鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:引っ越し

 (9コメント)

normjal
430: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)20:07:59 ID:EB7
友人に訴えられそうだった事がある。
昔の話だが、友人に引越ししたから手伝いに来てほしいと頼まれたので快諾した。
友人と俺と友人の嫁さん3人でアパートの掃除と荷造りをした。
その最中に俺が嫁さんに纏めたダンボール一箱を部屋の隅に運んで貰うように頼んだんだけど、箱を持ったまま転倒してしまった。
そのときの衝撃で嫁さんは流産してしまった。俺はそこで初めて嫁さんの妊娠を聞かされ焦った。
友人は異常なまでに俺に怒りまくり訴えてやると騒がれた。
いやいやいや妊娠を知ってたら荷物を運ばせたりしないよ・・・。
嫁さんは嫁さんで妊娠を知っていると思った、なのに荷物を運んでくれと頼まれたとき常識を疑ったと言ってた。
俺が知っている知らない関係なしに頼まれたらその場で断れよ。この嫁さんにもかなりモヤモヤ。

友人が嫁さんの妊娠を伝えた証拠もなければ伝えなかった証拠もないので長い揉め事になりそうだなと思っていたら
嫁さんが泣きながら「たぶん夫は妊娠を伝えてない。今までにも似たような事があって、言った言わないで言い争った事がある」
「私もこれくらい大丈夫だろうと荷物運びを承諾してしまったから自業自得」と謝罪してきた。
俺も知らなかったとはいえ大事なお子さんを殺してしまった事は事実。
僅かだが金を支払った。友人にではなく嫁さんに。
友人は最後の最後まで流産は俺のせいだと信じて疑わなかった。

後日判明したこと。友人は心療内科にお世話になっているらしい。
日常生活でも言っていることが支離滅裂で、嫁さんの流産後悪化していたみたい。
どうやら記憶を改竄しちゃっている事がしょっちゅうで、本気で友人は妊娠を俺に伝えたと思い込んでいたみたい。
悪化後、その改竄はヤバいレベルに。友人の頭の中では子供が小学生になった事になってる。(無事に生まれていても幼稚園年少のはず)
友人とは完全に疎遠になったが、嫁さんから近況を聞かされこれを知った。
俺は今でも子供を流産させてしまった罪悪感に苦しめられてる。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

keigo_main
246: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/06(水) 14:50:01 0
俺の前妻も、俺の留守中に嫁実家への引越しを勝手に済ませていたよ。

急に、たまには一人でハネをのばしてきてねと旅行のチケットを渡され 
感涙にむせびつつ出かけた自分がバカだった。

空港に迎えに来た嫁にいきなり嫁実家に連れて行かれ、今日からココで 
暮らしてねと言われたときは何のジョークかと思ったが…

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (21)
532: おさかなくわえた名無しさん 2016/05/13(金)03:29:27 ID:maQ
友やめスレの「引越しの手伝いを頼まれて…」という話で思い出したプチネタ。

大学生の時、期末のレポートを友達に手伝ってもらった。
理科だったので、大量の図表をほとんど書いてもらった。ありがたかった。
お礼に、何かおごろうか、プレゼントしようか、それとも時給を出そうかと訊いたら
友達はニヤッと笑って「体で返してもらおうかな」
ちなみに私も友達も女。
ビビる私に友達は「来週の×日の朝10時くらいに、うちに来てくれない?」

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

959

188: 名無しさん@HOME 2012/07/06(金) 08:52:51.88 0
俺も嫁にトレカを二箱捨てられたよ。
ダン・シャーリーとかいう教祖の捨てろ捨てろ教に染まっていた時期だったみたい。
しかも引っ越しのどさくさで間違えたとか言い出す始末。
あんな箱いっぱいの紙、どう間違えたら持っていってもらえるんだよ。
鉄道模型の人みたいには悟れなかったけどね。気持ちはわかった気がした。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

58

375: 名無しさん@おーぷん 2015/09/11(金)00:26:11 ID:vEx
成人した時に、家にある子供の頃の服やら捨てようとしたら母に泣いて止められた。
虫食いだらけの色褪せた古臭い服なんて人に上げれるわけないし、思い出なら数枚だけとっておけばいいって言ったんだけど、
絶対ダメ、捨てたら許さないと睨んで泣かれた。
でも引越の予定あるし、いくらなんでも衣類ボックス(大)3つ分は多すぎるし、
ちゃんと手入れすると約束してきても翌日には「なんのこと?」となるのがいつものことだしで
無視してゴミ袋に詰めてたら、
「昔の(私)ちゃんはこんなことしなかった」「優しい頃の(私)ちゃんは何処に行ったの」
「これは良い子だった(私)ちゃんの遺品だ」

遺品って言い方がなんかもうダメだった。
しばらくして落ち着いた母に、「興奮して言いすぎた」と謝られたけど
あれ以来母を母と思えない。母と同じ顔をした別人が母の真似事をしているようで気持ち悪い

この記事の続きを読む >