鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:家計

 (10コメント)

ダウンロード (34)
429: 名無しさん@HOME 2013/11/19(火) 15:43:34.09 0
相談させてください。
夫40代前半 年収500万
妻30代後半 専業主婦
息子10歳
夫に、給料とは別の収入があったことがわかりました。結婚する前からだそうで、詳しい額までは口を割りませんでしたが、年に100万円は軽く超えているようです。
気付いたきっかけは、夫の携帯を見てしまった時、コトメとのメールで、夫が持っている株の話題があったからです。 

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

999

852: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/05(火) 09:49:35.85
どこにかいたらいいかわからんからここに書いてもいいですか・・

デキ婚で入籍して1年半、子供が1歳になるとこまで過ごしたんですが、日に日に嫁の人間性を疑うことが多くて・・・家事などはちゃんとするんですが・・・

まず結婚してから自分のお小遣いは1万なのですが、嫁がよく「お小遣いあるだけいいじゃんあたしないんだよ」と言います。
でもカードで1.5万の靴やオークションでよくいろいろ買っています。
それを言うと、「分割だからいいんだ」とか「たった3000円じゃん」とか言います。
元々我の強い性格なのですが、「あたしはよくてあんたはだめ」ルールが多くて毎回喧嘩したのですが、最後は絶対「あんたは社会のことや普通のことがわかってないお子さまなんだから話しても仕方ない」と一方的に話を切られます。
最近では私の稼ぎが少ないのを遠回しに言うように「今月も赤字だった」という割に「結婚式あげたい。早く考えてよ。私の気持ちも知らないで自分のことばっかりだね」と毎日のように言われます。
また、「家計のためにオークションでなんか売れ、私もやってんだから」としょっちゅう言われるのですが

嫁:家計からお金出して物を買う→うる→家計にもどす

は普通ですが、

私:お小遣いから買う→うる→家計へ

って流れになってる気がして、言うと「しょうがないでしょお金ないんだから」しかいいません。

震災の時も会社が酷いことになったので一週間休みになったのですが、震災の次の日から毎日「どこか遊びにいきたい。一日中家にいるなんてありえない、ショッピングモール行こうよ、そんなニュースばっかみて楽しい?」と言われてました。
さすがに怒りましたが、「だって暇なんだもん!休みなんでしょ?」と逆ギレされ続けたので、諦めました。


ほんとに何時の間にかこんな長文になってスレ汚しだったらごめんなさい・・・別れたいです。どうしたらいいか、なにからしたらいいか、そもそも私が間違ってるだけなのか・・・・教えてください。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

看護師の給料袋
643: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)10:29:11 ID:J4A
友人のA子、結婚と同時に仕事を辞めて専業主婦だった。
シフトがあって勤務時間が不規則な旦那さんの希望だったそうで、
彼女自身も専業主婦希望だったからwin-win(最早死語w)。
ある時友達同士で家計のやりくりの話になったとき
A子のところは何もかも旦那さんがやってるとの事だった。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

36-p1
244: 可愛い奥様 2013/06/08(土) 08:44:33.00 ID:dzflgqQw0
妊娠出産を機に仕事をやめた。
稼ぐ者が管理すべき という意見の一致から我が家は夫に家計をにぎってもらっている。
毎月一万の小遣いでは交通費や医療費や生理用品でほとんど無くなるから、
服やヘアカット代は自分の貯金から出してた。 

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

ダウンロード (3)

490: 名無しさん@HOME 2016/07/24(日) 08:33:03.13 0
生活費5万じゃ足りない?
夫婦二人に子供一人、嫁は妊娠中
光熱費など除く食費雑費で5万なんだが、嫁が後半になってくると厳しいって言う
米は実家から貰ってるのでなんとかなりそうだが、そうでもないらしい
で、実際余りもしないのに余ったお金は貯金用の口座に入れようと言う
俺の主張としては5千円余ったなら次の月の分は4万5千円を下せばいいと思ってる
子供のオムツやら服やらに金がかかるのはわかるが、食費は1日千円でどうにかならないのか
昼だって米はあるんだからおにぎりとかでもいい訳だし
ちなみに俺のお昼は俺の意向で弁当ではないが、たまに弁当をお願いする
おかずは冷凍含め6品程度で必ず肉系のおかず(唐揚げとかの他に)を入れて貰ってる
俺も節約して自分のビールやタバコや趣味程度の競馬の分、昼も500円以内と飲み物代くらいしか使ってないんだから頑張ってほしい
お互い小遣い制ではない

この記事の続きを読む >