鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:恐怖

 (13コメント)

ind43ex
244: 名無しさん@おーぷん 2016/02/25(木)03:14:45 ID:oti
子供が欲しいのに嫁が

妊娠耐えられない、出産怖い、ママ友付き合いなんて嫌だ、人間を育てる責任なんかおえない
そんな恐怖と戦うくらいなら私は働いてたい、一生働き続けたほうがまし

と言い出して結婚前の約束を破ろうとしてる
ちなみに嫁の職は進学塾の講師で激務
妊娠出産のために仕事を辞めてくれと言ったらキレられ
妊娠がどれほど怖いのかを泣きながら訴えられた
嫁は妊娠の経験はないのにこの怖がり用
昔車に跳ねられ骨で内蔵をやられた時、局部麻酔でオペしたことがあって

体の中を違うものが入ってきて弄くられる恐怖がわかるのか
中途半端な局部麻酔でメスを入れられる怖さがわかるのか
逃れられない激痛が迫りくるのを大きなお腹と命を抱えて耐えなきゃならない恐怖がわかるのか
子供が欲しいならお前が産め

と繰り返し言ってくる
俺なら我が子のために耐えられると言っても信じてくれない
女性にとって妊娠出産ってそこまで一大事?
何でこんなに怖がるのかわからない

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

0412

922: 名無しさん@HOME 2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN 0
ありがちだけど、自分の不倫がバレた時が修羅場だった
ばれる前、私は自分から不倫相手に別れを告げていた
不倫相手に「あんなつまらない家族に縛られてて
○○(私)がかわいそうだ」みたいなことを言われた時、
私の旦那も娘もつまらない人間なんかじゃないわ!と怒りを感じ、
自分が家族のこと好きなんだと改めて実感
不倫してることがアホくさくなり相手に一方的に別れを告げた

…で、心を入れ換え旦那&娘を第一に考えるようになり、
一件落着だと思ってたんだけど、実は私の不倫は
バレてないと思ってのにすっかりバレてて(我ながらすごい間抜け)
不倫終了から数日経ったある日、旦那から証拠と一緒に
離婚届を突きつけられて一気に頭真っ白になった
だいぶ前から離婚に向けて動いてたらしく、
自分でも目を覆いたくなるような画像やら生々しい音声やら
報告書の内容もぐうの音も出ない真実だらけ

娘が私に冷たかったのは、てっきり思春期のせいだと思って
そのうち元通りになるとさほど気にしてなかったけど
実は私の不倫を知ってて怒ってたからだと聞いてさすがに震えた
もう別れたと弁解したけど不倫していた事実そのものを責められ
取り付く島もなく離婚を迫られどうしようもなくただただ号泣

ウトメにはキレられ、母親には泣かれ、父親には頬を引っ叩かれ、
旦那にはものすごく冷たい目で見られ…
正直あの時の旦那の冷たい目が一番堪えたと思う
娘は私ではなく旦那の方に付いていくと宣言してると聞かされ、
旦那だけでなく娘にも嫌われる恐怖で本気でガクガク震えた
パニックになりどうしていいかわからず本当に泣くしかなかった
結局、謝罪に謝罪を重ねて離婚だけは勘弁してもらった

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

senior
645: 名無しさん@おーぷん 2016/10/16(日)20:25:12 ID:ZvR
何気なく爺ちゃん達の立ち話に付き合ってたら、内容に驚愕した

自分の住む土地はよそに仕事に出る人の多いベッドタウンな田舎
新快速が止まる駅で徒歩10分くらいのとこだ
大地主の1人が亡くなったので相続の為に今まで駐車場にしてた土地を半数以上売ることになった
借り主のほとんどはマンション族で複数車所有のご家庭…付近の駐車場はほぼそこの家の駐車場だった
持ち主が違う駐車場は競争相手が少なくなったことを良いことに便乗値上げ
今まで地主のじいちゃんは施設に入って実質空き家だったので爺ちゃんのお屋敷&蔵は取り壊し、貸し駐車場に変身することに
が、ここで一問題発生
敷地内同居してた息子さんの家にでかい仏壇が入らない
ので、数年前に建てたばかりの息子さんちは仏壇が入る家を建て次第取り壊すことに…勿体ない
爺ちゃん達の話だから話半分に聞いても相続税2億ってことはそれなりに払わなきゃいけないんだろうな
だからこんな街の風景が一変するほどのことが起きてるんだろう
まともに相続税納めてたら三代でお家が潰れるわって言葉が衝撃的だった

