鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:恐怖

 (0コメント)

245

986: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/24(金) 21:38:37 ID:FHqyCx9c
彼氏がバツイチ子持ちだった 子供は奥さんが引き取ってるし、
別にそれは気にして無かったんだけど、初めて彼氏の家に遊びに行った時
彼氏のお母さんが凄く歓迎してくれて、打ち解けてよかった~と思ってたら
彼氏とお母さんによる元奥さんの悪口が始まった
いかに酷い女だったかを言う事で彼氏は悪くないって風にしたかったんだろうけど
悪口内容とその行為にどんびき
さらに、その夜彼氏からオカンがお前の事気に入ってたよ、
お前となら結婚して同居しても上手くいきそうだって!とメールがきて、
何故か結婚したら自動的に同居だと決められていている事に恐怖を感じ、冷めまくりで別れた


この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード (30)

705: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/20(水)07:44:07 ID:BD9
昨日彼氏に聞いてきた。
やっぱり目の錯覚じゃなく、本当に入れ墨をいれてたみたい。
聞いたら「ああ、30万以上かかったんだ。」だって。
普通に笑ってた。
私も蝶のタトゥ彫ったら絶対似合うと思うって言われた。
もちろん断ったけどすごくしつこかった。
そういうのは自分の体だけにしてほしい。
でも足に私の名前を彫るつもりなんだって言われたときには目眩がしたよ。
納得してくれたかは分からないけど何とか彼氏を言いくるめたと思うしかない。

帰ってから彼氏から背中の写メが送られてきた。
何て言うのかな、蝶とか人とかじゃなくて海草が蠢いているような模様が背中に貼り付いてた。
写真は即効で消した。

いい人だったけど、無理かもしれない。
初めての彼氏だったのに。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

ダウンロード (30)

98: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/13(水)09:58:21 ID:aIL
宅配の人が怖い。
ピンポーンピンポーン「○○さーん」ダンダンダン(ドア叩く)、これをセットで五回くらい
正直手が離せなくてすぐには出れそうにないから居留守を使ったら電話掛けてきた。

携帯電話のバイブ音で居留守とわかった宅配業者、更に激しく
ピンポピンポピンポーンピンポンピンポーンダンダンダンダンダンダン「○○さぁぁあーん!」ピンポーンピンポーンダンダンダンガチャガチャガチャ(ドアノブこじ開けようとしてる)ピンポーンピンポーンダンダンダンダンダンダン(以下1分くらい続く)

あのさ、そんなことされて出るやつがいるか!?

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

0820b0f6

422: おさかなくわえた名無しさん 2018/08/07(火) 23:00:46.84 ID:DEX1gky+
会社の駐車場に、大型犬のグレートデンよりひとまわり大きいサイズの猪がいたので、知り合いのマタギさんに罠を張ってもらった
翌々朝、罠になにかかかってた。三びきの瓜坊だった。大きさはみんな豆柴くらい。
そんな小さいのに、ブビブヒいって、クソ重い檻が揺れるくらいガチャンガチャン体当たりしてて、小さいながらも檻なしで対峙したら負けると思ったこと。野生を感じた。
初めは、瓜坊可愛いなんて思ってたけど、農作物は荒らされるし、ご覧の通り小さいのに力有り余ってるし、全く可愛いさはなくなった。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

ダウンロード (42)

93: おさかなくわえた名無しさん 2018/08/01(水) 00:48:21.46 ID:USl8ApYj
小3のとき、父親が蒸発した
多分サラ金に手を出して回りきらなくなったような感じ
もしかしたら女もいたのかもしれない
母親がパートから帰ると私と弟を軽自動車に乗せて、父がよく立ち寄っていたお店や施設に何度も回って、母が駐車場でお店の人に写真見せて何か話してるのを車内から見てた記憶がある
で、そんなことが二週間くらい続いたある日、母はメモに毎朝父宛の手紙を書いて玄関やポストの目につくところに貼ってからパートに行ってたんだけど、その日からしなくなった
夕方、探し回りにも出かけなくなった
異様な雰囲気でなにも聞けず、その翌日に「お父さん、探さなくていいの?」と聞いてみたら、母はものすっごく普通の、普段通りの顔と声のトーンで
「誰の話?」
と言った。なんか怖かった
それからは父は存在しなかった扱いになったんだけど、何度か弟も私も「お父さんは…」と話しても、母は本当に嘘みたいに本当のような顔と声で
「やだ、何の話?あんた大丈夫?」
とか、まるでこっちが作り話してるみたいに返事をした
うまく言えないけど、人間ってバグを起こす生き物なんだな、みたいなことを知識より先に実感して怖くなった記憶が今もはっきりある

この記事の続きを読む >