鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:強盗

 (2コメント)

goto
431: 名無しさん@おーぷん 2016/07/30(土)15:13:07 ID:alh
母から聞いた人の話が衝撃的すぎた
母の上司さんが「勤めてた会社の給料だけじゃ生活費が足りない」って夜にコンピニでバイトしてたらしいんだけどそのコンビニは治安が悪い地域にあった。
治安が悪いからチンピラも多くてある日にナイフ持った強盗(?)が入った。そしたら母上司さんナイフ素手で掴んだ…。
本当は抵抗するなって教育されてたけどつい手が出ちゃったそうな。母談だが上司さんはすごく大人しくて優しそうなおじさまだったらしい。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

44

186: 名無しさん@HOME 2011/10/07(金) 13:44:50.25 0
まとめ読んだら誤任意同行ネタあったので俺も投下、流れは読まぬ

当時パチンカスだった俺は、仕事帰りに好きな台をチョロチョロ打って遊んでた。
何の変哲もない都市部のチェーン店の、何百台ってある台に座った何百人って客がいる中でだ、なぜか俺に声をかけるスーツのおっさん登場

おっさん「警察だけどちょっといいかな(ニッコリ)」

なんだよ俺なんもしてねーよと思いながら、駐車場の警察車両(覆面)にホイホイついていく。
ちょっと署でお話しようねー、と最寄りの警察署に連れていかれ、何の抵抗も出来ず取り調べ会場へ。

なんでも、そのパチ屋からも警察署からもずいぶん離れたコンビニで起きた強盗事件の捜査なんだと。
そのコンビニの場所聞いて(はい冤罪www入ったことすらねえよその店www)と俺余裕綽々で尋問タイム突入。

防犯カメラの画像とか見ても明らかに俺じゃない。犯人は標準体型、俺チビデブ。なんで間違えたの?ねえなんでなんで?ってトントンしたくなるほどの別人。
結局、存在しない罪状を追求しきれず解放の運びに。

修羅場こっから。
まず解放されるまえに指紋取られた。両方の手、五本指一本ずつ。日本一信用できる身分証明乙。
それから自宅に押しかけられた。「ちょっと部屋調べるだけだからwww」ってテメー警官じゃなかったら不法侵入じゃねーか
あまつさえタンスの中身や本棚のラインナップを直に手にとって確認される始末。 俺 の 恥 ず か し い と こ ろ 見 ん な

なんでココまでするんだ?誤認を認めたくないのか、それともここまでがマニュアルなのか?そんなにオレが怪しく見える?ウサばらし?
そもそもなんで俺に声かけた?アリバイどころか現場に近寄ってすらいない俺を、なぜパチ屋の人山から見つけ出せるほど判別できるんだ?
そのような疑問がモリモリ湧き上がる俺を尻目に、警察のおっさん達は去っていった。

取り調べそのものよりその背後、どんだけ無駄な情熱と無意味な労力を俺のために払ったのか、そのことに恐怖した
アレ以来警察は信用できない、っていうか「職に貴賎なし」の例外だと思ってる

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

images (23)
106: 名無しさん@HOME 2013/09/12(木) 21:56:08.18 0
流を読まずに投下。何処に書こうか迷ったけど、個人的に最大の修羅場なのでここに。

大学生時代にバイト先のコンビニに父が銀行強盗として乗り込んできた時が最大の修羅場。
現行犯で取り押さえられたけど、「おい!○○(俺)、なんとかしろ!」って叫んでた。
もちろんどうにもできないのでそのままお持ち帰り。
後から聞いた話だと「○○(俺)が働いてる店だから捕まっても許してもらえると思った」だと。 

この記事の続きを読む >

 (22コメント)

images
96: 名無しさん@おーぷん 2015/08/22(土)17:06:38 ID:QP6
わたしの夫は網膜色素変性症という病気なので、外出するときはサングラスをかけないといけません。
出先で夫とともにあるコンビニに入ったんですが、そこでまさにスレタイな出来事がありました。
入店してまもなく、店員さんがこちらにきて、
「店内ではサングラスを取ってください」と言ってきました。
防犯上の理由とか、いろいろあるのかな、と思い、目の病気の件を話しました。
すると、その店員さんははぁ~っとため息をついて、
「強盗犯はそうやって言い訳するんですよ、さっさと取ってください!」と語気を強めていってきたのです。
さすがに我が耳を疑って、「失礼じゃないですか?」と言ったのですが、
店員さんは「サングラスを取るか、退店するか、どっちか選んでください!」と強気です。
夫が、「もうでよう」というので店を出ました。
本社にクレームを入れ、謝罪をいただきましたが、今でもあの店には怒りが込み上げてきます。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

images (12)
56: 名無しさん@おーぷん 2015/05/20(水)16:52:08 ID:3Wh
最大かどうかはともかく修羅場だった話
当方20代既婚女性

私と夫はいつも駅と家の間をマイカーで通勤していました
その日は夫の帰りが遅くなる(=駅からタクシーで帰るか、改めて車で迎えに行く)ということで私一人が運転して帰ることになりました
少し遅い時間だったのですが、途中のスーパーに寄って買い物をしました

この記事の続きを読む >