鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:家族

 (0コメント)

cry

602: おさかなくわえた名無しさん 2018/12/29(土) 17:18:01.50 ID:0bptq98+
お互い地元同士で付き合ってた彼氏。
ある時、私が長期出張で半年ほど他の土地に赴任することになった。
彼は何度か私の赴任先に遊びに来て
私も彼も、この土地のすごく美味しい、とある銘菓を気に入った。

彼が何度目かに遊びに来た帰りに、新幹線ホームでその銘菓をお土産として渡した。
彼は実家住まいでご両親とお姉さんが一緒に住んでて私も面識あったので
家族皆さんで食べてもらえるようにと、それなりに量が入ってる箱入りで。

(続きます)

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (28)

563: おさかなくわえた名無しさん 2015/03/29(日) 10:24:00.30 0
兄弟全員実家を出て就職してるんだが、唯一結婚していなかった妹(三十路)から結婚の報告があり家族全員お祝いムード
半ば諦めてた両親の喜びはひとしおで、早速相手の実家に挨拶に行かなきゃだとか気の早い騒ぎになっていた
ところがその後数ヶ月、何度促しても進捗も状況の連絡もない
業を煮やした両親が妹の元へ訪問、即日俺に呼び出しの電話
呼ばれて嫁さんと行ったら妹がメンヘラと化していた
近所さん曰くずっと一人暮らしのままだったんだが、本人は旦那さんと二人暮らしのつもりで
部屋の中には片方使った形跡のない(嫁さんと母親判定)二人分の食器、クローゼットにも新品のままの男性服が多数
トドメに全く使った風のないプチ書斎的な部屋があって、妹が妄想の旦那と新婚生活を送っていたと知った時恐怖と気持ち悪さで吐きそうになった

今妹は退職させて実家に戻して精神科に通院中、ここまで壊れるまで気付かなかった云々で両親も大げんか
以上が我が家で昨年起こった修羅場
最大の修羅場と言うか恐怖を覚えたのは、夫婦(片方非実在)の寝室にベビーベッドがあるのを見た瞬間でした
以上ですスレ汚し失礼しました

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

new_29ff7976

297: おさかなくわえた名無しさん 2015/03/15(日) 13:10:53.83 0
携帯から失礼致します。
ようやく決着がついた離婚修羅場話です。

結婚後しばらくして義両親と同居になったのですが、とにかく連日いびられていました。夫に訴えても我慢しろの一点張り。義両親から「今日は家族だけで食事したい」と言われれば、私は台所に追いやられて一人食事、義両親と夫は別室で私の作った食事を食べていました。
私の両親は他界しており帰る実家は無く、頼るべき肉親は地元に1人暮らししている年の離れた妹一人しかいませんでした。心配をかけたくないと思っていましたが、また1人台所に追いやられた時、ついに泣いて妹に電話しました。
妹は「すぐそっち行く」と言い残し、地元の隣県のここまで車を飛ばして駆けつけてくれました。
妹は義両親と夫がいる部屋に突入。夫と義両親に「人の姉に何してるんだ!」と地元(修羅の国)方言で怒鳴りつけました。
ぽかんとしていた夫に詰め寄り、「お前の家族は誰だ!一番大事にしないといけない人は誰だ!」と凄み、夫が口ごもると「早く言え!」とスリッパでバシーンと殴打。
夫が何を言おうとも無言でスリッパではたく妹。止めに入ろうとした義両親も妹のあまりの剣幕と、響き渡る殴打音に怯んでいました。
妹は「姉は連れて帰ります。夫さんは姉を家族だと思ってくれていないようですので」と私の手を引いて脱出。
自分が情けなくて、妹の運転する車の中で何度も謝ると「昔お姉ちゃんが私に同じことしてくれたでしょ」とのこと。
実は他界した実父は母や私、妹に暴力を振るう人で、母は耐え切れず私達姉妹を置いて家を出て行きました。父は当時中学生の妹に怒りの矛先を向けたので、私は父の隙をついて妹を家から連れ出したことがありました。
その後紆余曲折あったのですが、もう10年以上も前のその時のことを妹はずっと覚えてくれていたそうです。妹の住むアパートに着くまで涙が止まりませんでした。本当に妹には感謝しています。
その後も妹にお世話になり、弁護士さんを入れて何とか離婚しました。今は地元でお互いに気ままな1人暮らしができています。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (5)

99: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/15(火) 17:23:06.01 0
病気や交通事故で母親、祖父(母方)、祖母(父方)の三人が一斉に長期入院を余儀なくされた。
父親は三兄弟なんだが、この兄弟は揃いも揃って祖母の世話を「これは女の仕事で俺には関係ない!」
と豪語し、長男(既婚)は嫁に、次男(父親)は娘の私に、三男(未婚)も前期の義姉と姪に押し付けた。
そして長男嫁はキレて実家に帰ってしまい、後に離婚した。
母方の祖母と父方の祖父はすでに亡くなってて、母親は一人娘で他に頼れる親族もなし。
私には兄がいたが、この兄も父親の血を濃厚に受け継いでて「俺には関係ない」と逃亡。
しかも兄は逃亡前に母親からもそれぞれの祖父母からもたんまりと金をせしめていた。
周囲には本当にろくでなししかいなくて、就職で上京しそこで結婚間近だった私が動くより他なかった。
仕事も辞めて三人に付きっきりになり、その後は介護もはじまり二年後に婚約破棄した。
元婚約者は待ってると言ってくれたが、申し訳なさすぎて私の方から懇願し別れてもらった。
慰謝料は受け取ってもらえず、それどころか後日私の実家に来て今後に役立ててほしいと高額の見舞金を持参された。
辞退したが元婚約者は「自分を愛してるなら受け取ってほしい」と引かず、結局受け取って貯金した。
それから三人を順に見送り私は三十路になっていた。
見舞金はまだ手付かずでいつか返したいと思ってるが、今さら私から連絡したって向こうにはいい迷惑だろう。
もう何もする気になれない、後は出来るかぎり周囲に迷惑かけずに一人で逝くだけ。
私にもきっと問題があっただろうが、父親や兄をはじめ親族に憎しみしか持ってない。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

2022

656: おさかなくわえた名無しさん 2017/06/18(日) 23:11:01.09 0
社会人一年目、家族の対応が激変して修羅場。

結婚にあたり結納金結婚資金親戚への連絡全部自分達でするよう言われた。
親子と言えど独立したら別世帯、大学まで出して社会に送り出した時点で親の務めは果たした、後はそれぞれの生活を第一に生きていくものと両親は言ってて、正論かも知れないけどあまりにも機械的だと思う。

年齢離れた兄と姉に上記を話しても「だから何?当たり前だよな?」という反応。
聞けば、就職結婚出産子供の入学などで親を頼るということはほぼ無かったらしい。
大人が他人を当てにした生活設計なんかするものじゃないと言うけど、身内相手というより社会人相手の距離感て感じでなんか急に遠くなった。
学生の時は頼れる親兄弟だったのに、就職したら掌を返されたような感じ。

この記事の続きを読む >