鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:完食

 (4コメント)

052

317: おさかなくわえた名無しさん 2015/06/11(木)10:18:06 ID:rtl
一昨日までは大好きだった彼氏と別れた。
デートで割り勘ってのはいつもの事だし私もそっちの方がいいからいいんだけど、待ち合わせ場所に来る途中のコンビニで買った森永のラムネ(青っぽい色の長細い容器に入ってるやつわかるかな?)の半額を請求されたのは引いたわ…。
しかも合流した時にはほぼ完食状態で、私に一粒パクッと食べさせてから「んじゃぁこれね!」(レシートピラッ)ってなんかもうね…。
みみっちいというかなんというか…。
しばらく立ち直れないわ。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

09

286: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/05(火)09:29:31 ID:9eA
昔憧れていた先輩
その人含めた数人と一緒に行く機会があったんですが、食べ方がとてつもなく汚かった
食べ散らかすというようりは、綺麗に食べようとして逆に汚らしくなっている感じ

ご飯粒を残さないこと自体は素敵だと思うけれど、お皿に余ったピラフの米粒をスプーンなどで救うのではなく直接舐めて食べる
肉料理のソースや煮汁→葉の大きい野菜をフォークにとってお皿に近づけたので、ドレッシング的な感じで救うのかと思ったら
汁を全部かき集めてやっぱりお皿を直接舐める
浅いお皿に僅かに残ったスープを(ry
他にも指やナイフに付いたソースを音立てて舐めたり
フォークの背に乗っけたご飯に、なんというかこう 進撃の巨人が人をつまんで食べる感じの角度で喰らいついたり

その食事中「皆には言ってなかったけど俺の父親はとても腕の良いシェフ。
いかに食事を食べ残さないかが食べ物と作った人に対する敬意だと小さい頃から聞かされて、必ず完食するようにしている」と言っていた

その心がけ自体はとても良い事ですが、あの食べ姿を見て、憧れや尊敬の気持ちが自分でも驚くほど冷めていった

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

8d99a6b4-s

504: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/06(水) 21:46:22.91 ID:BbwyFyox0
カレー粉で作るカレーを初めて作った
出来は微妙で彼氏は味変しながら完食してくれた
首を傾げながら食べていたのにおかわりをしたから無理に食べなくてもいいよと言っても「カレーが食べたいから」と食べ続ける
それでも調味料を加えながらあれじゃないこれじゃない首を傾げながらため息、最終的に「変な味になったw」
目の前でそんなのされたら罪悪感で謝って「無理しなくていいよ」と言ったら「色々工夫するのは楽しいのに」と拗ねる

美味しくないもの食べてくれたのはありがたいけど作り手の前であの態度は正直ムカついた

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

332

38: おさかなくわえた名無しさん 2008/07/19(土) 17:25:20 ID:v2yuieJ5
せこい(?)彼を切った。

レストランで「肉コース」と「魚コース」があったんだけど、
肉が余り好きでないメニューだったので、魚を注文しようとしたら止められた。
彼「なんで魚なんだよ、肉にしろよ」
私「これ好きじゃないんだ、両方食べたいならあなた肉にすれば」
彼「だって肉コースのほうが高いじゃん。食べきれなかったら俺食うから」
なんかおかしいと思って色々聞いてみたところ、
私が肉頼む→やっぱ食べられないからあなた食べて
→1.5~2人前食えて払いは魚コース分のみでウマー
……という予定だったらしい。
それはおかしいだろう、自分が払える範囲内で食え、と言ったら、
「女なんだからコース料理完食するとかおかしいだろ!
食べきれないわって言って残すのがたしなみだ!」

………その場で帰りました。
なんか「別れてからろくなものを食べてない、腹減った」とかメール来てたけど拒否。
餓鬼かおまえは。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

ダウンロード (10)

529: おさかなくわえた名無しさん 2017/07/16(日) 16:49:14.98 ID:AmLaT4t9
フードコートの豚丼屋で食べ終わった食器を片付けに来たお兄ちゃん
そぼろ丼を頼んだらしくご飯が固くて芯が残ってたよと訴える
そこまでならまだいいけどどう見ても一粒残らず完食してるのに
図々しくも返金できる?と店員さんに聞いてた
まだ一口食べて固くて訴えるならまだしも
完食してるのに普通そういうこと言う?
店員さんもメッチャ戸惑っててぶっちゃけこっちはまだ注文の途中
豚丼は美味しかったんだけどね~と謎のフォローいれつつ返金要求
結局返金したみたいだけどこっちは気分悪くて食事どころじゃなかった
今頃武勇伝のように語ってるんだろうなと思うとホントムカツク

この記事の続きを読む >