鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:姑

 (8コメント)

ダウンロード (5)

437: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/08(火)20:45:55 ID:OoL
兄が結婚したお嫁さんのお母さんがすごい人だった。
両実家の距離が元々近くて、兄夫婦もその中間くらいのところに新居を借りて住んでる。
こないだの夏休みにあちらの実家から、一度こちらにも兄実家の皆さんで遊びに来てーと言われて行ったんだけど、買い物の仕方がすごかった。

夕方お暇する前に、夕飯を食べていってね、と言ってくれたので、
自分含む女性陣(私と母と、お嫁さんとお姑さん)で新しくできたという大型スーパーに買い物に行った。

お姑さん得意のアジのフライを作るということで鮮魚コーナーに寄ったんだけど、
アジがいっぱい入ったパックを吟味したお姑さんが店員さんに調理をお願いした。
無料で腸抜きとか三枚とかにしてくれるあのサービスね。

少しして店員さんがフライ用に頭を落としてスライスしてくれたのを持ってきてくれたんだけど、
それを見たお姑さんが一言
「フライでお願いしたんだけれど?」と言い出した。

その場にいた全員が?状態でフリーズしてたら、
店員さんが「はい、フライ用に処理しましたが・・・」と口を開いたんだけど、
次のお姑さんの発言にビックリ。
「ですから、アジフライをお願いしたのよ?これは生でしょ?揚げてくださらない?」
と言ったことで、あー、そういうことか!と把握。

どうやら生魚から完成品を作れという要求だったらしいんだけど、
当然お店も「申し訳ありませんがそれは致しかねます」という返事、当たり前だね。

でもお姑さんは引かずに「だって書いてあるじゃない」と『調理承ります』のパネルを指差して再度要求。
そこからお姑さんと店員さんが
「この調理というのはお料理用の下ごしらえのことでして・・・」
「ならどうして調理って書いてあるの?作ってくださると勘違いするじゃない」
「アジフライでしたら揚げ物コーナーにございますので、そちらで・・・」
「そういう話をしているのではないの!」
とやりだした。

それを見かねたお嫁さんがパックを受け取って店員さんにお礼を言って、
引きずるようにお姑さんを鮮魚コーナーから引っ張っていった。

スレタイはその後先方実家に戻ってからのお姑さんの発言。
やらかした内容をお嫁さんから叱られたお姑さんが、
「そんなに怒らないで、意味くらいお母さんだって分かってるわよー。でも新しいお店はああやって一度言っておけば、これから使うときに色々便宜を計ってくれることもあるから、試しただけなのー」
と笑顔で言い放った。

帰りの車中で両親と「すごい人だったね、、」と話したけど、
私からは遠いとはいえ、親族にお姑さんみたいな人が増えたことにプチショック。
お嫁さんはしっかりした人だから大丈夫だと思うけど、
今後の兄が少し心配になったという独女アラサーの個人的衝撃体験。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

6544

344: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/22(木) 19:14:07.66 ID:HRUsjrqv
携帯に、近在の姑さんから着信アリ。昼休みに折り返したら
「家が変だ」と、震え声で言うわけよ。どう変なのかと言うと
「どこからともなく、人の啜り泣きが聞こえてくる。ヒッヒッって、時々なんだけど怖い」
なにそれ、どういうオカ案件wとにかく電話じゃわからないから
私が帰るまで姑姉の家(これも近在)に居るように言った
んで夜。姑を迎えに行き、一緒に姑宅に行った。キッチンでお茶いただきながら耳をすませたが
怪しい音はしない。でも姑が怖がってる(舅は鬼籍で独居)ので
夫に電話して「コレコレこういうわけで、今夜はこっちに泊まるから来て」と話してる時に
「ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!」
突然、狂ったような笑い声が家中に響き渡った!私、びっくりして立ち上がろうとしたはずみで
椅子を蹴転がし、足を取られて転倒、姑さんはと見ると、両耳を抑えて床に丸くなり、震えている
夫も電話越しに聞こえたのだろう「なに!?変な人いるの!?」と叫んでいる
「ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!」ゾッとする甲高い笑いが続く…
いや、どうもおかしい。人の声に聞こえるが、妙に規則正しいし、続きすぎるし、幽霊にしちゃ元気すぎる
逃げたい気持ちを抑えて、声の出所を探してみた。甲高い声で家中に反響していてわかり辛かったが
出所はどうやら居間のようだ。恐る恐る行ってみると、ひときわ耳障りな笑い声が大きく響いている
ここまでくると、人の声ではなく、何かが擦れる音?とわかる。ヒとキの中間みたいな音
ジッと見渡すと、壁付の空気清浄機が目に入った。コンセント引っこ抜いてみたら
「ヒヒヒヒ…ヒヒ…ヒ…ヒ… …」ってな具合に音は収まった
のちに聞くと、舅さんはタバコ吸う人だったので、何年も前に空気清浄機を取り付け
以来ずっとそのまま。姑さんは機械に疎い人なので手入れの必要性とか全く思い至らず
何年も稼働しっ放しだったらしい。回転部分に汚れが溜まって作動不良起こしたのだろう
しかしあんな、人間の声みたいな音立てるとはね。姑さん独りの時じゃなくて良かった
幽霊の存在をマジで信じたあの一瞬が修羅場でしたw

