鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:息子

 (10コメント)

ダウンロード (94)

115: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)14:11:56 ID:GwW
今度1ヶ月ぶりに丸一日休みがある旦那。

園児の息子は1ヶ月ぶりに父親がいるので大喜びでボール遊びしたい公園行きたいとはしゃぎ、旦那は久しぶり休みだからゆっくりのんびりパチンコでも行きたいとウキウキ。

こういう場合どっちを尊重してあげたらいいんだろう。
私に答えを委ねられたんだけど(旦那からしたら子供達の面倒見るのは私だからだと)私は仕事頑張ってくれてる旦那に休息あげたいの半分、子供達に久し振りの父親堪能して欲しいの半分でどちらも選べない。

半日子供で半日遊びに行くのは?と聞いたら、だったら1日子供達と公園行くよって言ってくれるんだけど、なんかウキウキ顔が曇った気がした。
普段パチンコ行きたいとか言わない旦那が珍しく行きたいと言ったり、疲れ気味の顔や最近の激務見てると1日ぐらい自由にしてあげたい。

因みに半々にすると子供が離れるのが嫌だと愚図ったり、なんだかんだで疲れて昼寝から夜まで起きないぐうたらになるのが嫌らしい。

この記事の続きを読む >

 (17コメント)

normal
258: 名無しさん@HOME 2011/12/14(水) 12:06:18.88 0
皆さんからみたらトメ側の立場で失礼します。
私も私のトメには苦労しましたので、息子のお嫁さんにはそうはなるまいと、近距離別居のお嫁さんに明るく優しく振る舞っていたのが仇となったようです。
所謂過干渉トメですね。
で、ある日……やられてしまいました。
息子の持っている鍵を使い私たち夫婦の家に侵入し、風呂桶を寒天で満たしてくれました。
すぐさま息子と夫も交えた家族会議が行いました。するとお嫁さんが自白と言うか「自業自得だクソトメ」と、本当にこう言いました。
曰く…アポなし凸とイヤゲモノがうざい→私は電話をしていたし、持っていった貰い物のお菓子類は息子の好物です。息子本人も味方してくれました。
孫産め発言がうるさい→雑談のなかで「子供の名前は考えたりしてるか」とか「子供は好きですか」とかそういうことばをわざわざ録音してありました。夫も息子もなにが悪いのかわからないと言ってくれています。
同居を迫ってくる、ムチュコタンを奪ったと責めてくる→たまに、息子が家からいなくなって寂しいといっただけで、すぐにこういうことを言うのはよくないねと謝罪しました。録音されていました。
上記の時は、お嫁さんは嫌な顔ひとつせず応対してくれていたので、私もお嫁さんの豹変ぶりに驚きました。
むしろそんなに迷惑に思われていたのが恥ずかしいやら申し訳ないやらで、泣き出してしまったんです。
その後も色々もめましたが、息子が離婚を決意。慰謝料は双方ないかわり、お風呂の修理代をいただきました。
といっても、旧いお風呂ですから、湯沸し器からなにから完全に取り替えるしかなく、ついでにリフォームもしてしまえと、ほんの少し水増し請求したのがDQN返しです。もちろんリフォーム全額請求ではなく、修理の場合の費用に色をつけた程度です。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

bab3c52c
438: 名無しさん@おーぷん 2014/11/28(金)14:48:29 ID:kl1
息子が失踪した事

大学進学して一人暮らし中の息子の部屋で、浴槽で水に沈んでいるパソコンを見たのが三日前の修羅場
暴走癖のある私に対して、腫れ物を触るような家族の対応が修羅場
その後かかってきた不審な電話が、現在進行形の修羅場

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

y901yczbgs1do5qvzr95
55: 名無しさん@HOME 2014/02/11(火) 23:02:53.79 0
息子が他人行儀になっていて嬉しいようで同時に辛い・・・ 
大学入学を期に一人暮らしを始めたんですが、お正月に半年振りに帰ってきた。 
今まではご飯まだ?おかずこれだけ?風呂汚い!なんて偉そうに言いつつも 
私を頼ってくれているようですごくうれしくて張り合いがあったのに、この前は 
家事を手伝うといいはり、食事の配膳や洗濯の取り込み、トイレ・風呂掃除などを率先してやってました。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

3805ad034ae101d83c1d464cee0d3ba8
851: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 19:45:18.99 ID:TtUMhZNR.net
嫁が育児ノイローゼ一歩手前のころの話。 

昨夜も夜泣きで寝付かない息子に 
「もぉおおおぉおおお!寝てよぉぉぉっぉうぉぅぉぉ・・!」 
と半狂乱になり枕を叩いて狂っていた嫁。 

仕事を終えて帰宅し玄関を開けるが廊下奥のリビングは真っ暗。 
物音ひとつ聞こえてこない。 
ただいま、といいても返事なし。 

只事でない雰囲気を感じて家に上がると、リビングのドアがゆっくり開いて、 
暗闇の中から嫁が涙と鼻水でぐちゃぐちゃの顔面をヌーっと現れたんだ。 
ハァァァァ・・ともヒィィ・・とも聞こえるかすれた声を出しながら。 

俺は思った。 
「こいつ、とうとう殺りよったか・・・」 
テレビや新聞の「乳児虐待死」の文字が浮かぶ。 
恐る恐る嫁に近づいて息子の所在を訊ねようとしたら、先に嫁が口を開いた。 
「み、耳が痛いぃぃぃィィィ・・ヒィィ・・だずげでぇぇぇ」 

中耳炎でした。 

マジで一瞬覚悟を決めた修羅場でした(笑)

この記事の続きを読む >