鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:手料理

 (2コメント)

74

583: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/17(火) 12:55:22.78 ID:EMWlDy36
付き合い出してすぐ、彼に手料理が食べたいと言われ、
大張り切りで沢山料理を作った。
いざ一緒に食べようという時に彼が一言。
「ケチャップある?」

何かかけるのあったっけ?と思いつつ渡すと
料理という料理にドバドバドバーっと。
彼、ケチャラーでした。

とにかく何にでもケチャップをドバドバと大量にぶっかけて食べる。
「そんな食べ方しないで」「普通に食べて」と何度お願いしても
「食うのぐらい俺の好きなように食わせてくれ」と聞く耳持たない。

いつも彼から「料理作って」とよくねだられていたけど、
何を作っても毎回ケチャップ、ドバドバでは虚しくなる。
よくそのことで喧嘩になりました。

蛇足ですがある時、彼の家に遊びに行った時、食事をいただくことに。
ごく普通の食事が数品テーブルに並べられてました。
まず煮物を食べてびっくり。
味がしない。野菜をお湯で煮た味というか何というか。
他の料理も味がとても薄い。
思わず「薄味ですね」と言うと彼母が健康のために薄味にしてるそうで…。

隣で彼がケチャップをドバドバぶっかけているのを見て
何故、彼がケチャラーになったのか何となく分かった気がした。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

010

947: おさかなくわえた名無しさん 2008/12/08(月) 19:04:30 ID:7+KpwXzc
付き合い出したばかりの一人暮らしの彼に手料理をせがまれた。
一人暮らしだから家庭の味が恋しいとか何とか。「作ってもいいけど、私はおばあちゃんみたいな
ご飯を作るよ?」と言ったら「そうゆうの大好き」と来た。
で、作ったはいいが「煮物は臭いから嫌い」「骨のある魚嫌い」「みそ汁にはもっと本だし入れたら?」
等など…。

彼の中で家庭の味=和食=から揚げ・肉じゃが・ポテトサラダ・照り焼きハンバーグだったらしい。
破壊的に食の好みが違う事に冷めた。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

41

784: 名無しさん@おーぷん 2016/10/30(日)01:34:35 ID:sBi
今年入籍するつもりだった彼の身内に不幸があって、結婚は先延ばしになったけど、同棲は始めた。

勤務時間等の関係で、家事は私がやる方が多いけど、割とマメな方だし今のところ苦ではない。
彼は炊事は苦手だけどきれい好きだし、私がやって当然な態度でもないので、不満もない。

ただ一つだけ、ちょっと困ったなと感じているのが、彼が「白いごはん」を食べない、という点。

デートの食事は、お昼時なら麺類がほとんど。
夜は、どちらもお酒が好きなので、「白いごはん」を食べるようなお店には行かなかった。
手料理をふるまう時も、彼のリクエストに沿った料理や、お酒のおつまみばかりだったので、全く気づかなかった。
彼から「白いごはん」が好きではないという話も、聞いた事がなかった。

私は逆で、「白いごはん」が好き。
家での夕飯はほぼ「白いごはん」とおかず、という組み合わせ。
食事については任せる、と言われていたので、彼にもそういう夕飯を出した。
初めての夕飯は

・牛肉と玉ねぎのオイスターソース炒め
・焼きナス
・スモークサーモンと野菜のサラダ

それと味噌汁と「白いごはん」だった。
すると彼は「そういえば言ってなかったけど、俺、白いごはん嫌いなんだよ」と言って、牛肉と玉ねぎのオイスターソース炒めを「白いごはん」にかけて食べ始めた。
二膳目は、味噌汁のお椀に直接「白いごはん」を投入して完食。

食べ物の好き嫌いはある程度はしょうがないし、彼も「白いごはん」に他の味がついていれば食べる。
ある程度の汁気があるおかずなら、そのままかけて食べる。
汁気がないおかず、主に揚げ物(唐揚げ、トンカツなど)の場合は、ごはんにのせて、唐揚げなら中華ドレッシング、トンカツならソースを多めにかけて食べる。
私の料理に不満があるわけでもなく、ただただ「白いごはん」が嫌いなんだそうだ。
彼のお母さんに聞いてみると、小さい頃からずっとそうだったようで、嫌いな理由は「味がないから」。

チャーハンやカレーライスやどんぶりものなら、出したまま食べてくれる。
私が「白いごはん」を食べるのを咎めるわけでもない。
無理に味のついたご飯を作る必要もない。
その日のおかずの中で味が濃い目のものを「白いごはん」にかけて食べるからそれでいいと彼は言う。

別に私の負担が増えるわけでもないんだけど、なんとなく、うっすらと、「なんかイヤだな」と感じてしまう。
こういうモヤモヤって、誰かに言ってもわかってもらえない気がする。
具体的に何が「イヤ」なのか、自分でもよくわからないわけだし。

今日は彼が留守にしていて、私は一人で焼きサンマと野菜炒めをおかずに「白いごはん」を食べた。
彼はきっと焼きサンマと大根おろしをごはんにのせて、醤油をたっぷりかけて食べるんだろう、って考えたら、やっぱりちょっと、イヤだなあと思ってしまった。

この記事の続きを読む >

 (20コメント)

521

653: おさかなくわえた名無しさん 2010/05/19(水) 02:29:53 ID:l8gQOA7k
豚切りごめん。自分の冷め話。

味付けにうるさかった元彼。
作るたびにうるさいのには辟易してて
手料理を作ること自体面倒くさくなってたんだ。

で、とある日、うどんスープの素を薄めて使って、味をちょちょっと
整えたりして煮物を作ったのね。 そしたら絶賛された。

はぁ?って思ったんだけど、その日はそのままにして後日からは
鶏がらスープの素や、中華だしの素、かつおだし、いりこだし系の
粉末調味料を使ってみたら、やっぱり絶賛。
お前も料理うまくなったなぁって。

調子に乗って、レトルトやインスタントの物を買ってきては
味付けに手を加えて、野菜や麺類、片栗粉やらを投入して
表記されてる料理とはまったく別物になってる料理を
毎度毎度絶賛する元彼に食べさせてた。

で、しばらくして胃袋を掌握されて満足げなデレデレの元彼が

「毎回美味しいものを作ってくれてありがとう、最高だ」
「こんなに美味しくなるまで努力してくれてありがとう」
「お前の味付けが好きなのは、多分お袋の味に似ているからだ。」
(意訳)

みたいなことを言ったとき、罪悪感が湧き上がるとともに
何かが冷めていった。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

1156

189: 恋人は名無しさん 2010/06/19(土) 20:52:37 ID:KWHRAzYa0
数年前の話。
いきなり元彼からメールが来た。

「私子、元気か?
つらいことあったんじゃないか?ちゃんと食べてるか?
お前のことがすごく心配だ。

やっぱりお前俺のことまだ好きだったんだな。
わかってたけど、お前の愛の強さがそこまでだったとは
正直とまどってる。
お前はもっと自分の気持ちを押し殺してしまうタイプだと思ってたから。

髪伸びたんだな。痩せたな。
俺が引っ越したこと、Bに聞いたの?
ちゃんと話そう。やり直せるかどうか二人で話し合おう。
明日ドア開けとくし、入ってこいよ。
ひさびさにお前の手料理も食べたいし。

元彼男」

この記事の続きを読む >