鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:手術

 (0コメント)

images (24)

313: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/10(金) 08:04:35 ID:MjnHhv1R
父親が癌になり手術する事になった。
早期発見だったこともあり幸い余命○ヶ月なんてことは無かったが、
転移もしていたし、手術中はガクガクブルブルしてた。
手術中は家族は特にする事が無いので病院外から彼女とメールしたんだが
その返事が

お父さん大変だね。でも手術は絶対成功するよ!
○○も気をしっかり持ってガンバ!
そういえばさっき久しぶりに同級生に会ったら結婚するんだって~☆
なんだか昔からの知り合いだから嬉しいなぁー(はあと

的な内容で、もうなんか駄目だった。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

26

135: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/24(火)21:42:52 ID:CJb
母のことで相談です。
昨年末、祖父が入院→手術→残念ながら亡くなったのですが、祖父が入院したと聞いて、早く病院に行こうと母に言うと「んー…まあゆっくりでいいんじゃない?」との返事。
祖父と同居している伯父夫婦と従姉から何度も電話があり、母に行こうと言うのに「なんか頭痛いから今日は無理」となにかと理由をつけて行きたがらないので私と父だけで見舞いに行きました。
祖母は「お父さんが弱ってる姿見たくないのかしら…現実を受け止められないのかもしれないわね」と言ってましたが
伯父は「でも、娘なら会いにくるべきだろ!入院時のサポートもするつもりないのか!」と怒っていました。
手術の日も、付き添いが必要なのに母は結局行かず(私は大学、父は仕事)しかも行かなかったことを従姉に言われて知りました。
母に何故行かなかった聞くと「え、今日だっけ?」の返事。母の携帯には伯父からの着信が鬼のようにあり、でも母の友達とのラインは開いてるので気づかなかったのは多分嘘。
そして祖父がもうダメかもしれないと言う時にようやく病院に行き「お父さんやだああ」と誰よりも号泣
お葬式は祖父の亡くなった事実が認められないと言って途中で倒れ(倒れたふり?)式中に外に出て親戚の方に慰められていました。

その後、祖父が亡くなったことで、祖母が軽く認知症になり始め、元々足が悪かったのもあり介護が始まりました。
早い段階で伯父からヘルプ要請が母のところに来て、父と私で母に介護を手伝うように説得し、母は「そうだね!行かなきゃ!」と言って介護を手伝いに行き、その日は「今日は本当にクタクタだから先に寝るね」と言って寝てしまいました。
ですが、従姉から電話があり、母は来ただけでずっとテレビを見て笑っており、伯母がトイレ介助を手伝って欲しいと言うのに「やり方わかんない。怖い」と言って断っていたようでしたorz
母は伯父に叱られたようでそれから「もう行かない」と言って塞ぎ込んでしまいました。
私と父が何度か会いに行っては、手伝えることを手伝っていますが、母は一向に手伝いません。
伯父も父も「あいつ(母)は介護を手伝いにきても、邪魔になるだけだから来なくて良いが、どうにかならないのか」と言っており
従姉からは「お母さんは介護の為に仕事を辞めた、なんで実の親じゃないのにお母さんが動き回らないといけないの?!」と言われます。
今日も母はテレビを見ながらギャハハと笑っていて、私が祖母の話をすると、そそくさと自室へとこもってしまいます。
母になんとか祖母と向き合って介護に参加させる方法はないのでしょうか?
伯母も伯父も半年前とは別人のように痩せてしまい、心配です…

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

6552

82: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/29(月) 06:58:49.30 ID:k3DWee+/0
手術受けたから辛い物大好きなのに刺激物取るの禁止なんだけど自分が食べたいからって自分の分だけ麻婆豆腐作ってって言われた事
後で冗談だとか言われたけどモヤモヤする

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

SN3D0246 (1)
500: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/12/18(水) 23:08:54.14 ID:X7RX0q1e
帝王切開で出産したんだけど、その傷跡を見た夫が「その傷どうしたの?」と言う。 
疲れてるのか?と心配になりつつ「帝王切開の傷じゃないのw」と答えたら 
「帝王切開ってお腹切るの!? 大手術じゃん!」 
と本気で仰天していた。 
いい年した大人で帝王切開を知らない人がいることに衝撃を受けた。 

そのあと、どこを切開するものだと思っていたのか尋ねたところ 
「股の方をちょっと開いて引っ張り出すのかなって」 
そっちの方が怖いわ……。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード (9)

319: おさかなくわえた名無しさん 04/09/18 00:14:39 ID:qot9Q19/
数年前、親が癌の手術をする日、仕事を休んで実家に帰る予定をしてたら
遠恋中の彼氏が「俺もその日そっち行こうと思ってたのに」とむっとしてた。
その日が近づくにつれ「やっぱり行くの?」といつまでもしつこかったけど
場合が場合だし帰ることにしてたら、私が乗り込んだ長距離バスのターミナルに現れて
見送りに着てくれたんだなと思っていたら、「やっぱり帰ってきたから行くな」と言う。
それでもごめん言ってバスに乗り込んだらバスの中まで追ってきて「俺と親とどっちが大切なんだ」と切れられた。
しぶしぶ降りて行ったけど、それですっかり醒めました。何より私の親の心配を全くしてくれなかったのもあって。

それから数年経って、私の友達の友達が偶然その彼氏と付き合ってて、彼の昔の話を聞かせてと
突然電話がきた(その人と私はあったこともなかったし、その彼と付き合ってたのも初耳)
彼女は結婚したいのに彼が渋ってて、過去どういう人だったのか知りたいからって、なんだか変な話だけど。
よくわかんない展開だったけど、その話はもちろん何も話さなかった。話したほうが彼女のためだったのかな。
でも関わりたくなくて。会って詳しく色々聞きたい言われたけど断った。世の中には変な人いますね。

この記事の続きを読む >