鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:怪奇現象

 (0コメント)

oka
972: 名無しさん@おーぷん 2017/06/29(木)16:15:43 ID:Wrs
大学時代、地元の仲のいい友人Aと共に上京し2DKのアパートで一緒に暮らし始めた。
ふたりとも親から学費だけは出してもらえたけど、生活費は自分たちでってことだったので
あちこち探して見つけた古いアパートだった。
間取りは「円」の字のような感じで同じ広さの6畳2間をそれぞれの部屋にして
円の下半分の部分にあるDKを共用スペースに。
大学やアルバイト先は別々だったけど、毎日が合宿みたいで楽しく暮らしてた。
でもそれも最初の3ヶ月ぐらいまで。
しばらく経つとAが変なことを言うようになった。
「トイレに入ってる時、いちいちノックせずに自分も入りたかったら待っててよ」って。
2人暮らしだし小さなアパートだし、トイレに入ってたら分かるからノックなんかしてないって言うと
「やってんじゃん、それもいつもしつこいし」って。
してないって言っても「2人暮らしなんだからあんたしかいない」って言われて
Aが言うには、その証拠に私が外出中にはそういうことがないらしい。
だから間違いなく私だ、認めろ、と。
それでしばらくギクシャクしたんだけど、AはAで尻尾掴んでやろうとしてたらしくて
ある時、ノックされた瞬間にトイレから飛び出したら私はゴミ出しで外に出てて
それで漸く冤罪が晴れたんだけどAがもう手が付けられないぐらいに取り乱した。
引っ越したいって言うんだけどなんせ先立つものがない。
それに正直言って私は普通に何もなく快適に暮らしてたから
私自身には引っ越しまでする理由がなかったんだ。
でもどうしても引っ越したいっていうし、Aがいなくなったら私ひとりで家賃払えないし
どうしようって迷ってるうちにAは勝手に別の友達のアパートで一緒に暮らすことを決めてきてしまった。
それで慌てて探して、どうにか安いワンルーム見つけて私も引っ越し先が決まり
更にギクシャクした中でふたりとも荷造してアパートを出た。
しばらくしてAから「なんのつもり!?私が何をしたの!?なんでこんなことするの!?」と
意味不明の罵声の電話がかかってきた。
荷物の段ボールの中に長い髪の毛がごっそり入っていたそうだ。
いやいや私の髪の長さ知ってるじゃん。スポーツやってたからずっとショートカットだし。
そう言っても美容院かどこかで仕入れてくることだってできる!って完全に疑われてたけど
そうまでして嫌がらせする意味が分からない。
とにかく私じゃない!って電話を切って、そのまま着拒した。
それからAとの接点はなかったんだが、大学卒業間近に地元で偶然再会したときAの方から
「あれは私子じゃなかった。ごめん」って謝られた。
引っ越し先の友人宅では更にエスカレートして、トイレノックはもちろんだけど
誰もいないのに衣類を引っ張られたり、変なことばかり続いてその友人とも上手くいかなくなって
心を病んで大学をやめて地元に戻ったそうだ。
しばらくお寺で生活してたこともあって、やっと変なことは起きなくなったって言ってた。

同じアパートに住んでて何故Aだけがそういう目に遭ったのか不思議だし
もしかしたら別の何かの病気だったのかなとか色々思うことはあった。
Aが怖い思いをしたのは理解できるが「また前のように仲良くしてよ」って言われたけど
色んな意味で正直ちょっと難しい。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