日本中どこにでもある話なんだろうが…相続税怖い(継ぐものないけど)

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

rinjin
89: 名無しさん@おーぷん 2017/11/02(木)19:08:39 ID:guX
スレチならごめんなさい。

隣の住人が頭おかしい人で苦しい。
ベランダに出る大窓を開け閉めするだけで玄関を物凄い勢いで叩く。出てこいだのうるせぇだの暴言。
キッチンで水を出せば異常な壁ドン。あと壁越しになんか叫んでる。
とにかくありえないくらい神経質なのか、普通の生活音で凸ってくる。
無視しているとずっと続く。
警察呼ぶと逃げる。

引っ越して最初の頃は謝ってたけど、凸ってくる回数が多すぎて相手にしていられない。
だけどこぇえ・・・

私20代女
隣30代くらいの男見た目売れないロッカー革ジャンにロンゲ

引っ越して3ヵ月なんだが、こんなことが多すぎて怖くて家に帰れない。ほぼ友達のとこにいる。
管理会社にも警察にも相談すみ。
何も解決しない。
それどころか酷くなる。

ノイローゼになりそう。
ちなみに私から大きな音を出したりわざと嫌がらせするとかはない。
掃除機かけると怒り狂うから部屋の掃除も出来ない。怖い。
凸られたら出ていくべきなのか?
刺されたり殴られたり罵倒されたりされそうで怖い。家に帰れない。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

anzai
282: 名無しさん@おーぷん 2016/07/19(火)01:27:21 ID:ZSz
子どものころの衝撃体験。
フェイクありだし、記憶がおぼろげなところもあるので変だったらごめんなさい。

小学生のとき、すごく優しい生徒指導の先生がいた。
何か悪いことをした子がいたら、叱るんじゃなくて諭す。
私が特に覚えているのが、音楽室の黒板が落書きでめちゃめちゃに荒らされた時のこと。
掃除当番だった私たちがそれを見つけて先生に連絡。
子どもの数も多いし犯人なんか分からなかったんだけど、その先生は黒板の隅に
「誰でしょう。君たちはとても良い子たちです。それなのに、とても嫌な言葉を黒板に落書きして。」
「良いことではありませんよね。悪いことをすると誰かが悲しみます。今、先生はとても悲しい気持ちです。」
みたいな事を書いてくれた。すごくきれいな字の縦書き。
それ以来落書きはなくなって嬉しかった。
いつも穏やかに微笑んでいて、皆その先生のこと好きっていう印象。
もちろん怒る時もあったんだけどね。

でもある日、その先生が学校に来なくなった。
不思議に思っている内に親が学校に集められたり、テレビに校長先生が出てたり。
すごく学校中があわただしくなったことを覚えている。
まあ、早い話、先生が逮捕されていた。
しかも罪状が恐喝だった。
当時は恐喝なんて言葉よく分かってなかったけど、母に「怖い言葉で脅すことだよ」と言われて心底たまげた。
え、生活指導の先生だよね?嫌な言葉で黒板が荒らされた時、なんとかしてくれた先生だよね?みたいな。
おまけに、これはもうちょっと年齢が上がってから教えてもらったけど、余罪に性的なものもあるというあわせ技。

あのすごく優しそうな先生が…って思い出すとあの黒板の優しい字も思い出されて、すごく複雑な気持ちになる。
「何でそんな事を」とか「先生なのに」とか「あの言葉は嘘なのか」とか。
人って言うのは見た目では分からないし、裏で何考えて何やってるか心底分からない、得体の知れないものなんだって学んだ体験。
ふと思い出して、何か怖くなって吐き出してみた。
長文乱文ですみません。

この記事の続きを読む >