鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:完璧

 (5コメント)

no title
410: 名無しさん@おーぷん 2014/06/08(日)13:03:36 ID:???
旦那の口の悪さに最近本当腹立つ…

暴力とか浮気とか働かないとかギャンブルとか、そういうクズ行動一切ないし、
むしろ家事してくれて養ってくれて、他は完璧なだけにそこだけ腹立つ…

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

062

666: 名無しさん@おーぷん 2016/10/23(日)17:19:39 ID:3Gs
私には身体のある場所にイボ状のほくろが一つあった
それが嫌だったらしい当時の彼氏は「これさえなければ完璧なのにな~」とよく言っていた
私自身そのほくろが嫌だったから気持ちはわかるし、それ以外は凄く優しい彼氏だったので付き合いは続いてた
ある日、彼氏と何気ない話をしていたら突然それをひきちぎられた
最初びっくりして何が起きたのかわからなかったけどほくろがあった場所から血が出てきて徐々に痛みだし状況を理解した
彼氏は用意してきたらしい湿潤タイプの傷テープを貼りながら満足そうにしていた
恐ろしくなった私は手についた血を洗いに行くふりをしてそのまま帰った
帰ったあと着信とメールがありメールには謝罪と一緒に「本当にほくろが我慢できなかったこと」「ほくろさえなくなれば私が今まで思い描いていた理想の彼女であること」「責任を持って結婚するつもりがあるということ」がつらつら書いてあった
正直いって人生で一番恐ろしい経験だったので震えながらメアドを変えて着信拒否をして二度と会わなかった

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード (1)

464: 名無しさん@おーぷん 2015/02/25(水)08:45:39 ID:5ve
結婚記念日にて。
「お前の料理はいつも美味しい。
結婚して5年になるけどお前の料理が不味かったりイマイチだった事なんて一度もなかった。
お前の料理のおかげで仕事の疲れを吹き飛ばす事が出来る。
本当に感謝してる、ありがとう。
だが!!!
お前の料理は完璧過ぎる!!!
砂糖と塩を入れ間違えるだとか味付けし忘れるだとか!!!
なんで女の子らしいミスを出来ないんだ!!!
いつもは嫌だ!!!
だがたまにはこんなミスをしてくれ!!!」
昨日の発言なんだけどなんか冷めた。
別に離婚を考える程じゃないんだけどさw
女って生き物にどんだけ夢見てるんだろ。
旦那今年34になるのに。

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

12

325: 1/3 2009/09/10(木) 16:51:24 0
プチです。
結婚したばっかりなんですけど。
近距離に住んでいる姑が、「ちょっとゴメンネ、腰が痛くてートイレ掃除やってくれない?」って言ってきたので、
快く引き受けました。
掃除洗濯料理類は、実家で仕込まれていたので、自分なりに完璧にやりました。
ついでに、看護士ではありませんが、病院勤務だったので、トイレ掃除は得意中の得意。
姑は、その名の通りピカピカに舐められるようになった便器を見て、びっくりしてました。

それだけなら良いのですが、舅も夫も褒める中、姑だけはなんだかムッスリ。
気になってたんですが、その日は帰宅。

後日、夫が笑いながら
「母さんさ、若い嫁さんにアーダコーダって教えたかったらしいよ。アテが外れて、がっかりしてらー。」
って言いました。
おいおい、とも思いましたが、まあ、気にせずに「ふーん」って感じで聞き流してたら、夫から

「でもさあ、お前も空気読めば良かったんじゃない?たまには姑らしい事させてやれよ。」

と、耳を疑う事場が発せられました。

「は?何?つまり姑にいびらせろって事?」
と、ムッとなって聴き返すと、
「そーそーそう言う事ー」
と、もう「いかにも冗談ですよー」って顔で言う始末。

でも、この時虫の居所が悪かったので、
「判った!そうする!これからいこっか!」
と、夫の手を引いて、姑の元へ飛んで行きました。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

411

666: 名無しさん@おーぷん 2016/10/23(日)17:19:39 ID:3Gs
私には身体のある場所にイボ状のほくろが一つあった
それが嫌だったらしい当時の彼氏は「これさえなければ完璧なのにな~」とよく言っていた
私自身そのほくろが嫌だったから気持ちはわかるし、それ以外は凄く優しい彼氏だったので付き合いは続いてた
ある日、彼氏と何気ない話をしていたら突然それをひきちぎられた
最初びっくりして何が起きたのかわからなかったけどほくろがあった場所から血が出てきて徐々に痛みだし状況を理解した
彼氏は用意してきたらしい湿潤タイプの傷テープを貼りながら満足そうにしていた
恐ろしくなった私は手についた血を洗いに行くふりをしてそのまま帰った
帰ったあと着信とメールがありメールには謝罪と一緒に「本当にほくろが我慢できなかったこと」「ほくろさえなくなれば私が今まで思い描いていた理想の彼女であること」「責任を持って結婚するつもりがあるということ」がつらつら書いてあった
正直いって人生で一番恐ろしい経験だったので震えながらメアドを変えて着信拒否をして二度と会わなかった

この記事の続きを読む >