鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:実家

 (6コメント)

26685

764: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/07(金) 04:33:26.85 0
結構よくあることなんだろうけど、実家が突然競売にかけられるということで、引っ越し作業を一人でやらされたのが修羅場。長いです

当時の家族構成は、母・姉・私で、物心つく前から母子家庭。母は看護師、姉はフリーター。私は大学一年の夏休み中で、実家から高速で二時間くらいの県内でひとり暮らししていた
バイトの休憩中に母からのメールで、明日帰ってきて!2、3日くらい!とあり、急いで電話して理由を聞くも、とにかく帰ってこいの一辺倒
面倒くさくなったので深くは聞かず、次の日から3日ほどなんとかシフトを外してもらった
翌日帰ると、なぜか家が段ボールだらけで、は?となり、母からは家を出なければいけなくなった、と伝えられた
いままで引っ越すなんて話題は無かったし、考えもしなかったので理由を尋ねるも、ひたすらはぐらかされる
痺れを切らして姉に聞くも、姉も詳しくはわからないけど、ローンの返済が間に合わないみたい、と言われて呆然
更に引っ越し日は翌日で、二人とも仕事で休めない、私に引っ越しの立ち会いを任せるとのこと
まず話が飲み込めないし、そもそも引っ越し先も知らない、無理!というも、こっちだって無理なの、ほら、○○町のあの辺にあるアパートよ!と母
○○町は隣町だが、広いのでどのあたりかさっぱり。しかし私がやるしかないので、キレながらも引き受けた

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

ダウンロード (2)

224: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/13(月) 14:12:22.85 0
娘が産まれた時、私の実家でも旦那の実家でも初孫だった。旦那は婿なので、もちろん娘は私の実家で暮らし、籍もこちら。
初孫フィーバー真っ最中の頃、義母が突然
「この子(娘)をお兄ちゃん夫婦に養子に出しましょう」
と、言い出した。
義兄夫婦(旦那実家同居)は結婚してしばらく経つものの子宝に恵まれず、年齢的にもそろそろ考えないとという時期でした。
私たちは知りませんでしたが、もしかしたら計画小梨だったのかもしれません。
そんな義兄夫婦に私たちの娘を養子に出すと言い出した義母、義父は空気、旦那はアタフタ、私両親愕然…
ダメだこいつら、と思いつつ旦那に
「私らは20代前半だけど、お義兄さんたちはもう30超えてるよね」
と、カマをかけたところ
「そうだよね、俺達にはまだチャンスがあるよね」
なんて言い出したので、旦那の会社の寮に叩き出した、ここは私の実家だ!と両親と組んで旦那を追い出し、義母とは私実家で話し合いに。

義母は戦時中の混乱で、色んなところに養子としてたらい回しにされていたので、養子ということに抵抗がないらしい。
私両親は義母より10は年下なので若干引き気味。
離婚もチラつかせていたら、旦那から連絡がいったらしい義兄夫婦が駆け付けて、義母を〆めて連れ帰ってくれました。
義兄夫婦は何も知らなかったらしく、長男夫婦より先に子を産むなんて!と騒ぐ義母を義兄がビンタ。
その後、義兄夫婦が3年以内に子供をつくるという条件で、このことは白紙に。旦那も戻ってきてうちで肩身が狭い生活をしばらく送りました。
そして2年後、義兄夫婦に子供が出来てからというもの、義母は別人のような優しいおばあちゃんになり、内孫外孫関係無く接するようになりました。
義母ももう余命幾ばくかですけれどね。

その時産まれた娘がもうすぐ成人式です。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (11)

206: おさかなくわえた名無しさん 2018/10/14(日) 17:10:39.95 0
もう、落ち着いたから吐き出し。

自分の実家、知らないうちに所有権がなくなってて、その上すでに知らない老夫婦が住んでた。
全然、そんなこと知らないで親を問い詰めたら、両親のクソっぷりが半端なかったせいで、結果、身内と絶縁することになった。

まさか、俺も迂闊だったのは確かだが、まさか俺の親のせいで、従兄弟と裁判にまで発展したのが修羅場。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

295

953: おさかなくわえた名無しさん 2018/08/27(月) 09:59:09.24 0
この盆に帰省したら姉が男になってたw
費用的にも増設はしないらしいけど、けっこう立派だった乳は消え去ってた。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード (2)

841: おさかなくわえた名無しさん 2016/08/01(月)10:07:26 ID:X3K
来週子供が実家に1人でお泊まりすることになって
子供産んでから夜子供と居ないのとか初めてだし、
たまには息抜きしなよ。なんて優しい言葉もらってたから、
子供がいたらなかなか出来ない事したいな、って気持ちで
めったにこんな機会ないし夕飯に娘がいたら行けない居酒屋とかいってみようよ!
って旦那に提案したら凄い勢いでキレられた。
旦那の話を要約すると
・息抜き=子供がいない静かな家でゆっくりすること
・子供がいないなんて寂しくて↑の息抜きだっておちおち出来ない、泣きながら眠れず夜を過ごすのが母親だろう。
・それなのに出掛けようとするどころか飲み屋に行くなんて!!
ってことらしい。
たしかにそりゃ寂しくもなるし、初めてだから心配っちゃ心配だけど、
そもそも娘もう小3だし本人も寂しいから夜泣きなんて歳でもないし
優しいばあちゃんにたっぷり遊んでもらってママじゃ許してくれない(アイス2個食いとかそんな)こともしよう!が大きい。
そもそもほんとに初めてなんだよ。
同窓会、友達の結婚式そんなのすら旦那が娘と留守番できないって言うから諦めてきたから自由な夜ってやつが。
だからちょっと私も楽しみだったんだけどさ。
なんか一気に萎えてきた。

この記事の続きを読む >