鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:定年

 (1コメント)

778

941: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/25(土) 18:18:20.34
この前のなんか腑に落ちない話
末っ子長男姉二人な構成で上から32、31、27歳
俺は既婚で姉二人独身実家暮らし
父親の定年祝いで兄弟でプレゼントをしようと長女が提案
長女が提案したのだがプレゼント選びから購入発送まで都会暮らしで同じ男という事を理由に俺に丸投げ
この時点で既に若干納得がいかないが了承
だが予算の振分けが姉3万×2=6万、俺4万、計10万
なんで俺だけ多い??
理由はまたしても男で都会だから給料それなりでしょ!
流石に納得がいかないから反論
俺「こっちは既婚で子供も生まれたばかりだから勘弁してくれ、あんたら実家暮らしなんやから余裕あるやろ!」
すかさず姉も反論
姉「余裕はない、お祝い事なんやからケチケチせんとここは出して」
この発言にカチーンときて
俺「わかった、なら俺は5万出すから4万だせ、そしたら希望の物が買えるから」
姉「えー!?ならあんたも3万でええわ」
よくねーよ!ケチはお前やんけ!!

長文駄文すんません

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

illust_01
24: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2008/06/26(木) 18:02:33 ID:DYbZGNJd
趣味のサークル活動をやっていた。
そのサークルはその趣味に興味があれば年齢職業関係なく参加できて
出席は強制でなく参加できるときだけ出ればいいというルールになっていた。
連絡網はあるがあくまで緊急時のみでサークル活動外で連絡することはほぼ皆無に近かった。
これらは仕事や家庭などに支障をきたさず気軽に参加できるようにという暗黙のルールだった。 

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

48299_249_2009-12-25-141602-m
170: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)01:13:07 ID:UaR
現在の修羅場だけど愚痴ついでに書いてく

書き込みに慣れてないから上手く書けないけど
簡単に説明すると

1 兄が彼女が実家に転がり込み結婚し子供生まれる
2 俺ついに正社員採用になり兄嫁に気を使って一人暮らしの準備する
3 兄名義で2世帯住宅を建てて今の家を俺が使って家賃代わりに仕送り
4 あと少しで新築に引っ越す所で兄嫁がドタキャンし実家に子供連れて行く
5 2ヶ月戻ってこずに離婚の話浮上
6 兄もドタキャンし兄嫁と子供と3人暮らし汁とパルプンテを唱える
7 定年間近の両親月5万の35年ローンを支払うはめになる
8 俺とばっちりを受ける

とりあえず兄貴一発ぶんなぐったけど
まじでどうするんだよ

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

28d50e52
483: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/02/17(火) 10:18:23 ID:Hg7dmPRI
2003年の今頃の時期は、
3月いっぱいで定年退職するオバサマの、
「退職記念に船で旅行したいから、
会社のみんなで分担して費用を出してちょうだいね」
攻撃に悩まされていた。 

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

483: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/02/17(火) 10:18:23 ID:Hg7dmPRI
2003年の今頃の時期は、
3月いっぱいで定年退職するオバサマの、
「退職記念に船で旅行したいから、
会社のみんなで分担して費用を出してちょうだいね」
攻撃に悩まされていた。

元は神戸営業所の全従業員・約20人で、
10万円前後の時計を贈ろうと考えていたが、
彼女が考えていた予算は、
ホストクラブの男性と二人分で約450万円というシロモノだった。

その後さすがに妥協して、
《神戸港~タヒチ》→《横浜港~小笠原諸島》→《神戸港~屋久島》
とどんどんレベルを下げていく彼女と(ホントに毎日違うパンフレットを持ってきてた)
ビタ一文出したくなくなった我々の間で激しい攻防戦が繰り広げられたが、
最終的には事態を重く見た営業所長の
「○○さん、旅行のパンフレットなどは会社に持ち込まないように。
記念旅行についてはご一緒の方と私的に相談してください。
ほかの皆さんも社内の事で個人的な贈り物は控えてください。
それから、3月××日はお昼ご飯を用意しないように。
会社の交際費でほか弁でオードブルを用意させるから、
お昼をみんなで食べて、○さんはお別れの挨拶をして午前で帰宅してください。
それ以降は年度末まで有給消化です。以上」
という一言で戦いは終わった。

みんなで社歌を歌ったお別れ会(笑)の雰囲気の寒々しさと、
○○さんの憎憎しげな目つきは忘れられない。
諸事情でヒマになったんで長文すまんです。

この記事の続きを読む >