鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:披露

 (3コメント)

214

743: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/18(土) 00:51:47 ID:bdozjGM7
彼女が俺の手料理が食べたいと言うので
ハンバーグとスープとポテトサラダ作ったら
なんでこんなすごいの作るの?とキレ始めた
以前自分が俺に作ってくれたものよりレベル高いのがでてきたのが、気に入らなかったらしい
注:料理自体はごく普通の家庭料理の域、決して特別なスパイスとか使ってるわけではない
せっかく作ったのに、なぜキレられる?とちょっとさめつつ
俺の実家は『一人になっても生きていけるように』との教育方針のもと
男女の別無く家事全般を叩き込まれた。お手伝いと言う名の元に。
てのを彼女に言ったら
『君のお母さん専業主婦だったのに、そんなの子供にさせるなんておかしい!
女の子ならまだわかるけど男の子にさせるなんて!』
と親を叩き始めた。
完璧さめた。

満足に料理もできないお前が言うな。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (3)

433: 1/2 2011/11/10(木) 18:56:50.49 ID:F9QF4Lj6
同じ会社の年上の男と付き合ってた。彼は物知りで話題豊富で、いろいろ教えてくれる頼れるかんじの人だった。
でも付き合いが長くなってくると、聞いてもいないのに脈絡無くうんちくを披露してくるようになった。
ちょっと鬱陶しいと思わないでもなかったけど、話自体は結構面白かったのであまり気にしないでいた。
彼の話題に「○○なんて大嘘」「□□と△△はグル」みたいなワードが多いのも気にしないでいた。

でも途中で2ちゃんから情報を得る事を覚えたらしい彼は完全に悪い方向にパワーアップ。
私「この女優さん好きなんだ」→彼「つかそいつ整形だしw」
私「最近このCD買ったよ」→彼「その歌手裏でヤ○ザと繋がってるからw」
そういうのは2ちゃんでだけ言ってろよというような事を平気で外で口に出すようになった。
彼からのメールで「速報!○○(芸能人)が死んだよw」→私「え…今ラジオでしゃべってるよ…」
→彼「あ、じゃデマだわゴメン」みたいなしょうもないやり取りも何度もした。
(彼は根は真面目なだけにしょっちゅう釣られてた)
震災後は地震の陰謀とか放射能関連の、嘘だか本当だかわからない話を散々聞かされて、
この人もしかして物知りっていうより単なる知識コンプレックスなんじゃないか?と思うようになり、
相手するのが苦痛になってきた頃、別れたいと思うきっかけがあった。

この記事の続きを読む >

 (18コメント)

49

856: おさかなくわえた名無しさん 2010/04/20(火) 03:11:27 ID:XMCTYySQ
大学の時、付き合っていた先輩。
お母さんが料理上手だと聞いたので私も食べたいなーと何気なく言ったら、
○○ちゃんは箸の持ち方がちょっとね、、、だから持ち方直したらいいよ。と言われ拒否された。どん引した。
実は私は事故で利き手の神経を切ってしまい箸やぺんを上手く持てない。字も汚い。
だから私は初対面の人と食事する時は引かれないように一応話しているので知っているはずなのに。
直すも何も神経切れてるってのに。義体にでもなれってか。

よくよく考えると先輩風拭かせて浅知恵披露して悦に入ってるような人で冷めつつあったので留学を機にさよならしました。
ただ共通の知り合いが多いので知りたくない相手の近況が耳に入って疎ましいです。



この記事の続きを読む >

 (7コメント)

299

429: ◆mSS36qGICI 2010/11/11(木) 10:46:30 0
エネ夫というかエネ夫未満の話で良ければ聞いてください。

エネ夫とは20代前半で結婚しました。
うちの実家は共働きで大みそかのお蕎麦は出前、お節やご馳走は仕出しでした。
お雑煮くらいは作ってた。
祖父母のところも商売やってたりで年末は忙しいので、お節は家では作らないのが普通の家だった。
でもたいていの家は自家製だということは知ってたし、結婚したら夫の方に合わせようと思ってたので、お節の作り方は料理教室でチョコチョコ習ってた。
同僚も料理好きが多かったので、時間さえ合えば数人で単発の料理教室に行ったり、週一で通ったりしてた。
初めてのお正月は義実家から嫁がお節を作って持ってこいと言われていたので、年末一生懸命作った。

お節を義実家で披露すると
「はあ~・・・嫁子さん。出来ないならできないって正直に言ってちょうだい。こんな店のお節でごまかすなんて」
「嘘つきは泥棒の始まりよ」
と言われてぽか~んとなった。
いえいえ、これは私の手作りです。
エネ夫さんも目の前で見てましたしと言うと、エネ夫は
「そうだっけ?」
あれだけ時間かけて作ってる横でつまみ食いしまくったくせに。

この記事の続きを読む >