鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:手抜き

 (3コメント)

0665

421: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/28(水) 12:46:43.17 ID:8UYrahMo
415さんのマッサージで思い出したんで投下
元彼がやたら首とか腰とかこる人で家デートの度にわざとらしく首捻ったり腰に手を当てながら
「ちょっと揉んでくれない?」って言ってきてマッサージさせられるのが毎度だった
やたら長時間やらせようとするししかも揉み限定
指とか手首疲れて叩こうとすると
「叩くんじゃなくてもっと力入れて押して!揉んで!強くやって!」
あまりにも毎回すぎてムカつくし私もやりすぎで軽く腱鞘炎になったりしたんで無視するようにしたんだけど
「(首コキッコキッ)ちょっと揉んでくれない?」は毎回しつこく続いた
そんな話を薬剤師やってる友達に愚痴ったら凄く良く効くと評判らしい塗り薬と湿布薬のお試し品をくれた
彼にその話をして貰った品物を出したら
「はあ~あ!」と声に出して大きな溜息をつき横目で蔑むようにこっちを見ながら
そんなに手抜きしたいのか労わる心がないのかと散々罵られた
他にもモラっぽいとことかマザコンぽいとこが目について冷めてきてたとこだったんでサヨナラした

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

3aba23b8-s
560: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/01/03(土) 21:59:13.50 .net
嫁が最近パートに出た途端色々手抜きになった。 
夜寝る前にマッサージを頼んだら、朝早く仕事だから夜の内に洗濯干して夕食の食器を洗うから無理だと
マッサージしてからやれと言ったら切られた。 
頭にきたから正月から不機嫌な態度で過ごしてやった

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

288

663: 名無しさん@おーぷん 2015/12/07(月)16:45:22 ID:xSt
今も続いてる衝撃的な話
何年か前、仕事のトラブルで夫が同僚をうちに連れて来たことがあった
夜遅くまで仕事をしていたので、夜食に「もしよかったら…」とその日の夕食の里芋のにっころがしを二人に出した
かなり疲れ果てている様子の同僚さん。「頂きます…」と里芋を口に入れた瞬間、「ん゙ん゙ん゙ん゙ん゙!?!?」(本当にこんな感じだった)と唸った
同僚「なんですかこれ?めっちゃおいしい!おいしい!こんなの初めて!」
私と夫ポカーン。そうこうしてるうちにあっという間に一皿食べてしまった同僚さんは「この世にこんなおいしい食べ物があったなんて」と恍惚とした顔をしていた
私が和食のプロとかならわかるけど、その時出した煮っ転がしはめんつゆを使った超手抜きで、10人中9.99人が「普通」と言うような普通の煮物
「レシピを教えて!」と食い下がられたので、めんつゆのパッケージに書いてあると教えると大喜びで帰って行った
そのことがきっかけで同僚さんの奥さんと連絡先を交換したんだけど、どうやら同僚さんにとってめんつゆ煮っ転がしは運命の相手だったらしい
家から自宅へと帰り、早速奥さんに作ってもらったところやっぱり美味しい!なにこれ!?と大ショックを受けていたとのこと
(奥さんも同僚母親も料理人で、めんつゆ料理が出てきたことが無かったらしい)
「めんつゆの料理教えてください!」とプロの料理人に言われてすごく焦った
この一件で同僚奥さんとものすごく仲良くなり、その流れで私の弟と同僚奥さんの妹にこの度結婚が決まった
「めんつゆがキューピッドw」って皆で笑ってる

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (50)

813: 名無しさん@おーぷん 2015/06/22(月)09:01:53 ID:xsR
乳児持ちとはいえ専業だから、毎日仕事で疲れて帰宅する旦那の為と思えばこそ好意でマッサージしてた。
昨夜私が眠い時に病み上がりの旦那からマッサージお願いされたんだけど、少しうとうとしながらやってたら手抜きだってキレられた。
それから前の事ほじくり返してグチグチ言い出すし…。夜に家族の団欒しない、って授乳で夜中起きるし旦那より朝早く起きなきゃいけないから早めに寝ないと眠いんだよ??
しかも今まで余りキレられた事ないから、パニックで頭が真っ白になってしまって更に旦那がキレる悪循環。
普段は優しくて大好きなんだけど、正直これはちょっと理不尽じゃない?マッサージするだけでも良いと思うんだけど?

この記事の続きを読む >

 (17コメント)

ダウンロード

400: 名無しさん@おーぷん 2015/02/23(月)16:07:12 ID:jqM
旦那が長期出張から帰って来たときに出した料理が手抜きだと言われてしまった。
ちなみに出したのは、
焼肉丼となまりぶしのサラダ、とろろ昆布の汁物に甘夏のほろをとって砂糖をまぶしたデザート。
焼肉丼は、茹でた小松菜にごま油と白ゴマを入れたものをご飯に混ぜ、焼肉を乗せたもの。たれも手作り。
とろろ昆布の汁物は、だしつゆをあたためておき、とろろ昆布を投入し最後に青ねぎとかつおぶしをまぶしたもの。
なまりぶしのサラダはなまりぶしに生たまねぎを混ぜたものをポン酢で頂く。
旦那は食べもしないでため息をつき、出張先でお世話になった女の子の手料理の方が食欲がわくと言った。
もうショックでショックでお世話になった女の子が誰なのかすら問い詰める元気もなくなってしまった。
ちなみに帰ってくる数時間前に夕飯のリクエストをラインで聞いていたんだが、
君に任せると特に希望はなかったみたいだった。
だから旦那が好きな肉を主体とした料理を出したんだけど・・・
自分は手抜きのつもりは全くなかった。

次の日に女の子は誰なのか、その子は何を作ってくれていたのか聞き出そうとしても見事逃げていく。
結局旦那と一緒に出張についていった旦那の同僚兼私の従兄弟にそれとなく女の子のこと聞いてみた。
女の子というのは出張先の会社の上司の娘さん10歳。
上司のお宅に飲みに誘われたときに、娘さんがお母さんと頑張って作ったハンバーグに感動したんだそうだ。
私の料理はその女の子の一生懸命な想いが込められていないと愚痴を従兄弟にこぼしたんだそうだ。
私は10歳の女の子以下なのかと旦那に話してみると、「以下」ってなに?10歳の子供は半人前だと言いたいの?と斜め上な返答をされ、
夕飯を食卓に並べても、そのテーブルで私の料理を隅に寄せてコンビニ弁当をこれみよがしに食べるようになった。

この記事の続きを読む >