鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:救急車

 (1コメント)

gatag-00010575

145: おさかなくわえた名無しさん 2017/07/20(木)13:01:23 ID:wUR
夕方にジョギングしてて、ふと立ち止まったときに路地裏でぐったりしてる子供を見つけた
話しかけても反応がないので救急車を呼んで、ついでに警察にも通報した
あとから親から警察経由でお礼の連絡があり、お礼は辞退したけどその後いかがですかと聞いたら
すっかり元気になってるみたいでほっとした
かくれんぼ中に熱中症になって動けなくなり、友達も見つけられずに親や関係者で探してたらしい
電話越しに「お兄ちゃんありがとう」って言われた

子供を発見した翌日に、地域の防災メール(自治体が公式にやってるやつじゃなくて非公式のやつね)が来てたんだけど
その子を発見したエリア・時間帯を指定して「若い男性が子供に話しかけている事案発生」って書かれたw
誰かがその現場を見かけたのかもしれんけど、それなら話しかけるとか通報するとかすればいいのに・・・ってスレタイ

あと子供にもメールにも言いたいことがあるが、私は女だ!

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

6666

406: おさかなくわえた名無しさん 2015/11/18(水)03:41:58 ID:qGh
皆さんに比べたら修羅場っていう修羅場じゃないんですけど。

息子が二歳になる前くらいに熱性けいれん引き起こしたこと。

熱でぐったりしてるのに気が付かなくて、体温高いなー眠いのかなー?って思ってた新米アホ母だった私。
お風呂に入れようとして全部脱がせたところで息子の首がガクン!と勢いよくのけぞったんだ。
そばにあった洗濯機にガーンって当たってからの首ガックンだったからパニックになって
「息子の首が折れたあああ!!!」って一人で修羅場。
そのあと救急車呼んだんだけど、「119って何番だっけ!?」とガチで叫んでたorz

そんな息子がアラサーの仲間入りをした今ではネタ話になってるけど当時はほんと怖かった。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

075

473: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/22(金) 11:45:25.66 ID:F19dQ2tE
10年以上前の話

当時小3だった俺のクラスではドラマとか映画とかで人が死ぬ寸前に「幸せになれ・・・よ・・・(ガクッ」とか「あとは任せ・・・た・・・(ガクッ」みたいな
死ぬ寸前のシーンを真似るのが何故か滅茶苦茶流行った
ほぼ皆「あとは任せた(ガクッと同時に白目」ってセリフを使ってて例えば
ドッジボールで当てられた内野の人が外野に移動する時に仲間の内野にそういう感じで使ったり
体育の選手交代時に交代で下がる生徒がコートに入る生徒に使ったりとかそんな感じ
周りにいる人大勢で爆笑するもんだから兎に角みんな面白がって使いまくってた

ある時仲が良かったAとBと3人でいつも通り下校してたらわき見運転の自動車が歩道に突っ込んできて
俺とAは捻挫やかすり傷、たんこぶ等で軽傷だったんだけどもろに衝突したらしいBがありえない方向に腰から下が曲がってて
口から血吐きながら「あとは・・・任せ・・・た・・・」とか言って目を閉じた
俺とAはビックリというか衝撃が凄すぎて何が起こってるのか理解出来ないまま近くにいた人が呼んでくれたらしい救急車が来て
俺とAはBとは別の救急車に乗せられたんだけど救急車の中でずーっとさっきのBのシーンが頭から離れなかった
Bは暫く昏睡状態で2日後くらいにBのお母さんからうちに亡くなった連絡が来た時はもう俺の精神状態はやばかった
何をしててもBの最後が頭よぎるし夢でも見るし暫くショックで学校休んで病院行ってた

なんか文にすると軽いな
でも今もTVなんかでそういうシーンを見るとBの最後が頭をよぎって泣きそうになってしまう修羅場中

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

662

965: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/24(金) 12:01:45.04 0
約20年前、少しずつ呼吸が苦しくなったことがある。幼稚園年長の時。

親に「息が苦しくなった」と訴えるけど元気だから全然聞いてもらえず。
次の日に病院に連れて行って欲しいと訴えるも聞いてもらえず。
泣いたら死ぬと自分で思ったので(泣きそうになると苦しくなる)泣かずに訴えたけど聞いてもらえず本当に自分の最大の修羅場だった。
やっと連れて行ってもらって小児科で診察した先生の顔色が変わって救急車を呼ばれて、その時に本当に助かったと思い子ども心に
本当に安心した覚えがある。

詳しくわからないけど救急車の中で意識を失い、2週間位して総合病院のベッドの上で目覚めて親に滅茶苦茶謝られたような怒られたような。
あまり覚えてないけど救急車の中で呼吸困難になり呼吸が止まり、着いたとたんに無麻酔で気管切開して挿管とかして大変だったらしい。
(死んでるから麻酔は要らないらしい。しかも当時は救急隊員は何もしてはいけない仕事だった。)


咽頭ジフテリアというやつにかかっていたらしく喉に薄い膜が張って、生きながら窒息死する病気らしく、小児科や自宅に保健所が来て消毒
とかして大変だったんだって。近所にも結構病原菌扱いされて大変だったから引っ越した。
でも三種混合ワクチンをきちんと打っていたのにかかったのが本当に不思議。
ワクチンって絶対じゃないんだね。打ったからといって軽く済んだ訳でもないし…ワクチンの過信は禁物だと思う。皆さんも気を付けてください。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

20

521: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/01(火) 14:00:53.66 ID:1hdSPLGo
10年くらい前、ノンアルコールビールが出始めの頃。

結婚した友人夫婦が帰郷して
友人夫婦+高校の友人たち(俺含む)で
披露宴代わりの焼肉パーティーをした。
(披露宴は東京で親戚のみで実施)

当日、俺は薬飲んでるからアルコール呑めない
ソフトドリンクで、と思っていたが
飲み物メニューに、ノンアルコールビールが有ったので
それを呑んだ。

最初の1杯目は何でもなかったが、2杯目の途中で
目が回り、ろれつが回らなくなり、ゲーゲー掃き出し
完全な急性アルコール中毒 (救急車騒ぎ)

ノンアルコールビールなのに急性アル中
店が間違えたか、衛生状態が良くなかったか?
それとも友人達の誰かがアルコールを混ぜたか?
って事で、警察・保健所を巻き込んでの騒ぎとなった。

結果、当時のノンアルコールビールには
ちょっとだけアルコールが含まれているのが分かり、それが原因だったけどね。

店・友人たち・俺
全員が修羅場と言うか大変な目にあった。

この記事の続きを読む >