鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:旅行

 (3コメント)

3

237: おさかなくわえた名無しさん 2016/11/01(火)20:05:50 ID:4Xv
「同僚招いて飲み会自宅でやりたいから、嫁と子供は俺の実家に行って泊まってきなよ」
何でだ
切迫早産自宅安静の嫁と幼児によくそんな言葉吐いたな
旅行も飲み会も登山も反対せずに送り出した、激務だからと家事も頼まなかった
あまりに夫が家にいないから、子供はお父さんは家にいないものだと思うようになった
そんな妻子に何言った?
「…その同僚達に具合の悪い妊婦とうるさい子供は俺の母親に任せたから楽しく飲もうぜ!って言ってみて?」
と返したら拗ねた
意味がわからない

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

99

581: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/07(木) 21:42:11.81 ID:l0A6Qt1e
彼氏が何十回もハワイに行っている大のハワイ好きだった
会話にもしょっちゅうハワイのことを挟んでくるし、家に行ってもハワイのDVDを無理矢理見させられてた
ショッピングしてても、あれハワイに売ってたよーだの、その時点でうざくて冷めてたんだけど、そんなに言うならハワイ行こうよということになって一緒に1週間ハワイ旅行行った
私の中で、海行って山登って自然をのんびり楽しむんだろうなと期待してたし、彼氏も良いところ紹介してくれるんだろうなと思ってた
が、彼氏は1週間ワイキキ(ハワイ州都の中心街でビルが立ち並ぶ所)から離れず、ひたすらショッピングしてた
ハワイ来たんだからハワイらしいことしようよと提案しても拒否してひたすらショッピングセンター巡り
よくよく聞いたら何十回もハワイ行って海でおよいだことないし自然のあるところに行ったことも一度もないひたすらショッピングしてたそう
じゃあせっかくだしこの際にワイキキから離れようと提案しても、知らないとこは怖いからやだの一点張りで話にならなくて結局別行動した
そんなんで今までハワイのこと散々語ってきたんかと思ったら死ぬほど腹立った
京都に何十回行って寺も行かず京都駅前しか行ったことないのに京都語ってるのと一緒だぞと言って別れた

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

55

952: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/11(月)15:02:35 ID:yCh
軽い愚痴含んだ相談
今現在付き合ってる彼女がいるんだが、金曜日から某ゲームのイベントで単身東京に旅行中
軽く方向音痴とか入ってるから大丈夫かなーと思ってたら、昨日話の中で「電車間違えたかと思って適当に乗り替えたら合ってた」という旨の話を聞く
それを聞いた俺は「今回は運が良かったかもしれないけど迷ったりしないように気をつけてよ」と軽く注意を促す
そしたら彼女の返事が「迷ってないから大丈夫」…こいつは俺の言ってることを理解してるのか? 東京なんて都会に行って(自分らの県は東京なんて程遠い田舎、西の方とだけ言っておく)何かあったらどうするつもりなんだ?と、ちょっと辛くなった
自分の器が小さいだけなんだろうか…

この記事の続きを読む >

 (14コメント)

188

99: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/03(日) 16:18:51.72 ID:ZMDiZ6ju0
付き合って3ヶ月の彼女のことで、意見を聞かせてください。

彼女の職場の上司が旅行好きで、月一くらいで職場旅行を企画していて、彼女も週末それに行ってます。

ただその旅行が、その上司の元職場の方など現職以外の様々な人が参加しているもので個人的に泊まりでそういうところに行ってほしくないと思っています(一度彼女には言いました)

ただ彼女としては「お世話になった上司だから」、「家族ずれも参加する健全なやつだから」と言って行っています(帰ってきてから旅行写真を見せられると確かにお子さんもいる家族ずれが多く、のほほんとしてます)
ただ同世代の知らない人もいるにはいるので、事実上泊まりで出会いの場になっていると考えてしまいます。
彼女にこれに行ってほしくないと言うのは、さすがに言い過ぎなのでしょうか...考えを聞かせてください。

この記事の続きを読む >

 (16コメント)

561

270: おさかなくわえた名無しさん 2014/07/22(火)02:13:42 ID:7Z14Fbb12
学生時代から社会人になるまで付き合ってた彼氏の冷め話

私は方言の汚い地域の出身
全国ネットでよく笑われてる某県民

なので東京の大学に進学が決まってから
東京に住んでた友人から徹底的に標準語レッスンを受けた
幸い18歳という若い脳だったので吸収も早く
東京に出た頃には、訛りのない標準語を話せるようになった

同じサークルの先輩を好きになり、付き合うことになった
彼の好きだった点は、とてもエレガントで柔らかい標準語を話すところ
訛りがなのはもちろん、育ちの良さも窺えた

訛りを直したとはいえ、地元の言葉はコンプレックスで
レッスンまで受けて標準語を習得したので
私は人一倍言葉に対して執着があったのかもしれない

おたがい卒業して社会人になり、彼は仕事が忙しかった
週末は完全に私の部屋で過ごし、平日は彼は自分の部屋には寝に帰るだけ
だったら家賃ももったいないよねという流れになり
私の住んでいた部屋は狭かったので、同棲する流れになった

それまで一週間くらいの旅行に行ったこともあったのに
彼の変化は見受けられず
一緒に暮らし始めて、「あれ?」と思うことが増えた

この記事の続きを読む >