鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:既読

 (16コメント)

59cda14632540a397b48bd57da603fdb2820096d1488451579-s

37: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/28(木) 19:06:03.06 ID:IuJ/s15I0
彼女を怒らせてしまいました
彼女から「次のデートの時多分生理になっちゃう」とラインが来て、
冗談のつもりで、「じゃあ延期だね~笑」って送ってしまい、三日間既読がつきません…
やってしまったと思い、本当にごめん、冗談のつもりだった、会いたいと謝りのラインも入れましたがもちろん未読のままです

本当に最低な発言だったと反省しています
深く考えず返信してしまって後悔しています
返信を待つしかないですよね…
彼女の家に行って謝るのはやめたほうがいいでしょうか…

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

188

66: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/18(火) 21:21:06.01 ID:6EjwVnLE
私は花粉症で4~5月は常に鼻が腫れる。ちょっとでも触るとものすごく痛い。
薬も飲んでるんだが、鼻の痛みだけはどうしようもない。
その話を当時の彼氏にしたら、いきなり私の鼻を鷲掴みにしてきて、ニヤニヤしてた。
元々かなり力が強めなので普通の状態でも痛かったんだけど、花粉症のせいもあって本当に鼻がもげて死ぬんじゃないかと思うほど痛かった。
その様子を見て更にニヤニヤ。
本当に痛いからやめてと言っているのに、また隙を見てさらにやろうとしてくる。
「やめろっつってんだろ!!!」と3回めぐらいでガチギレしたら
「ふざけてるだけじゃん」と開き直られたので一人で家に帰った。
そのあと別れようLINEをしたら既読無視。1週間経っても無視。
何か返事しろと言っても無視。
最終的に「あとから文句絶対に言わないでください」と送りつけて別れた。
最後までクソガキみたいな男だった。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

488

367: 名無しさん@おーぷん 2017/03/17(金)02:39:01 ID:qso
愚痴です。流れ切ってたらごめんなさい。

21歳大学3年生で実家住み。
3日外泊したら母親が怒って私を避けるようになった。害があるわけじゃないけどわざとらしくてイラつく。
3泊の経緯は、もともと友人宅に1泊で予定してたものが当日にその場の雰囲気で伸び、さらに次の日もオケオールになったからです。
1泊した翌日のお昼頃に「今日も泊まるね」とラインしたら「帰ってきて」と返信があったので「どうして?」と送ったら既読無視されました。2日目は夕方にラインしましたが未読無視です。

連日家にいないのが嫌なのかな?と思いましたが以前に3泊4日の旅行に行った時は普通でした。母が何を言いたいのかわからないしもやもやします。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

362

387: 名無しさん@おーぷん 2015/03/12(木)01:19:26 ID:KNS
大学の友人が、いつも金がない金がないって言ってて
でもそいつ自身バイト掛け持ちしたりして結構稼いでるイメージあったから
給料日の直後とかにパーッと使いすぎてんのかなぁ、計画性のない奴だなと思ってたんだ。

去年の暮れあたりに、三日くらいパッタリと大学に来なくなって、
心配でLINEしたり電話入れてみるも、既読もつかないし電話にも出ない
やばいんじゃねぇかって事で、友人数人とそいつのアパートに押しかけたら、高熱出してて、おまけにベッドにゲロ吐いてて死にかけてた
死にかけてたって言うと大袈裟に聞こえるけど、熱があって具合悪くて、ベッドから動けなかったんだそうで
枕元に運よく置いてたペットボトルの水で過ごしてたらしい スマホは手の届かない位置にあって取れなかったとか。
もし俺らが放置してたらマジで死んでたと思う
症状が軽いうちに何で病院行かなかったのか聞いたら、
「病院行く金がない 薬局で薬買う金もない」って泣きだした

そいつの家は両親揃ってて、貧乏家庭ってわけでもないしどちらかというと裕福らしい
でも親の方針で、自立心を育てるとかで親の口座に毎月バイト代の3割を振り込みしてるんだそうだ(そしてそのまま親の生活費の足しになるらしい)
アパートの家賃も光熱費も携帯代もそいつ持ち、仕送りなし、授業料も自分で貯金して払えと。
両親が裕福なので奨学金も借りれない、まだギリギリ未成年なので親の承諾がないとクレカも作れない、
大学に入ってできたばかりの友人に金を借りたら失礼なやつだと思われるかもしれない、で八方塞がりだったと。

すぐにみんなで金出して病院つれてったけど、こういうのも毒親っていうやつなのか?
いくら自立心のためといっても、これはいくらなんでもやりすぎだというか、酷すぎると思う
この一件からそいつにはたまに飯奢ったりしてるが、いつもスマンスマンと頭を下げている
それは全然いいし、俺は仕送り多くて金にだけは困ってないからいつでも相談乗るよって言ったらまた泣かれた
こんな家庭方針があるんだなって事と、風邪で死にかけた友人を目の当たりにしたのは衝撃的な体験だった

この記事の続きを読む >