鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:家

 (5コメント)

gatag-00000519

197: おさかなくわえた名無しさん 2007/03/26(月) 19:24:01 ID:/AxYCzB5
知的で多趣味なのにそれがちっともイヤミじゃない2つ年上の彼女。
俺が湘南の風を聴きながら「レゲエっていいなあ」って言ったら
ボブ・マーリーからシャギーやTOK、FIRE BALLなんかを教えてくれた。
「最近R&Bが好きだ」って言ったら、マービン・ゲイのアナログを色々貸してくれた。
子供の頃から音楽が好きだって言ってただけあって
他にもいろんな人のいろんな曲を聴かせてくれて影響受けまくりだった俺。

先日、初めてその彼女の家にお泊まりさせてもらった。
彼女がシャワーに行ってる間にCDのコレクションを見せてもらってたら
ラックの一番下の段の端っこに大量にニュース(ジャニーズ)のCDを発見!
よく見ると同じCDの通常版・初回限定版をそれぞれきちんと揃えてある。
猛烈に冷めた。でもまだ付き合ってます。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

mi4987g
324: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/03(木) 13:41:06.65 ID:ysNeQ6C0.net
親戚のおっちゃんの家の話

親戚のおっちゃん(以下オジ・親父のいとこって何て言うのかわからん)は転勤族で日本のあちこちに家族で飛んでは暮らしてたが
とある所で昇格して転勤も無くなったので家を購入、しかしその後諸事情で降格してまた転勤となった
折角買った家だし手放したくないので貸すかと思ったが他人と揉めるのも嫌だったのでそのまま置いてた
しかし3年程経って息子を落ち着いた環境で受験&進学させたいのでそこに息子と嫁が住み、オジは単身赴任て事になった
その為その家の状態確認と掃除も兼ねてオジ一家揃ってその家に行った
玄関の鍵を開け、入ろうとしたが3年放置にしては小綺麗で埃も無い
オジは「まあ物が何も無いからそんなもんかな?」と思い玄関を上がってリビングに行ったら大小沢山のペットボトルと掃除道具が転がってた
「え?前に忘れたか?でもこんな物はあったか?」と疑問に思い、キッチンに行くと木の机とその上に布団に丸まって寝てる野生のおっさんが居た
微妙に部屋が臭い気がしたらおっさんが臭かった

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

9b94d9bd

755: おさかなくわえた名無しさん 2007/12/26(水) 18:21:34 ID:oSjt6xv2
特に部屋のインテリアに対してこだわりを持ってなくてもいいけど
普段「このジャケットは○○のだからさ~」とか「ちょっと、その靴にそのバッグはないと思うよ」
など、やたらとファッションに対してうるさいことばかり言っていて
本人もどこぞやのファッション雑誌のストリートスナップに載った事を自慢しているような人間だった彼

家(実家)に遊びに行ったら
畳の部屋に、ファンシーボックス?みたいな花柄のビニール製の20年モノのクローゼット
ベッドは2段ベッドの片割れ(上半分は兄の部屋)
大学生なのに、まだ小学校からの学習机(古びたドラえもんのマットも使用)
色々なところにビックリマンのシールがベタベタ

普通、オサレな人って部屋の中もある程度気を遣うんじゃないか?と
結局単に見栄っ張りなんだと思ってちょっと冷めた
(元々ファッションうんちくにもうんざりしてたところもあったので)

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

ecn15021711450008-p4

991: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/21(木) 10:42:38 ID:7d+FXP5H
私の醒められばなし。

彼女がキテキテキテーと駄々こねるので
退社してスーツ姿のまま彼女が棲んでいるワンルームマンソンへ直行。
扉開けたらエプロン姿の彼女が満面の笑みでお出迎え。
ニコニコ気分で靴脱いで部屋に上がろうとした瞬間
彼女の顔が般若に・・・・。
視線の先にあったのは
中年オヤジ&職人さん御用達「先割れソックス(カシミア100%)」

それから後は殆ど口きいてくれず黙々と湯豆腐。

結局、半月後に別れましたが
精神分析で言うところの「ラスコリニコフの斧」ってああいう出来事を指すのかな?

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

gatag-00009479

380: おさかなくわえた名無しさん 2008/03/01(土) 22:18:15 ID:rScmx5FD
流れ読まず冷め話。

いつも笑顔で優しくて、とにかく可愛かった彼女。
街中で散歩中の小犬を見かけると、いつも「かわい~」って言ってたし
ペットショップの前で子犬や仔猫を見ながら「いいな、でもうちマンションだから」
と言ってたし、猫や犬、うさぎ画像なんかも集めてると言っていた。
これらの言動から、彼女は小動物が好きなんだと思ってた。

ある日、うちの猫を見せた。
窓を開けたかったから「ちょっと猫を押さえてて」と頼んだら
「やっ、きたなっ!」って言った。
その言葉のまずさにすぐ気づいたみたいで「え、あの、私、潔癖症ってゆうか…」と
しどろもどろになって言い訳してたけど、単に本音が出ちゃっただけだと思う。
すごくショックで冷めた。
嫌いなら嫌いで仕方ないし、清潔好きも結構なんだけど、それならそれで
ウソなんかつかず最初っから正直に言ってほしかった。

この記事の続きを読む >