鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:後輩

 (3コメント)

f00014b6
439: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)11:17:47 ID:KtT
職場のプロジェクトで反省会があって
そこで後輩がほかの連中から
「なんで作業が遅れたのか理由を言え」と言われてた
(今後同じことが起きないように対策を練るため)
そしたら後輩は「言えません」と言った

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

310

695: 名無しさん@おーぷん 2015/12/12(土)08:34:56 ID:o0i
1年前の話だが、俺は勘違い男ってやつだったんだと思う。
職場の後輩がコーヒーを持ってきたりバレンタインの日には手作りのマフィンをくれたり俺の出社時間に合わせて来たりしてたから完全に俺に好意があると思い込んでた。
今思えばコーヒーやマフィンは課の全員に配ってたし出社時間なんてみんな同じなんだから被って当然だとわかるのに。
(そんなにあからさまにアピールしてたら周りの奴らにからかわれるだろうが・・・)とか思いつつも悪い気はしないから食事に誘ったり後輩の誕生日にはネックレスや指輪をプレゼントしたり。
けどなかなか俺に告白して来ない。
(もうほとんど付き合ってるようなもんだけど、もしかして俺からの告白を待ってんのかな?)と考えた俺は仕事が終わってから後輩を会議室に呼び出した。
「君の想いは俺に伝わってるよ。俺の彼女になりなよ。」と言うと後輩号泣&嘔吐。
(えっえっ喜び過ぎ?にしても嘔吐とか引くわー・・・)と思ってたら、
「もうつきまとわないで下さい!迷惑なんです!私結婚してるんです!あなた気持ち悪いんです!」とガーッと言われた。
「私何度もプレゼントもらっても困るからやめてとか結婚してるってはっきり言いましたよね!?耳聞こえてないんですか!!あーもう本当に気持ち悪いんですよあなたはぁぁぁぁぁ!!!」ってなんかヒステリックでビビった。
ちなみに俺は聞いてないと思う。
あの頃はおれも勘違い男で迷惑かけたと反省してるけど、断るならちゃんと断ればいいのにとスレタイだった。

この記事の続きを読む >

 (24コメント)

88

815: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)14:59:57 ID:L1A
付き合ってなくても可だよね。
ものすごく好きだったけど冷めた。

職場で知り合ったイケメンの後輩と色々あってご飯食べに行った時ワリカンだった。
レジの50代くらいのおじさん店員に
「兄ちゃん男なら女に奢ってやるくらいの甲斐性見せな!」
って言われたら
「本当に結婚したい子以外奢るなって親に言われてきてるので(にっこり)」

彼の家は結構なお金持ちだと聞いていたけど、それも帝王学みたいなものなんだろうか。
でもデリカシーの方を先に教えといてほしかったな、と一気に冷めた。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

images (1)

972: 名無しさん@HOME 2013/05/12(日) 21:54:23.05 0
流れ切って。

妊娠中、職場の後輩に階段から突き落とされた。
幸いにして、お腹の子供は無事だったけど、私の頭にはなぜ!?という二文字しか浮かばずパニック。
後に、後輩と後輩の母親、私の夫、会社の上司を交えて話し合いを持ったときが修羅場。
なぜこんなことをしたのかとたずねても、後輩はだんまり。
代わりに母親がしゃべるしゃべる。
「私はこんな子いらなかったんです」「こうして私を困らせるのが好きなんですよ、この子は」
「上のお姉ちゃんたちは、いい子ばかりなのに…この子だけは生まれたときから躓いてばかりの人生だわ」
夫が顔をしかめてたしなめても、まだしゃべる。すると後輩が突然叫んだ。
「お母さんは私をいらないって言うけど、先輩はそんなこと言わなかった!」
「先輩は、初めて私を認めてくれた!!すごいって言ってくれた!!」
「本当の妹より可愛いって言ってくれたのに、どうして私を置いて辞めちゃうんですか!」
「そのお腹の子がいなくなったら、会社辞めませんよね!?」
と、わんわん泣く後輩を呆然と見つめることしかできなかった。
警察沙汰にはしないが、二度と近づくなと念書と慰謝料で片をつけた。
彼女は精神科に通院することになって、その後はわからない。
仕事をもできて、優しくて明るくて、本当に可愛い後輩だと思っていたから、すごく落ち込んだ。
今はもう、彼女がどこで何をしているのかもわからないけれど、あの母親からは逃げて、幸せなことを願ってる。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード

428: おさかなくわえた名無しさん 2012/02/22(水) 23:25:24.53 ID:WkGutCmA
色々、相談に乗ってた後輩のお話。

当方、大阪のとある専門技術職の大学出身。
俺が上京して来てから、数年遅れてその大学の後輩が技術職に就くために上京。
色々、相談に乗ったりご飯に連れて行ったりしていた。
俺も後輩も仕事が軌道に乗りはじめたあたりで、急に後輩が辞職。

まぁストレスの多い世界だし、あまりズカズカとブライベートに踏み込むのもどうかと思ったので、そっとしておいたのだが、先日その後輩からの電話で理由が判明。

警察官僚の彼氏が出来た。
すでに結婚するつもりで、自分は夢を諦めて彼氏を支えることにした。

そこはまだ理解できる。

問題はまだ付き合って二ヶ月かそこらって事。

その後輩にとって、大学時代からずっと夢見ていてようやく手に入れた職も、将来安泰な彼氏を捕まえるためには、簡単に諦められるって事実に愕然とした。

色々相談に乗っていた時間を返して欲しい。

この記事の続きを読む >