鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:手紙

 (0コメント)

056

164: おさかなくわえた名無しさん 2015/11/29(日)13:29:40 ID:k8B
メールじゃなくて手紙だけど
実家に元夫から私宛の手紙が届いたというので取りに行った
離婚後、引っ越したしアドレスも変えたので実家しかなかったんだと思う

○○様
あなたと別れて6年が経ちました
とても、長くて辛い6年でした
○○が俺のことを思って涙をこらえて身を引いてくれたことは忘れていません
俺のいないところで、たくさんの涙を流していただろうと思うと
身を切られるほど辛いです

○○の優しさに甘えて、自分勝手だったこと
本当に申し訳なかったと思っています

来月には結婚記念日がありますね
○○が、俺のことをまだ愛してくれているなら
もう一度やり直しませんか
俺は、○○が今でも好きです
俺とやり直してくれるなら、今の妻とは別れます
アドレスも電話番号も変わっていません
連絡待っています

元夫


この記事の続きを読む >

 (3コメント)

no title

417: おさかなくわえた名無しさん 2010/11/10(水) 23:05:01
従姉妹(新婦)の結婚式 

リクルートスーツに白いブラウス、すっぴんの子がいた 
おしゃれに興味がない人なんだなと思っていたら、新郎妹 
見た目は中学生だけど、大学生らしい 

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

af9920042581w-400x267
213: おさかなくわえた名無しさん 2014/12/28(日)14:11:26 ID:pUD
年賀状作っていたら、今頃気付いた恐ろしい年賀状があった。
昨年の夏頃会社を辞めた後輩からの年賀状。
確か私の方からは出さなかった。

辞めてだいぶ経ってたし、仕事上あまり関わりが無かったから。
話をしたのも挨拶程度だったので
わざわざ年賀状送ってくれて律儀な人だなぁと思ってたぐらい。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

225

768: おさかなくわえた名無しさん 2006/08/13(日) 15:16:20 ID:agsxLFD9
付き合ってほしいと手紙をもらったのだが
それがミ○キーの包み紙をセロテープでつなげたものに書いてあった時。
ちなみに寸分の狂いなく紙がつぎはぎされていて
さらに色の違うやつが規則的に配置してあるという手の込みよう。
しかしくちゃくちゃだしペンのインクはうまく発色してなくて激しく読みづらかった。
どこからどうつっこんだら良かったのか未だに分からない。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

621

778: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/28(月)02:49:18 ID:tgE
亡くなった嫁の手紙を、捨てられたとき。
嫁が30ちょっとでなくなった。当時息子も娘も保育園の年齢。
病気だったから、準備の時間があって、俺、息子、娘にそれぞれ一年ごと、そしてイベントごとの手紙を書いてくれていた。
息子と娘は20才までと結婚、就職、親になったとき。
俺には60才までと再婚したとき、退職したとき、祖父になったとき。
一つ一つは長くないけど、毎年本当に楽しみに読んでいたし、これがあるからしにたいとおもってもしねなかった。
誕生日の手紙も律儀にちゃんとその都度読んで、先に読んでしまうことはしなかった。
ところが家が浸水してしまい、手紙がびしょびしょで復活できない状態。
それでもどうにか…と思っているうちに捨てられてしまった。
魂が抜けたかと思っていたら、息子が手紙の写真?携帯でとったやつを持っていた。
震災のニュースを見ていて、写真や手紙もデータにしとけば万が一のときも残る可能性があるなと思って、中身は極力読まずに撮っておいてくれたらしい。
バックアップも複数してあるそうで、もし息子の携帯が壊れてもみられるんだとか。
それをきっかけに、今まで見なかった嫁個人の日記というか、入院中に書いていたノートのデータを見た。
辛い苦しいみたいなことも書いてあるんだけど、そのあとに必ず「でも私で良かった。病気になったのが息子や娘、旦那じゃなくて良かった。神様、ナイス!」と書いてある。
「もし旦那がしんでしまったら、私は弱いしだらしないから、息子と娘を立派に育てることはできないだろう。旦那に任せていけるからなにも心配ないね。
あーでも二人の成長を見たかったなぁ。息子が水に顔をつけられるようになるの見たかった。娘が話すのを聞きたかった。
誕生日の手紙、とんちんかんなこと書いてたらごめんね。二人がどんなふうに成長してるかわからないから、妄想。
生まれ変わらずに待ってるから、100年後くらいに、あったことぜんぶぜんぶ教えてね」
と書いてあった。
100年待たなくても、俺が教えに行く。
ただ娘と息子のこと、なるべく多くのことを伝えてやりたいから、絶対に長生きしようと思う。

この記事の続きを読む >