21

61: 名無しの心子知らず 2012/09/21(金) 16:54:11.40 ID:gwIr6tFd
セコい泥棒…だと思われる。蒸し暑い夏の怪奇現象みたい。


私と娘のA香(当時4歳)が近くの公園に行くと、
男の子(以降 B太)を連れたキチママが居た。

公園に着いてA香がブランコに乗ってたら、
B太がブランコこいでるA香の目の前に来て
そのままA香が蹴っちゃったのね。
そうしたらキチママが「ぎゃー! うちのB太になんてことしてくれるのよー!!」と発狂。
納得いかなかったけどこういう親には
あんまり攻撃的な言い方すると逆効果だなーと思い、
「B太くんごめんね、ヒザ擦りむいてるから
私の家で絆創膏貼ろっか」と言って、
キチママはたぶん絆創膏一枚分得したと思ったんだと思う。
すっごく機嫌よくなって私の家に来た。

私の家は一軒家で、庭に水道と金魚用の池がある。
水道は珍しくないけどね。
それで庭の水道で傷口洗って絆創膏貼ってあげた。

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

20140707_2a3f83

432: 本当にあった怖い名無し 2005/11/08(火) 22:24:35 ID:bn8JM1580
我が家で起きた洒落にならない話

私がまだ実家で生活していた頃、度々金縛りや怪奇現象に合っていました。
ある日の晩、ベッドの上で本を読んでいたときでした。 

突然身体が引っ張られ、ベッドから落ち、そのままドアの近くまで移動。
ビビリながら足元を見ると、ドアから異様に長い腕が生えているのです。
しかも私の足首をしっかり握っているんです。

コレはやばいと感じた私は知っている限りのお経を唱え、死んだひいばあさんに助けを求めました。
それでも足を掴まれている感覚は無くなりません。じりじり引っ張られ、
足の裏にドアがあったたところで気絶したのか、気がついたときには腕はありませんでした。

まだ外も暗かったので寝なおすことに。そしてウトウトしはじめた時でした。
隣の妹の部屋からものすごい家中に響きわたる絶叫が・・・!
もしや、さっきの腕?そんなことも頭に浮かび、ベッドの上でプチパニックに陥っていました。

程なく父親が妹の部屋に着き、「何だこれは・・・」という声が聞こえました。
父に呼ばれ、行って見ると。妹はベッドの上で泣いていました。
片足が3倍くらいに腫れ上がっていました。

すぐに救急車で病院に運ばれ、下された診断は複雑骨折。
妹はベッドの上で寝たまま、足の骨が砕けてたのです。

「女の人がものすごい力で足を掴んだ。」妹は父にそう言ったそうです。

その話を聞いて、ハッとした私は自分の足を見ました。
私の両足首には手形はついていませんでしたが、10センチ幅くらいの水ぶくれがありました。
そして妹の足にも同じものがありました。

すみません、続きます

この記事の続きを読む >

 (15コメント)

25

61: 名無しの心子知らず 2012/09/21(金) 16:54:11.40 ID:gwIr6tFd
セコい泥棒…だと思われる。蒸し暑い夏の怪奇現象みたい。


私と娘のA香(当時4歳)が近くの公園に行くと、
男の子(以降 B太)を連れたキチママが居た。

公園に着いてA香がブランコに乗ってたら、
B太がブランコこいでるA香の目の前に来て
そのままA香が蹴っちゃったのね。
そうしたらキチママが「ぎゃー! うちのB太になんてことしてくれるのよー!!」と発狂。
納得いかなかったけどこういう親には
あんまり攻撃的な言い方すると逆効果だなーと思い、
「B太くんごめんね、ヒザ擦りむいてるから
私の家で絆創膏貼ろっか」と言って、
キチママはたぶん絆創膏一枚分得したと思ったんだと思う。
すっごく機嫌よくなって私の家に来た。

私の家は一軒家で、庭に水道と金魚用の池がある。
水道は珍しくないけどね。
それで庭の水道で傷口洗って絆創膏貼ってあげた。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

no title

432: 本当にあった怖い名無し 2005/11/08(火) 22:24:35 ID:bn8JM1580
我が家で起きた洒落にならない話 

私がまだ実家で生活していた頃、度々金縛りや怪奇現象に合っていました。 

この記事の続きを読む >