鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:怖い話

 (1コメント)

no title

591: おさかなくわえた名無しさん 2012/03/26(月) 00:01:46.47 0
そういえば自分の職場の客が目の前で脳梗塞を起こして修羅場だった 

ちょっとソファーで待ってもらってたんだけど、順番になっても来ないから居眠りしてるのかと思って 
もう一度見たら、本当に寝てる 
声をまたかけたら、本当に熟睡してて…でも上手く言えないんだけど、見た目は寝てるんだけどものすごく 
怖くなって、救急車を呼んだ 

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

outoo1
205: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/27(日) 05:05:22.53 ID:QOVsbQ/5P
うちの実家は蕎麦屋なんだけど、
俺が小さい頃に1年ぐらい住み込んでた元ヤクザの丁稚さんの話。 

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

no title

422: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/02(日) 02:04:24.63 ID:cxGlOXp20.net
さっき、他のスレにも載せたんだが この体験についての意見を聞きたいので 
ここにも挙げて見ることにした 


ことは3日前の晩に起こった 

単にレコーダーのメカトラブルと言えばそれまでだが それにしても気になるのは不具合の内容とタイミングだ 
その日は夜になっても蒸し暑い熱帯夜、放送していたホラー映画「呪怨」を見ていた 

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

imgres のコピー 2

458: おさかなくわえた名無しさん 2014/06/30(月)16:04:39 ID:WG8VexHjM
私の娘が9歳のとき、押し入れをじーっと見ていることが多くなった。旦那も姑もそれに気がついていて、娘に何を見ているか聞いてみるが「たーくん」としか答えない。
ただひたすら押し入れを凝視しながらニコニコしている。その押し入れを見ても特に変わった様子は無い。

ある日、姑が「ねぇ、嫁ちゃん・・・」と神妙な顔をしながら話しかけてきた。
娘があの押入れのある部屋で誰かと会話しているという。初めは私と会話しているのかと思ったそうだが、
部屋を覗いてみると誰もいない。またしても押し入れに向かって微笑みながら何かを見ている。

以後、私 姑 娘の会話。

私「娘ちゃん、誰と話してるの?」

娘「たーくん」

姑「たーくんはお友達なの?」

娘「出られない子なの」

私「出られない?」

娘「うん、出られない」

いよいよホラー的な何かを感じた私と姑は、旦那の帰りを待ち押し入れの中を隅々まで調べて貰うことにした。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

0006_000746

87: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/30(日)02:05:56 ID:o9DzHYcBp
うちの会社には、滅多に鳴らない電話機がある。
今よりも部署が多かった頃の名残で、回線は生きているものの
発信する事もなければ、着信もごくたまに間違い電話がある程度だった。

この記事の続きを読む >