鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:手作り

 (6コメント)

363

273: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/30(月) 18:19:45.69 ID:CbuTtzx8
元彼は元々、男は男らしく、女は女らしくを主張する人だった。
例えば、デートの費用は私も半分出すよって言うのに「男が全部出して当然!」と言って、私に出させてくれなかった。
それなら何かお返ししようと思って、当時私がハマっていたケーキ屋さんのクッキーとか、元彼に似合いそうなファッション小物をプレゼントしてたんだけど、
ケーキ屋さんのクッキー→女の子なら手作りしてよ→手作りクッキーに変更
ファッション→女の子ならマフラー編んでよ→マフラー編みましたよ
てな感じで、元彼の中に謎の女の子像があるみたいだった。

ある日元彼が「手料理食べたい」って言ったから、私の家で手作りハンバーグを振る舞うことになった。
私はハンバーグ作る時洗い物が増えるのが嫌なので、ボウルを使わずにビニール袋に挽肉、玉ねぎ、卵、牛乳に浸したパン粉、調味料を入れてよく揉んでから、ビニールの端っこを切って、生クリームみたいに搾り出して形成するって作り方をしている。
しかしそれを見た元彼は「そんな作り方見たことない!普通はボウルに入れてこねるもの!」と突然怒り出して帰ってしまった。
今まで怒ることはなかった人だったから、「そこで怒るの?」と思ったら、急激に冷めてしまった。初彼だったのになー

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

26

385: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/22(金) 07:43:11 ID:h5kwqKlz
甘い物が大好きな彼氏。
私は仕事柄と趣味で、無名だけどすごく美味しいお菓子屋や限定品も、それなりに知っている。
彼に一度は食べさせたい物が沢山なので、それを買ってくることがある。

ある日、彼の友達の彼女が彼氏(彼の友達)のためにクッキーを焼いたらしい。
彼に「お前はすぐ買って済ませるよな。買うほうが楽なのは分かるけど・・・
手作りの方が気持ちが・・・」等など言われ、そう思われてたのかと落ち込んだ。

私もたまには作るので、手作りが大変なのも気持ちがこもってるのも分かる。
だけど、買うことが必ずしも手作りに劣るわけでもないし、
面倒だから手抜きして済ませようとしてたわけでもないのに。
むしろ、場合によっては作るほうが楽なときすらあるのに。

彼にどうぞとおまけしてくれる店や試作品(?)をくれるようになった店もあって、
彼もそれを知ってるだけに、店員さんや職人さんにもなんか申し訳ない気がした。

単なる価値観や考え方の違いだとは思うけど、なんともすっきりしない。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

566

358: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/25(金) 00:21:36.69 ID:XyWko6/a0
なあ、彼女んちでアイスコーヒーが出て来たんだが…
普通、ペットボトルとか牛乳パックの形で売られてるものを買ったやつか、それか家で作ってあった水出しコーヒーとかさ

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

ダウンロード (86)

893: おさかなくわえた名無しさん 2006/11/02(木) 07:33:35 ID:EQLxLoBq
彼女が手製ケーキやら肉まんやらドーナツやら恩きせがましく持って来続けて一々感想求めてくるのに冷めて別れたたなあ。そもそもプロでもない他人が衛生状態不明の中、生手でこねたものなぞキモくて食えん。自称料理好きの女はこんな男もいる可能性を忘れないほうがいい。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

416

943: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/11(金) 14:15:52.61 ID:IKMCmidi
豚切すいません。
もしかしたら別件で似たような書き込みが以前あったかも知れないけど一応投下。

合コンで線が細く中性的な男性に出会い好きになった。
タメだし趣味や好きなアーティストが一致してるところから意気投合。
見た目だけでなく中身も中性的で、取引先とのメールのやりとりで勝手に女性だと判断される。(名前は男性だがメールでは苗字だけ添えてた)
学生時代髪を伸ばして首の後ろでまとめてたら男からナンパされた。
男性アイドルが好きでファンクラブに入ってる。(同性愛ではなく理想の男性像として好きらしい)
それだけなら私の中でむしろプラスポイントなのだが、SNSでお茶やお花をしてる写真をアップしてて「?」となった。
その時は器用なんだな、としか思わなかったし中性的な容姿や振る舞いにはむしろ似合ってたから気にはしなかった。

ある日、誕生日プレゼントと綺麗にラッピングされたお菓子をくれた。
「綺麗!どこのお店?」ときいたら「手作りだよ♪」と言った。
えええーっ!私でもこんなのできない!と思ったし味もプロレベルだった。
その後も手編みのマフラー、カーディガン、手作りポーチ。
ワークショップで作ったけど僕は着けられないからとかわいい手作りアクセサリーをもらった時、私の中で彼への想いは冷めきっているのを自覚した。

そんなことで!?と思う人もいると思う。
でも彼を男として見れなくなったし、その後またお菓子をもらったけど男が趣味でこれを作ったと思うと気持ち悪くて食べる気になれなくなった。

この記事の続きを読む >