鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:手料理

 (3コメント)

6962

754: 名無しさん@おーぷん 2016/01/13(水)17:10:58 ID:vg4
去年のクリスマス
彼氏の妹(酷いブラコン)に作った料理に灰皿の中身をぶちまけられた。
クリスマスに手料理食べたいって言うから、いつものよりお金も手間もかけたのに。
妹の行いに怒りも注意もしない上、明らかにわざとやった妹を怒りもしないで、「夜まで待つからまた作って」と言い出した彼氏に愛想がつきたので、無言で家に帰った。
そのさいに、長時間煮込んでお肉がホロホロになったビーフシチュー(灰だらけ)の中に、うっかり彼氏の携帯を落としちゃったけど、仕方がないよね。うっかりだもの。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

875

252: 恋人は名無しさん 2013/09/02(月) 22:24:09.81 ID:/+RDD12j0
手料理を何度つくっても毎回文句つける
しかも、出汁のとりかたがどーだとか、妙に玄人っぽい
じゃあ一度くらい手料理食べさせてよ、といったら
至高の一品を食べさせてやる、といって
次会った時出てきたのが、トマトとモッツァレラのカプレーゼ
え?こんだけ?というと
このモッツァレラはどこそこの奴でどーだこーだ
塩は日本では滅多に手に入らない何トカの岩塩でどーだこーだ
オリーブオイルも輸入のお店で買ってどーだこーだ
…と薀蓄を語りまくり
お腹一杯にならないし、他に何かつくってよ、というと気分損ねて
その後延々と説教
いや、でもそもそもカプレーゼって前菜だよね?前菜だけで満足できないよ、というと
嫌な顔してこそこそとキッチンいってレシピ漁ってカルボナーラつくってくれたんだけど
見事に卵がダマになってて全然美味しくない
「お前が急なリクエストするからだ」と文句言ったけど、
以前私がつくったカルボナーラにも散々文句つけてその後薀蓄語ったよね?

その後、けんかになってわかったけど
料理に関する薀蓄だけ無駄にあって、実際には全然作れない人だと発覚
そのくせテレビみながら「最近の女は料理できないよな~」と文句だけは一人前
こんなアホと付き合ってられるか

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

ダウンロード (3)

408: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 19:32:44.96 ID:AzrC1Cdv
彼女が手料理を振舞ってくれる事になったんだが
CookDoみたいなナスを加えるだけみたいな料理だった
毎日簡単なものだけど料理してるって話だったので少し期待してたのだが冷めた
野菜炒めレベルで良かったんだけどな

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

5555

518: 名無しさん@おーぷん 2016/12/28(水)09:34:35 ID:JDy
彼が私の料理に対して「例え美味しくなくても俺は美味しい!って言うよ」って宣言する神経がわからん。

初めて彼に手料理を振る舞ったのが1年ほど前。
ずっと実家暮らしだし自信なかったから逃げ回ってたけど、誕生日プレゼントに手料理をリクエストされて仕方なく作りました。
実家で母に見てもらいながら何回か練習して、彼の家で本番。濃い味好きな彼に合わせて濃いめにして、自分的には上手くできたつもり。
その時の彼の感想が上記のものでした。
美味しくなかったのかな、と、かなり凹んだら、「今日はとっても美味しかった!これは本当!落ち込まないで!!」というフォロー。

それ以来
彼の家で私が料理する→彼「美味しい!」→食後に「美味しくなくても美味しいって俺は言うよ」発言
→私落ち込む→彼のフォロー「今日はとっても美味しかった!」
これが何回かある(無い時もある)

2ヶ月くらい前に婚約して、同棲して1ヶ月、
二人で暮らしてはじめてのクリスマスだし、チキンを焼いて、私なりに頑張ってちょっと豪華な家ディナーを作りました。
チキンにかぶりついた彼が「美味しい!まあ俺は美味しくなくても美味しいって言うけど…」

もうなんか、ここで言うかよって、すごいショックを受けた。
多分私の顔色が変わったのに気づいたのか、彼は「ごめん、今言うべきじゃなかった。本当にごめん。本当に美味しいよ。」というフォロー。
今更すぎて、もう彼の「美味しい」が信じられない。
美味しく無いなら正直に改善点を言って欲しいって散々言ってるのに、「いや本当に美味しいよ」としか言わない。
もうなんかしんどいわ。
昨日もうまいうまい言いながらご飯食べてたけど、言われるたびに心が冷えていくわ。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

74

583: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/17(火) 12:55:22.78 ID:EMWlDy36
付き合い出してすぐ、彼に手料理が食べたいと言われ、
大張り切りで沢山料理を作った。
いざ一緒に食べようという時に彼が一言。
「ケチャップある?」

何かかけるのあったっけ?と思いつつ渡すと
料理という料理にドバドバドバーっと。
彼、ケチャラーでした。

とにかく何にでもケチャップをドバドバと大量にぶっかけて食べる。
「そんな食べ方しないで」「普通に食べて」と何度お願いしても
「食うのぐらい俺の好きなように食わせてくれ」と聞く耳持たない。

いつも彼から「料理作って」とよくねだられていたけど、
何を作っても毎回ケチャップ、ドバドバでは虚しくなる。
よくそのことで喧嘩になりました。

蛇足ですがある時、彼の家に遊びに行った時、食事をいただくことに。
ごく普通の食事が数品テーブルに並べられてました。
まず煮物を食べてびっくり。
味がしない。野菜をお湯で煮た味というか何というか。
他の料理も味がとても薄い。
思わず「薄味ですね」と言うと彼母が健康のために薄味にしてるそうで…。

隣で彼がケチャップをドバドバぶっかけているのを見て
何故、彼がケチャラーになったのか何となく分かった気がした。

この記事の続きを読む >