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

ダウンロード

407: おさかなくわえた名無しさん 2017/10/15(日) 21:31:48.02 ID:cbc2bxEW
些細な愚痴です。
現在、夫と姑との3人暮らしで姑と世帯は別です。
姑との同居を了承して入籍しました。
入籍後、姑が地方から引越してくる時に私達夫婦で生活している賃貸では狭いとのことで戸建ての購入をしました。
姑は年齢的に、夫は舅(夫の父)が夫の名義で借金をしていてローンを組めるのが私だけだった為、離婚する際は家は売却すると夫と約束しで土地建物、住宅ローンを私名義で組みました。
同居して3年、姑からの嫌がらせに耐えかねて私から別居を切り出しましたが、姑が家に残ると言うので土地建物、ローンの借り換えの話をすると「私は手続きには関与しません」の一点張りで話が進みません。
息子が可愛いのか夫を仲介する訳でもなく私に直接LINEで2週間おきに連絡をしてきます。
話も進まずモヤモヤが溜まる一方で疲れた..

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

77

344: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/22(木) 19:14:07.66 ID:HRUsjrqv
携帯に、近在の姑さんから着信アリ。昼休みに折り返したら
「家が変だ」と、震え声で言うわけよ。どう変なのかと言うと
「どこからともなく、人の啜り泣きが聞こえてくる。ヒッヒッって、時々なんだけど怖い」
なにそれ、どういうオカ案件wとにかく電話じゃわからないから
私が帰るまで姑姉の家(これも近在)に居るように言った
んで夜。姑を迎えに行き、一緒に姑宅に行った。キッチンでお茶いただきながら耳をすませたが
怪しい音はしない。でも姑が怖がってる(舅は鬼籍で独居)ので
夫に電話して「コレコレこういうわけで、今夜はこっちに泊まるから来て」と話してる時に
「ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!」
突然、狂ったような笑い声が家中に響き渡った!私、びっくりして立ち上がろうとしたはずみで
椅子を蹴転がし、足を取られて転倒、姑さんはと見ると、両耳を抑えて床に丸くなり、震えている
夫も電話越しに聞こえたのだろう「なに!?変な人いるの!?」と叫んでいる
「ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!」ゾッとする甲高い笑いが続く…
いや、どうもおかしい。人の声に聞こえるが、妙に規則正しいし、続きすぎるし、幽霊にしちゃ元気すぎる
逃げたい気持ちを抑えて、声の出所を探してみた。甲高い声で家中に反響していてわかり辛かったが
出所はどうやら居間のようだ。恐る恐る行ってみると、ひときわ耳障りな笑い声が大きく響いている
ここまでくると、人の声ではなく、何かが擦れる音?とわかる。ヒとキの中間みたいな音
ジッと見渡すと、壁付の空気清浄機が目に入った。コンセント引っこ抜いてみたら
「ヒヒヒヒ…ヒヒ…ヒ…ヒ… …」ってな具合に音は収まった
のちに聞くと、舅さんはタバコ吸う人だったので、何年も前に空気清浄機を取り付け
以来ずっとそのまま。姑さんは機械に疎い人なので手入れの必要性とか全く思い至らず
何年も稼働しっ放しだったらしい。回転部分に汚れが溜まって作動不良起こしたのだろう
しかしあんな、人間の声みたいな音立てるとはね。姑さん独りの時じゃなくて良かった
幽霊の存在をマジで信じたあの一瞬が修羅場でしたw

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

02haruhi_pinko

401: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/17(月) 02:52:18.00 0
私と夫は結婚して10か月
結婚前は遠方のせいで会った回数が少ないというのもあり
トメの毒ぶりに全く気が付きませんでした(ウトは病気なのとやや痴呆が入っていて施設にいます)。
結婚してからも数か月は本当に平和で
何度か義実家に泊りがけで行ったりしても特にいやな目に合うことはなかったです。

しかし夫が転勤になり、私も妊娠に向けて準備しようかなと思い
退職&義実家の隣県に引っ越しして専業になると「もう逃げられないだろう」と思ったのか毒電波を発信し始めた。
まず「子作りどう? うまくいってる?」というメールが数回届き
素で「?」と思ってまるっと無視してたら夫がいない時間を見計らって
「子供はいつできるのか聞きたいんだけど」と電話がかかるようになった。
ちょっときもーと思ったけどこれもテキトーに流して無視。
そんな中、2か月ほど前に義実家側で法事があり、私と夫はそろって参加。
法事の施設の水屋でトメとお茶の用意をしていたら
トメが用心深くあたりをうかがってからそっと部屋のドアを閉め、私に向かって罵詈雑言を浴びせてきた。
(内容は孫はやく作れとか、孫の出来具合(w)は言われる前に教えるものだろとか、
息子(夫)にたかってるくせにとか、私の親を悪く言った後「嫁に来させてやったのに」とかそういうこと)

とりあえずその場は
「トメさん大変ですねー(頭が)www」「天気(とお前の性格)悪いですねーwww」とか言って流し
法事が終わると夫に報告
夫はすぐに私の話をわかってくれて
「トメを〆る。暴言吐いてる現場を押さえよう」ということになった。
法事の3週間後くらいに、トメ、コトメちゃん家族、うちでBBQしようという計画があったので
その日に合わせてちょっとした作戦を決行。

続く

この記事の続きを読む >