鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:帰省

 (2コメント)

36

669: おさかなくわえた名無しさん 2016/05/25(水)21:38:33 ID:j0Y
GWで帰省してた兄家族が帰る時に、持たせるお料理を母と色々作った
その中に栗ご飯があった
兄嫁さんに、自分達が持って帰る分のご飯をタッパーによそってもらった
他にこっちで色々やってたからそこはセルフで
で、兄たちが帰っていって、昼過ぎだったし母と残った栗ご飯食べようかって
よそったら、栗が一個もなかった
栗甘露煮の大きい瓶詰使ってたから結構な数の栗が入ってた筈なんだけど
本当に見事に一個も、栗がなかった
母と二人で笑ったけど、私ひそかにショックだったw 栗好きだし
いや小さいことなんだけどさ、栗ご飯の栗全部持ってくかフツー?
小さいことなんだけど、兄嫁さんそういう人だったのねと今ジワジワ来てるとこ

この記事の続きを読む >

 (11コメント)


1d623b98640a60f16bbf197e73301cfa

672: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/04(木)13:57:27 ID:F01
愚痴…
結婚してから二回目の正月を過ごしたけど、俺に両親はいないので今回も嫁実家へと帰省
嫁親戚も何人か集まってきて、賑やかな正月を過ごしたんだけど、俺としては疲れて疲れてしょうがない…
結婚する前は一人かあるいは気心の知れた人達と一緒に過ごし、誰にも気を遣わずダラダラと寝たりテレビ見てたりしてたのが、今や気を張りっぱなしで休みでもなんでもない
結婚するっていうことはこういうことだから文句言ってもしょうがないんだけどさ…
しかしこれからずっとこれが続くとなるとなぁ…
正直見ず知らずのおっさんと一緒に飲んでも何も面白くねーよ…
次からは帰省じゃなく旅行路線にでも切り替えられないか嫁にそれとなく提案してみようかなぁ

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

222

265: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/14(木)18:15:11 ID:Yv4
俺の母はメシマズじゃないんだが「熱いもの焦げたもの辛いものは体に悪い。玉子は1日一個」信者。
家で食うメシは全て冷めてるか、ぬるいもの。
焦げどころか焼き目がつくのも駄目。
カレーは辛いから駄目、ラーメンは熱い+塩分が多いから駄目、オムライスは玉子を使いすぎる+ケチャップが体に悪いから駄目。インスタントラーメンなんかもってのほか。
揚げ物は冷ましてから食うし、肉なんか脂が固まって白くなってるのを出す。
嫁と結婚して初めて、揚げたてのテンプラやトンカツを食った。
「店で熱々の食べたことあるでしょ?」と言われ「あれはお金を払って食べる特権で温かいんだと思ってた」と答えて呆れられた。
去年は新婚で、正月は俺実家に泊まった。
母は奮発してすき焼きを出してくれた。ぬるいやつを。
台所で作って、冷ましたやつを持ってきて卓上コンロじゃなくて新聞紙の上に置く。
さらにどんどん冷めていくすき焼きを、4人でモソモソ食った。
母は「大みそかはゆっくり食べるもの」信者でもあるので、ぬるいうちに全部食うことはできず
最後のあたりは脂が白く浮いて、食うのが苦行だった。
俺が独身の頃は大みそかは巻きずしの習慣だったから、ゆっくり食っても苦行じゃなかったんだがね…
嫁に恥ずかしくて申し訳なかった。
今年は正月は帰省しない方向でいきたい。
嫁は家でまったり希望だから、海外旅行に行くと実家に嘘報告するか、仕事が入ったことにするか…

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

no title
324: 名無しの心子知らず@無断転載禁止 2014/12/11(木) 07:38:39.67 ID:fQj1fg27
生後3週赤持ち里帰り中
実母が保健師
予防接種や健診スケジュールの相談ができるのはすごく助かる 

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

5545

537: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)14:02:25 ID:HHf
遠方の大学に進学、実家を離れた。
夏休みに帰省すると、なんと母が体調を崩して寝込んでいる。
父も母も少し妙な雰囲気で
「これはまさか、なにか重大な病気で、心配させないようにと隠しているのでは」
と不安になった。
「お母さん、何か大変な病気なの?」(私おそるおそる聞く)
「いや違う、大丈夫だから!」「何でもないから!」(超焦ってる父と母)
「信じられないよ、ほんとのこと言っでよぉぉぉうぇぇぇぇん」(私不安のあまり号泣)
で、覚悟を決めた両親が明かした真相が

「赤ちゃんできました。弟か妹かはまだ分かんないけど来年の二月か三月産まれます」

だった。
どうも、私が実家を離れた寂しさと解放感でいちゃついてたらできちゃった模様。
寝込んでいた理由はつわり。
妙な雰囲気だったのは、事実をどう打ち明けるべきか困っていたから。
…びっくりしすぎて「は?」とか「え?」くらいしか言えなかった。
この時母は40才目前、父は四捨五入で50才。
つわりも重そうだし高齢出産だし心配したけど、無事に弟が産まれて一安心。
出産後も母が過労で倒れたり色々あったけど、なんとか乗り切って今は平和。
弟(現在中学生)にどうも彼女ができたらしいと聞いたので記念にかきこ。
盆に帰省してからかってやろう。

この記事の続きを読む >