鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:実家

 (4コメント)

265: 名無しさん@HOME 2012/03/07(水) 04:58:20.34 0
すごく気になる流れをぶった切って悪いけど投下。

父は私が物心ついた時からすごく癇癪持ちで突然ブチギレるDV男だった。
以前は母方の祖母と同居しており、酷い事態にはならなかったようだが、
数年後にマイホームを建ててからは母方の祖母とは別居。
それから紆余曲折して父母私妹の4人で暮らし始めた途端、父のDVが激化した。
この時私は小学校低学年だったと思う。

父のDVは私の知る限り身体的・精神的暴力が中心で、理不尽な理由でブチギレた。
唐揚げの味付けが気にいらなければしかめっ面で一つずつ熱々の唐揚げを母に投げつけ
「俺に不味いもの(でも母は超メシウマ)食べさせやがってーふじこふじこ!!」とファビョったり
逆に父が料理した時にソースが天井に飛び散った(経緯不明w)ことに勝手にブチギレて
家中を怪獣のようにドシドシ歩き、バタンガタンと扉を閉め、怒鳴り散らしたりしていた。
とにかく何が地雷かわからなかったので、ずっとビクビクしながらの生活だった。

母が声をかければ殴り倒して首を絞め、私や妹が止めると余計に激昂して手がつけられないので
母はいつも私たちを2階の部屋に押し込めて一人でサンドバックになっていた。
私が中学生の頃にはDV周期がどんどん短くなり、癇癪を起しては暴力にプラスして
テーブルを窓から投げたり壁に穴をあけたり、私の部屋のふすまを破壊したり等、家を壊すように。
家を壊し始める辺りはもう私の進路にも激しく干渉するようになり、ここら辺からは最大の修羅場でした。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

208: 名無しさん@HOME 2012/03/06(火) 20:16:12.67 0
最大の修羅場。

私の運転する車の助手席で実父が亡くなった事。

右折したら父が倒れこんできて、急いで停車して揺り起したら
瞳はくすんでいて、口元からよだれが垂れてきてた。

半狂乱で救急車を呼ぼうとしたが、その場の住所がわからず
号泣しながら近くの会社の工場に飛び込んで、住所を聞いた。

いまだにその道を通るのが苦手。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

484: 1/5 2014/02/27(木) 17:33:09.29 ID:Xu9vSWQ3
中学生だった時の修羅場

父親がアル中で、私が小学生の時から両親の喧嘩が絶えなかった。夜中に二人の怒鳴り声で起きて、「喧嘩しないで~」と泣きながら二人の間に割って入るのもしょっちゅう。
でも父親は所謂「酒を飲んでない時はとてもいい人」で、本当に素面の時は母とも仲睦まじく、自慢の両親だった。
私の事もすごく愛してくれて、いろんなところに家族で遊びに行ったり、勉強を見てくれたりした。幼い時は相当なお父さんっ子だった。
だから母親も離婚に踏み切れなかったんだろう。

でも私が中学に入ったあたりから父の酒の量が増えて体調を崩し、会社を休職、それでも昼から酒を飲むようになった。
(母も普通の会社員で昼はいなかった)
私には5才下の妹と11才下の弟がいたので、母が会社に行っている間、学校帰りに弟を保育園に迎えに行って夕食を作ってお風呂に入れて二人を寝かしつける、という生活をしていた。
隣で酒を飲む父親に絡まれないよう息を殺しながら。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

403: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/23(日) 04:49:52.80 ID:/t/Q6QwZ
娘を産んでから元旦那が病的だと判明した。

日増しに旦那そっくりになる娘を見て旦那は嫌そうに、
「誰に似たんだか…」と忌々しげに睨んでた。
親子三人で出掛けると会う人会う人「お父さんにそっくりね」
と言われるたびに嫌そうにしていた。
親戚に「父親似だな」言われるたびに「似てないよ、やめて」と否定。

嫁を子供に盗られたと嫉妬していると何かで聞いて、
あれこれ気を使ってたけど、
「パパ、だっこ」とよちよちしながら伸ばした手を見もせずに払いのけたのを見て殺意がわいた。
「我が子を愛せないあんたなんかいらない」
と離婚寸前になってようやっと改心…したかと思えば違ってた。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

58: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/30(木) 09:56:59.95 ID:n2lRnUwk
長いです。吐き出しをかねて。
うちの近所に、いわゆる聾唖のおじいさんが住んでた。
祖父母と同世代くらいで、事情があるのか、家族はいないそうで、親戚とも離れて一人暮らしだった。
私は、小さい時、「聾唖」ということがわからなくて、どうしてあのおじいさんはいつもニコニコしてるのに、
挨拶しても返事してくれないのかな?と思って、母に尋ねた。「おじいさんは耳が聞こえなくて、喋ることもできないの。
だから、あんたが挨拶しても聞こえないの。無視してるんじゃないのよ」と教えられ、聞こえない、喋れないってつらいなと思った。

そんなおじいさんに、弟はよく懐いてた。おじいさんは手話もできなくて、意思の疎通は基本的に筆談。学校もまともに行けてないそうで、
ひらがなばかり。弟が「今日ね、○○(差別用語)さんに漢字教えてあげた!」と言った時、母が卒倒しかけたけど、その差別用語は、
おじいさんが幼少期からずっと、周囲に言われ続けたことだった。自分が耳が聞こえないのは本当だから、と。
両親は弟に「いくら本人がいいと言っても、そう呼んじゃ駄目」と言っていたが、6歳の弟にはよくわからなくて、結局、親が折れた。
幸い、近所の人達も、おじいさんが自分のことをそう言っているのはわかってたから、弟は責められなかった。

この記事の続きを読む >