鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:新郎

 (6コメント)

051

844: おさかなくわえた名無しさん 2010/06/02(水) 15:45:09 ID:XR4ZSfGT
じいちゃんが他界したので親戚一同が大集合した。
見たことも無い親戚が大半だった事もあり、軽く挨拶する程度でその場は終わった。

で、数ヵ月後に知らない人から結婚式に出席して欲しいとハガキが来た。
とりあえず無視しても良かったけど、母が一応連絡してみたら葬式で軽く挨拶した親戚のおばちゃんだった。
田舎に住んでいるために、結婚式に呼べる人が少なくて困っている。
特に若い人が少ないので何とか協力してもらえないでしょうか?との事。

まぁそんなに遠くないし行って来たら?と母親にも言われ参加することに。

当日、受付を済ませて新郎新婦に挨拶も終わり親戚の控え室のベランダで休んでいたら
新郎新婦と新郎両親が入ってきた。
新郎「っていうかさ、さっきのアイツ誰?俺知らないんだけど」
新郎母「○×さんよ、親戚も遠くて高齢な人が多くてなかなか来てもらえないから、来て貰ったの」
新郎「知らん奴に来てもらってもなwマジで何しにきたんだよってw」
新郎母「あんた、来てもらっておいて何言ってるの」
新郎「いや、別に俺は頼んでないじゃん」

「そうなんだ、頼まれて無いなら帰るわ、祝儀と交通費は返せよ」と、俺ベランダから登場。
固まる親戚一同、ニコニコ笑いながら「あんたの旦那こんな奴だけど、まぁ頑張ってね」と新婦に挨拶して
部屋から出る俺。受付でご祝儀返してもらってる最中も「穏便に」と言われたけど
「あそこまでバカにされて、式の間耐えろっての?悪いけどあんな最低な新郎など祝う気にはならん」
と言って帰ってきた、ヤジ馬も結構居たし最悪な結婚式になっただろうな。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (4)
209: 愛と死の名無しさん 2013/04/23(火) 10:32:25
バレンタイン終わった頃の結婚式に参加したら
新婦側のテーブル一つまるまる欠席だった
(自分は新郎側) 

新婦側から
2日前に突然全員ドタキャンしてきただの
礼儀知らずだの聞こえてきたけど
新郎側はそんな事される新婦やばくね?で盛り上がった

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

bf797a82-s
837: 愛と死の名無しさん 2010/03/22(月) 00:24:22
新郎が少し不幸になるだけのはずだった結婚式 

ウチの姉の結婚式での話。 
結婚式の招待客を決める席で、母と姉と新郎母が新郎にないしょで 
新郎がずっと好きだった人Aさんを呼ぼうということになった。 
その人は新郎母のいとこの子(?)なのか、新郎が子供の頃からずっとあこがれていた人だったらしい。 
本人は隠してるつもりだったらしいけど、新郎家族はみんな知っていた。 
家族間で色々いってからかっていたりしたらしい。 
年も5つ向こうで、何年か前に結婚もしている。 
しばらくおつきあいも無かったので、ちょっとしたサプライズというらしかった。 

結婚式のスピーチでサプライズとしてAさんがスピーチをした。 
新郎はあたふたして顔を赤くするだけだったのが印象的だった。 
2次会でお互いメアド交換とかしたらしい。 
このサプライズはAさんの話が出たときに新郎母が話し、姉がもちかけたみたい。 
その後に実家の帰って結婚式の話になると、楽しそうにそのことを話してた。 
笑い話ですめば良かった。 
それで終われば新郎が少しだけ不幸だった結婚式になるはずだった。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

喧嘩1-1024x658
514: ◆DmeI7SppEE 2012/04/04(水) 00:11:40.46 0
あやうく結婚しそうになった元彼(現バカ)のロミオ。 

前提 
ちょっと頭に血が上りやすくてマザコンかなーと思いつつ結婚式までこぎ着けてしまったバカと私。 
披露宴も半ばというあたりで異臭を感じ、ふと隣を見たらバカが失禁していた事が判明。 
言葉もなく呆然とバカを凝視している私に、顔を真っ赤にしたバカが会場に轟く金切り声 
「なんで披露宴の前にトイレいけって言ってくんないんだよ!ママはいつも言ってくれるのに!」 

(゜Д゜) 

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

201209031748422a0
689: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:28:02 ID:vDK
フェイクあり
この前出た結婚式が本当に酷かった
金持ちイケメン優しい新郎と底辺地味メンヘラ新婦の組み合わせで、明らかに釣り合っていないというか雰囲気がおかしい
もう露骨に新婦が誰からも望まれてない感じ。話しかけられはするんだけど、腫れ物に触る様な妙な空気
当の新婦も目が全然笑ってない

この記事の続きを読む >