鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:居候

 (2コメント)

images (18)
110: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/08(金) 18:57:10.12
あんまり修羅場じゃないかもだけど。

義理実家には義父・義祖母と近所のおばさんAが住んでいた。(義母は早くに亡くなっている)
このAと言うのが私から見たらなんで義実家にいるのかよくわからなかった。
義祖母が言うには
旦那が早く亡くなって姑にいびり出された。でも実家には戻らない。
冬の寒い時期に納屋で寝ていたのでここで死なれたら困ると思い家に入れたらそのまま居ついた。
息子と娘がいるが姑と結託していて実母なのに家に入れようとしない。
息子娘のために義実家からパートで働きに出て息子達は無事に高校までは出た。
そしてそのまま「世話になったから」ということで家のことを手伝っている。と言うことだった。

しかし、Aは義父と同じ部屋で寝ている。傍から見たら「夫婦」としか見えない。
お互い、連れ合いをなくしているのだから別に籍を入れてもいいとは思うんだんけどそれは嫌らしい。
あくまで「住み込みのお手伝いさん」扱い。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

a4db6f85
159: おさかなくわえた名無しさん 2010/08/10(火) 14:23:54 ID:MM8K2Mow0
この時期になると思い出す、数年前の巻き込まれたっていうか自分から突っ込んで行った修羅場

俺男…当時大学4年、工学部、就職決定済、フツメン(だと思いたい)
彼子…俺男の彼女、幼馴染、短大卒業後某派遣会社に就職
上司A…彼子の上司、30代前半、さわやかイケメン

俺男と彼子は小さい頃からの知り合いで、高校の時から付き合いだし、当時5年目に突入した所。
交際は順調に進み、俺の卒業後に同棲開始→結婚と言うのが今後の予定(両実家も了承済み)。
彼子は俺の就職先(他県)に付いてくるので、辞めるの前提で派遣会社に勤めてた。

大学4年の夏の事
俺の研究が本格的に忙しくなってきた処に、同時に彼子の仕事も繁忙期に入り、会える時間が激減。
1ヶ月に2,3日にしか会えなくなってしまった。
で、ある日お決まりの別れ話を切り出される。
「こんなに会えない日が続くのは耐えられない」
「私より研究の方が大事なんだね」
「もっと私を大切にして欲しかった」等々
毎日メールとか電話はしてたし、会えない理由は俺が忙しいだけじゃないのに全部俺のせいになってたり、微妙に俺のやってる研究内容を貶めてみたり、
なんだかおかしいと思って問い詰めてみたら、「好きな人が出来たの」と白状した。
更に詳しく聞くと、相手は上司のAで、既に俺と別れたら付き合い始めると約束してあるらしい。
説得を試みるが、彼子の意思は固く失敗。

別れるのは了承したけど、彼子両親とは家族ぐるみの付き合いをしてたし、小さい頃からお世話になってたから最後に挨拶だけでもしたいと彼子に言ったら、
「アンタと私はもう別れたの!今更ウチの両親に媚売らないで!私が言っておくからそれでいいでしょ!」
ってキレられた。このセリフでもう俺には一切の情が無いのがわかってしまってかなり凹んだ。

物凄くショックだったけど、当時は本気で研究が忙しかったので、何とか気を紛らわす事が出来てた。
そしてそのまま卒業→他県へ引越し→就職と大きく環境が変わったことで、彼子に対する感情も少しずつ薄れていった。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

20060902122027
110: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/08(金) 18:57:10.12
あんまり修羅場じゃないかもだけど。

義理実家には義父・義祖母と近所のおばさんAが住んでいた。(義母は早くに亡くなっている)
このAと言うのが私から見たらなんで義実家にいるのかよくわからなかった。
義祖母が言うには
旦那が早く亡くなって姑にいびり出された。でも実家には戻らない。
冬の寒い時期に納屋で寝ていたのでここで死なれたら困ると思い家に入れたらそのまま居ついた。
息子と娘がいるが姑と結託していて実母なのに家に入れようとしない。
息子娘のために義実家からパートで働きに出て息子達は無事に高校までは出た。
そしてそのまま「世話になったから」ということで家のことを手伝っている。と言うことだった。

