鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:意識不明

 (7コメント)

12

445: おさかなくわえた名無しさん 2016/03/11(金)17:30:41 ID:fmd
去年の話だけど、私が外出中に事故にあい、意識不明になった
生死の境をさまよっている間、夫が義兄家に娘(5)を預かってくれるように頼んだ
それまでお互いの子を預けあっていたこともあり、義兄夫婦は快諾

私が意識を取り戻したのは事故から2週間後、さらにそこから2ヵ月後に退院
冬でノロやインフルが怖いから娘を病院に連れてくることはせず、ずっと義兄家で
預かってもらっていた(義兄娘と同じ幼稚園だったので送り迎えまでしてもらってた)
その間、時々夫が様子を見に行って、そのつどお礼を包んで渡していた
ちょうど繁忙期だった夫の帰宅が毎日遅かったこともあり、義兄夫婦が
「お互い様だから、退院するまでは遠慮なく預けていてかまわない」と言ってくれたので
その言葉に甘えていた

退院して娘を迎えに行ったら「娘ちゃんです」と出してきたのが、娘ではなく義兄娘
義兄娘もぎこちなく「おかあさん」なんて呼びかけてくるし
「その子はお宅の娘だから連れてかえってくれ」という義兄夫婦の意図がわからず
困惑しつつも、もちろん受け入れるわけに行かず大揉め
最終的に2階に閉じ込められてたうちの娘を発見して無事連れて帰った

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

28

463: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/15(水)14:52:37 ID:6yA
検査薬で妊娠がわかり、その翌週に病院でもお墨付きをもらったので
夫に「赤ちゃんできたよ」とLINEを入れた
「なるべく早く帰る」と返信がきたのに何時になっても帰ってこない
遅くとも20時には帰宅予定だったのにと思いつつ電話をかけたら
電池が切れているような感じ
不安に思いつつ待っていたら夫会社の上司から私の携帯に電話があって
夫が会社の階段から落ちた、意識不明だったから救急車で搬送されて
現在検査中と言われた
夫の携帯は落ちたときに壊れていて、周囲もテンぱってたから
緊急連絡先に指定していた私の携帯に連絡をするのが遅れたとのこと
病院にタクシーでかけつけて夫と面会
怪我はたいしたことなかったようだが大事を取って1泊した
その後びくびくしながら経過を見ていたが何事もなかった

病院で上司の方に説明を伺ったが、夫はその日やけに浮かれていて
周りに「いいことあったんですよ♪」と言いながらスキップして
くるっと回った・・・はいいが背後は階段で、そのままするーっと
落ちていったらしい
夫にはスキップ禁止を言い渡した

それから4年たち、第2子の妊娠がわかった
今夜夫が帰宅して、コタツにインした状態で言おうと思う
コタツの上の飲み物を撤去して、積み重ねた本やおもちゃも片付ける
これなら怪我はすまい

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

744

176: 名無しさん@HOME 2015/09/14(月) 11:17:54.68 0
地元に帰ってふと思い出したので書き込み。

ある朝、目が覚めたら嫁さん(当時彼女)がベッドの横に座ってた。
「あー、嫁ちゃんじゃん。どうしたん?」と声をかけて、あれ俺実家で寝たっけ?(普段は会社の寮で煎餅布団、あと女人禁制)とか考えてたら
大泣きしながら嫁さんが胸に倒れこんできた。
「どしたん、どしたん。なんかあったかー?」
と言いながら頭を撫でようとすると腕にコードがついてる。
うん?なにこれ。
聞いてみると、事故にあって一年間意識不明だった。

横断歩道を渡ってるときに車にはねられたらしいが覚えてない。
1番新しい記憶が、前日にネトゲやってて仕事あるけど夜更かししすぎたなーと思いながら寝た記憶。

そっから少ししてから退院して、会社は休職扱いになってたが、なんか復帰する気にならなかった。
気になってた職種があったので転職するかーと思い、転職先も決まってちょっと離れたところに引っ越し。
転職の話は嫁さんにしたら
「私もついてくーヾ(*´∀`*)ノ」
と返されたので、ちょうどいいし結婚しようか、と。

もう五年ほど前の話。
家に帰ってから思ったのは「このネトゲ一年たったのにろくにアプデしてねぇ……」だった。

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

574

714: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/13(金) 02:12:53.37 ID:6p3KLvUc
もう寝るから書き逃げ
自分の人生最大の修羅場
もう5年前の話だが、自分は交通事故にあったらしい
らしいというのは、横断歩道の信号待ちしてて・・・でそれ以降の記憶がなかったから
気付いたら知らない天井
その事故があった日から一年半近く経っていた
生死をさまようレベルだったと聞いた
自分が目覚めたのを聞いて、両親が駆け付けてきてめっちゃ泣かれた
思いっきり泣いた後、信じられないことを言い出した
自分が意識不明だった一年半に嫁と子供が亡くなったと言われた
嫁は脳梗塞、子供は吐瀉物が喉に詰まって窒息死だった
まだ一歳にも満たない我が子と愛する嫁を気付いたら失ってた
あの時ほど絶望したことはなかったよ
丸一ヶ月くらい無気力で、時には嫁と子供の事を思い出して泣いていた
そんなある日、夢に嫁と子供が出てきてやんの
嫁は何も言わず、ニコニコしてて、子供はキャッキャキャッキャ笑ってた
なんか知らないけど、生きなきゃって気になって、まずは墓参り行かなきゃと思い至った
それから必死でリハビリをして退院当日にその足で墓参りへ行った
嫁と子供がいない我が家が寂しすぎるよ
今では仕事も完全復帰したけど、時々家族を思い出して泣きながら生きている

書いてたらまた泣けてきた
寝る

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

gatag-00007101

659: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/18(土) 14:15:43 ID:nYdpnh2u
さめた話を一つ。

一時期、前カレのお母さんが糖尿病で倒れた。
そして、かなり悪化してたらしく
運ばれたときには意識不明。
糖尿病の三大合併症をすべて引き起こしていたくらい。

それを聞いたときはこっちが気が気でなくなるくらいだった。
でも、彼氏は「ああ、別にお見舞いとか行かなくていいんだ。」
と絶対に行こうとしない。
何故かたずねると「意識不明なのに話したって意味がない。どうせ聞こえてないし。」
と否定的。

一応看護師である私が「そんなことないよ。
意識はなくても、声は聞こえてるんだよ。話しかけてきてあげたら?」
と話しても「だから別にいいんだって。そんなことしても無駄!」
とキレだす。
ここまでは我慢したり、一緒にお見舞いに行ったりしてたんだけど
ある日お母さんの意識が奇跡的に戻った!

やったー!と思ってさっそく逢いにいこうと声をかけると無言の彼氏。
喜んでるんだろうなーとちょっと黙ってると
「はあーあ。入院費とかかさむし、そのまま死んでくれたらどれだけいいか。」
「あんな状態で生きてたって、しょうがなくね?」
一気にさめて別れた。

この記事の続きを読む >