鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:店員

 (3コメント)

no title

792:おさかなくわえた名無しさん 02/12/15 19:54 ID:euioc8St
今日の接客中に会ったDQNを報告します。 
1・油 
爺様「油、どこにおいてある?」 
俺 「はい、何にお使いになる油でしょうか?」 
爺様「冷蔵庫」 
俺 「ああ、蝶番とかですね。じゃあ機械油のコーナーに…」 
爺様「バカもんが!冷蔵庫のどこが機械だ!!」 
俺 「…冷蔵庫は…機械です…」←つい口をついて出た 
爺様「冷蔵庫は電気製品だ!もっと勉強しろ!」 
その後おそらく店にいた店員全員に同じ事を言い、同じような反応と怒号が。

この記事の続きを読む >

 (16コメント)

no title

495: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/21(金) 03:20:21.80 ID:Szecbnwx.net
万引き犯と間違えられたことある。 
某ホームセンターで買い物を旦那としていたんだけど、臨月ということもありお腹を抱えながら買い物をしていた。 

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

532

809: おさかなくわえた名無しさん 2016/05/30(月)19:55:30 ID:0Ah
昨日の旦那の行動に腹が立って喧嘩になった。
2人で百円ショップに寄ったんだけど、レジの小銭置き場に5000円札が不足していますと紙が貼ってあった。
旦那はそれを見て、意図的に万札を出して5000円札を釣りでもらってた・・・
私は必ずしも協力しなくても良いという考えだけど、さすがに旦那の思考は性格が悪すぎる。

・5000円札を持っているが出したくない
・万札しかない
・5000円札が必要

ここまではわかるけど、旦那は店員の困った顔が見たい~なの。
5000円が足りないとは書いてあるけど、客に出せとは言ってないじゃん。そんな足りない状態でどう対応するのかね~。ここで対応しなきゃ店は潰れるよ~とヘラヘラ。
そうじゃない、そうじゃないんだよ。
旦那の言うことも一理あるのかもしれないけど、困った顔が見たいって何?

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

06
632: おさかなくわえた名無しさん 03/09/01 13:41 ID:ynwW7UhW
私がバイトしている本屋での出来事です 

レジで会計の仕事をしているとお客様から「奥の方で座り込んで 
本を読んでる人がいる」というのを聞いたので確認に行きました 
確かに二人の男性が座り込んで漫画を読んでいました。 
一応試し読みが出来るようにビニールがついてない本を1冊ずつ 
置いてあるんですが二人はビニールがついている新品の本を 
ビニールを破いてその辺に捨てて読んでいました。しかも本を 
折り曲げたり破いたりしていました。 私は「他のお客様に迷惑 
ですのでそのようなことはご遠慮下さい」と言ったのですが 
二人は「はぁ?俺たちも客だけどなんか文句あるの?」と言って 
座り読みを続けました。何を言ってもやめようとしなかったので 
店長を呼びに行き、店長を連れて現場に戻ってくると 
なぜか店内が騒がしくなっており、先ほどの二人が数人の強面の 
人に囲まれていました。よく見ると店の常連の893の方で私も話し 
をしたことがある人で「お前等こんなことしといてタダで済むと 
思ってないよな?」と床に散らばったビニールを指さして二人に言って 
おり、店長もこの方達と面識があったので一応「どうしたんですか?」 
と聞くと「こいつらビニール破いて漫画を読んでいたんだよ」と言われ 
店長が私に確認してきたので「はい、この人たちです」と言いました 
二人の顔は真っ青でこちらの方に助けを求めるような顔をしてきたので 
「買い取ってもらうしかないですね」と言ったのですが二人の持ち金が 
本の代金に足らず、急遽自宅に電話して親が呼び出されました。 
しばらくして父親らしき人がかけつけてきて「家のバカ息子が大変失礼を 
いたしました!」と頭を下げた後、二人に思いっきり張り手を食らわせて 
「お前等も謝れ!」と怒鳴りつけていました。その後男性二人と父親は店長と 
事務所へ行き、その場に残った私は「本当にありがとうございました!」 
と言った瞬間、他のお客様から拍手が沸き起こりました。 
893の方は「これからもなんかあったら相談するから呼んでね」と言って 
照れくさそうにレジの方へ行きました。それ以来その店では悪質な 
座り読みなどは無くなりました。893の方は今でもお店の常連です

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

1308114top
117: おさかなくわえた名無しさん 2006/04/18(火) 18:52:41 ID:7e1qNUDp
20世紀最後の大晦日。 

店内は大変賑わい、レジに10人ぐらいの行列が絶えないほどめちゃくちゃ忙しい 
昼さがりの事である。 
バイト君と一緒にレジに入ってた僕に、横から老婆が話しかけてきた。 
「すみません。ボールペン貸してください。」 
僕はすかさず「何に使うんでしょうか?」と尋ねると、 
「そこの旅行書に載ってる温泉の電話番号をメモしたいんです。」 
と、この時点で『終わってる』内容の事を話かけてきた。 
当然、「お客さま~。当店は本を展示する事を目的として営業しているワケでは 
ありませんので、そういう事はお買い上げになってからやってください。」 
と、丁重にお断りした。 
すると、この老婆は素直に引き下がって娘らしき女のところへ戻ったが、 
「貸してくれなかった・・・」「ボールペンぐらい貸してくれても・・ブツブツ」 
などと文句を言ってるのが聞こえた。 
その後その親子はしばらく旅行書を立ち読みしたあと、店内を一回りしてレジ前を通過して帰って行った。 
その時、レジがますます混雑してきたので集中してレジを打ってると、一緒にレジに入ってるバイト君が 
不思議そうな顔をしているのに気づいた。 
どうしたのか聞くと、「さっきの親子。そこの棚のところを曲がる時までは本を1冊持っていたのが見えてたのに、 
すぐ後にレジ前を通る時には何も持ってませんでしたよ。」 
慌ててレジを飛び出し、ダッシュで2人の跡を追ったがすでに消えていた・・・・。 

バイト君が言うには、その本はオレンジ色の表紙だったという。 
娘のほうが立ち読みしてた場所に平積みにしていた本だ。 
とんでもない親子である。 
本の内容を書き写せないのならば、盗んでしまおうってんだから・・・。 

この記事の続きを読む >