しかし、Aは義父と同じ部屋で寝ている。傍から見たら「夫婦」としか見えない。
お互い、連れ合いをなくしているのだから別に籍を入れてもいいとは思うんだんけどそれは嫌らしい。
あくまで「住み込みのお手伝いさん」扱い。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

00021

335: 名無しさん@HOME 2013/02/19(火) 16:36:20.00 0
ウトが死んだ時、半絶縁状態のトメが私達夫婦に、一人暮らしは心細いので
同居して欲しいと言い出した。
以前揉めた時に、トメ自身が私に対して
「私にはコトメちゃんが居るんだから、あんたの世話にはならないわ!」
なんて強気の発言をしてたのに、どういう心境の変化だ?...と思ったら
コトメの結婚が決まり、飛行機の距離へ嫁ぐ事になったらしい。
(しかも計画的出来婚らしく、結婚しないという選択はない)
夫は淡々と、今までトメが私にした仕打ちを挙げて、同居が無理だと説明。
お袋の顔を見たく無い。今日だって、親父の一周忌だから来た。これからも
法事以外で来るつもりは無い。と、とても冷淡に突き放した。
トメはみるみる落ち込んで、涙目で私に「あなたからも頼んで頂戴」って
縋ってきたので、何か言わなきゃ何か言わなきゃ...と焦り、
「コトメさんの嫁ぎ先について行けば良いじゃないですか!」
と、自分でも思っていない言葉が飛び出した。
トメが一瞬固まったので、うわ~余計な事言ったかな?と後悔したが、すぐに
ピコーン!と電球が灯ったみたいに明るくなり、
「あなたに言われるまで思いつかなかった。」
と、手を握られた。
初めてトメに感謝され、今までの事もきっちり謝罪された。
コトメは青ざめていたけど、めでたしめでたし。
早速、北国への移住計画がスタートしたらしい。
まずはコトメの嫁ぎ先に居候して、出産~子育てのお手伝いをして、ウトの
三回忌が済んだら義実家を売って、完全に移住するんだって。
コトメはトメの過干渉から逃れられると喜んでいたので、「余計な事を...」
と恨まれているみたいだけど、なんか上手く納まった気がする。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

65

277: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/16(木) 21:24:34.68 ID:AiUUAHC+
初カキコです。スレチだったらすみません。
私が小学5年生のときの話。

両親が家を購入し、ずっと夢だった一軒家に引っ越しました。
山の近くで虫がたくさん出るアパートに住んでいたため、綺麗な新築にウキウキ。自分の部屋ももらい夢のようでした。

引っ越して2週間、叔父(当時45歳)が家にやってきました。
「少し泊まるわ」と言い4カ月。
最初は仲良くしていたのですが、出ていく様子もなく、
それどころか一番風呂は叔父、物音で叔父が眠れないので20時を過ぎるとテレビ禁止、リビングで喋るの禁止(リビングの隣にある客間で寝ていた)
客間は汚すし、私や妹のお菓子は勝手に食べるわ最悪でした。

私はだんだん嫌になり、嫌がらせをするように。
当時ダイエット中だったので叔父が寝る頃を見計らいリビングでビリーのDVD、ルームランナー。
叔父は激怒して家を飛び出すものの、数時間したら帰ってくるので毎日繰り返し、
嫌がらせを続けて2か月、半年居候を続け、私と叔父の仲はすっかり嫌悪になりやっと出ていくことになりました。

今では私の名前を聞くのも嫌らしく、それ以来一度も顔を合わせていません。

叔父はただ新しい家に住みたかっただけみたいです。
もうすぐ姉の結婚式で会うので思い出しカキコ。

この記事の続きを読む >