた。
すると、ウサギの横腹の毛をズズズズと吸ってしまってほんの少しだけどウサギが浮いた。

慌てて止めてウサギにごめんねごめんね!大丈夫?ってウサギをナデナデして怪我がないか確認して掃除を続けてたんだけど、しばらくウサギは母のことをじっとりと睨み付けていた。

ウサギが吸われた時凄く怖かった。
横着はしちゃダメです本当に。
ウサギに怪我はなく、今も超元気です。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

mother-43
214: 名無しさん@HOME 2012/03/06(火) 20:48:34.85 0
まー、年越しに帰省して、一緒に台所に立ってた母ちゃんが指切って絆創膏貼って、 
ちょっと疲れたって母ちゃん動かなくなって、慌てて救急車呼んだら死後数時間とか言われて、 
親父姉貴俺3人で( ゚д゚)ポカーンで、気づいたらもう3年経ってたりする。 
何書いてんだか自分でもワカンネ

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

155

306: 名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)18:27:46 ID:GRmyNIVhW
私の母は嫁いびりされてた。当時小学一年だった私でもわかるほどに。
食事捨てるのは当たり前、1日5回家中を掃除させる、祖母と父が寝るまで母は寝ることも許されない。
私は子供ながら、母を助けようと必死だった。掃除を手伝い、料理を捨てるのを阻止しようと訴えたりした。でも私が母を助けると、祖母は「子供を味方につけるつもり?」と余計にいびりがきつくなったので、もうどうしたらよいかわからなくなった。
ある日、母は発作を起こし倒れた。私は泣きながら119番したが、父に妨害された。でんわがあさっての方向にぶっとんでた。
父の「家事をサボるための演技だ!」というセリフは一生忘れない。しかしどう見ても演技ではない。電話を壊されたので、泣きながら近所に凸し、助けをもとめました。
母は死にました。すぐに救急車を呼んでれば助かったのに!父は母の異変に気がつかなかったと言い通してた。
近所の人だって壊れた電話やら泣き叫ぶ子供がいるのに不自然に思わず(たぶん父や祖母が誤魔化した)父の言葉を信じてこれ以上突っ込んでこなかった。
私はもう父と祖母が鬼にしか見えなかった。以前から母をいびり倒している姿を見てきているので、人間とすら思えなくなっていた。
もう小一にして相当歪んでたと思う。何年もかけて復讐してやった。

この記事の続きを読む >