鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:家政婦

 (1コメント)

416

617: おさかなくわえた名無しさん 2008/03/07(金) 11:58:13 ID:T9IHOVgG
前の彼氏

一人暮しの彼宅から私の実家まで2時間以上かかるんだけど、
一度、彼が仕事で家の近くまで来たときに「電車で2時間なんて大変だよな。俺には出来ないよ。」
彼は掃除を全くしない人だったので私が彼がいないときに、彼の部屋を掃除してた。その時は、いつもありがとう。と言われて嬉しかった。
数カ月後、学校も忙しくなってきて彼宅にもあまり行かなくなった。ある日電話で
「お前が掃除しにきてくれないから俺の部屋がゴミ溜めになってる。」と言われた。
掃除しても3日で汚すし、喉元過ぎれば熱さ忘れてそんなこと言い出すのか。私は家政婦か。
交通費も食費も日用品もお金出して尽くすのが馬鹿みたいに感じた。
結婚も考えてたみたいだけど、こんな人じゃ無理だと思った。
私にお金借りてるのに少しも返そうとしないで「親に何か孝行したいからお前に返すのは後で良い?」とか…
最後まで返してもらえなかった高い勉強代だったなぁ…

この記事の続きを読む >

 (18コメント)

images

919: おさかなくわえた名無しさん 2008/06/01(日) 14:51:07 ID:BNiPFbci
彼女が料理を全然つくれない人だと知った時。

米も満足に研げない。
味噌汁のだしの取り方も知らない。
炒めものは弱火でやるからグズグズの半煮物。
揚げ物は温度が低いから衣がグズグズ。
煮込みものは鍋底で焦げて苦くて臭い。

結婚まで考え始めてたけど、
一気に醒めて逃げるように別れた。
彼女には相当恨まれて「私は家政婦じゃない」とか言われたが、
「男女平等だかなんだか知らんが
人並みのことすら出来ない女とは死んでも結婚したくない」と言ってやった。
「今から勉強する」と言われたが、
まともな料理が出来るようになるまで数年かかるだろうが。
冗談じゃねーよと思ったよ。
婚約する前で本当に良かった。

この記事の続きを読む >

 (14コメント)

gatag-00006380

779: おさかなくわえた名無しさん 2008/07/13(日) 20:51:25 ID:ezc6pw8O
前にテレビで見たんだけど、主婦の家事労働を全部プロに任せると月に70マソになるんだって。
朝のモーニングコールから朝食作ってとか細かいのモロモロで月70マソだよ!
その他には育児(授乳)なども加わると月120マソって言ってた。
もちろん妊娠・出産は日本じゃ人に頼めないから海外価格がプラスされるけど。
で、家に手間のかかるじーさん・ばーさんが居たら、一体いくらになるんだろう?
さすがにそこは言ってなかったけど。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

555

492: マジレスさん 2012/11/17(土) 10:26:36.72 ID:Qo9lW6BT
夫と離婚したくてしたくて仕方がない。
夫、私ともに34歳の夫婦。子無し。私は専業主婦です。
夫とは大学時代からの知り合いですが、3年前に結婚。
お付き合いしたのはその2年前から。
その夫の収入が少なく生活が苦しい、また私に対する愛情が無くなったので離婚したい。

夫は夜22時過ぎに自宅に帰ってくると疲れた疲れたと、私がうんざりするぐらいグチグチ言う。
日曜日ぐらいは一緒に話したりお出かけしたりスキンシップをしたいけれども、
休日になると趣味で子供の頃からやっているらしいフットサルに行ってしまい、私に構ってくれないです。
私ももう三十代で、すぐにでも子供が欲しいのに子作りにも全く協力してくれず……。

その事で今まで何十回も大喧嘩をして、「私は家政婦じゃないんだよ!なに、同居してるだけで
夫婦でもなんでもないじゃん! だったら実家に帰っても良いんだよ!」と思いの丈をぶつけるが
「たまの休みぐらい好きなことをさせろ!すぐに実家に頼るって言うな!」と怒鳴られ話し合いもできない。
生活苦も重なり、今の夫に対する私の気持ちは愛も情もなくなりつつある。
むしろ、世の中にこんなに嫌いな人間がいるのかと思えるほど。
(続きます)

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

01423
382: 名無しさん@おーぷん 2015/12/02(水)14:14:05 ID:yUi
元夫の話。

妊娠が分かって籍を入れた12月初め。
入籍して10日も経たない内に朝帰りや外泊をするようになった。

入籍した途端のこの行動に散々喧嘩にはなったけど
年末だから忘年会もあるし子供が産まれれば変わるでしょうとの
周りのアドバイスもあって耐えていたけど

自営業である元夫が仕事納めにやった忘年会で百年の恋も冷めた。

その忘年会には家族と従業員やその家族、親しい取引先の方で
毎年やっていたのだけど(結婚前は彼女として参加)
その忘年会で初めて参加する取引先の方に元夫が私を妻として紹介した。
そしてその方に「奥さんは働いてるんですか?」と聞かれた元夫の一言。


「いや、家政婦みたいなもん。」



百年の恋も醒めた。

この記事の続きを読む >