鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:姑

 (1コメント)

05

342: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/13(金) 10:20:16.73 0
実母にマイホーム燃やされた俺登場
もう数年前の話になるけどあの頃は精神的にも見まごう事なき修羅場でしたわ

経緯)
俺、結婚。相続で貰った父方祖父の家に夫婦で住む
母、嫁が気に食わない。父方実家も嫌ってた
母、名案を思いつく(嫌いなものはみーんな燃やしちゃえ!)→着火

運良く俺ら夫婦は外出中
引っ越して間もないので家財も被害最小
母、お縄→有罪で実刑

火事自体は小規模ボヤで、他家に被害なし
家屋内がすすけた程度だったので修復して住めたけど、母の知らない土地に引っ越して売却した
地方紙に小さく載ったけど犯人まではさすがに書かれなかった

いちばん怖いのは狂った身内よ
皆さんも気をつけて…って思ったけどそんな母親はめったにいないかw

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

imgres

425: おさかなくわえた名無しさん 2019/02/22(金) 09:39:10.00 0
元から姑嫌いだけど更に嫌いになった
私が買い物に行くって言ったら「孫ちゃん見てあげるから置いて行きなさい」とか言うので姑に任せてスーパーに行ったけど何か嫌な予感して帰ったら娘が顔を真っ赤にして喉を詰まらせてる場面に遭遇。
焦って背中叩いて指突っ込んで吐かせたけど、なんと出てきたのはハイチュウ。丸々一個食べさせたらしい
歯も生え揃ってない一歳過ぎの子にハイチュウ丸々一個って…
そしてその日の夕飯はすき焼きで目を離した隙に生卵につけた具を何回もあげる。これはさすがに夫が注意してたけど

昨日も私と姑と娘で散歩に出ようとしたら玄関先で姑の忘れ物取りに行かされ戻ると二人ともいない。
少し探すと姑の姿が見えたが娘がいない…姑を追いかけようと走ろうとしたら私の近くに娘が居た。車の通りも多い道路で一歳過ぎの子を手も繋がず10m以上も離れて振り向きもせず歩いてた。そして「遅いから置いてったよ」の一言…
もう…ね。この人に預けたらいつか殺されるよ、夫に言ったけどハイチュウの件は笑って済まされたし道路の件はお前が見えたから先に行ったんじゃないの?だし

だめだ、この家。出て行く事にするよ

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

42

87: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/23(土)02:49:50 ID:MLx
愚痴です。長文です。
姉と揉めてしまいました。
姉は、姪(1歳5ヶ月)が保育園で病気をもらって鼻水+ヨダレが滝のようでも処方薬を飲ませない。その状態で遊びに来る。
姉夫が話し掛けても「はあ?」「関係ないし」とすごく冷たく接して、姉夫の子守の仕方が自分と違うと「お世話も出来ない」といって姪の子守をさせない。
姉夫の母の事は「ウザい。嫌い」と言って姪に会わせない。婚前は姉夫母を呼び捨てしたり給仕人扱いした武勇伝を聞かされた。

姉の出勤日に姉夫が休日で姪が体調不良だ、と言うので「姉夫さんに家でゆっくり看病してもらいなよ」というと「アイツにはムリ。姑に会わせる可能性あるし。保育園預けるよ」と即答。
鼻水とヨダレでびちゃびちゃの姪を思い出すと悲しくて「それは姉の勝手すぎる」と言うと「保育園に子を入れてない人には分からない」と怒る怒る。

積み重ねた確執があるのだろうけど、自分から不幸の道を突き進んでるようにしか見えない。
他人の価値観を認めないところが私達の父にソックリ。私も結婚するまでその傾向があったけど、夫や夫親族と接して少しは自分を変えられたと思う。
姉にはどうか父のような人になって欲しくない一心でこの2年間ずっと愚痴を聞いてフォローしてきたけど、もう無理そう。
姉の価値観を認められない私が悪いのか。
「働かないと生活費がない」くせにSK-II買ってるのも意味不明。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

a96f7fc7

124: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/19(月)12:41:58 ID:r7v
昔、姑が心臓発作で亡くなったんだけど、犯人は私。近距離別居の姑が我が家に来るときにいつもこっそりと合鍵使って入ってきてた。リビングドアの向こうで会話をしばらく聞いてから登場するのが毎度で、
やめてと言ってもやめてくれなかった。ドアチェーンをしてたこともあったけど、年頃の子供たちが何度も出入りするため、その度にインターホン鳴らしたりするのが面倒だと言われて却下。
そんなある日、たまたま玄関を掃除してると、カチャリとそーっと鍵が回った。そんな開け方をするの姑しかいないので、やめてと言ってもやめてくれない腹いせに脅かしてやろうと思って、
姑がそーっとドアを開けると同時にこちらも勢いよくドアを開けてわぁ!!!ってやってやった。そしたら姑、目玉飛び出そうな顔してウッ!て言ったかと思うとそのまま苦しそうに倒れこんだ。名前呼んでも起きないし返事もしないから救急車呼んで、
そのまま御臨終。ざっとこんな感じだけど、家族はまさか私が脅かしだなんて、思ってもいない。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

ダウンロード (5)

437: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/08(火)20:45:55 ID:OoL
兄が結婚したお嫁さんのお母さんがすごい人だった。
両実家の距離が元々近くて、兄夫婦もその中間くらいのところに新居を借りて住んでる。
こないだの夏休みにあちらの実家から、一度こちらにも兄実家の皆さんで遊びに来てーと言われて行ったんだけど、買い物の仕方がすごかった。

夕方お暇する前に、夕飯を食べていってね、と言ってくれたので、
自分含む女性陣(私と母と、お嫁さんとお姑さん)で新しくできたという大型スーパーに買い物に行った。

お姑さん得意のアジのフライを作るということで鮮魚コーナーに寄ったんだけど、
アジがいっぱい入ったパックを吟味したお姑さんが店員さんに調理をお願いした。
無料で腸抜きとか三枚とかにしてくれるあのサービスね。

少しして店員さんがフライ用に頭を落としてスライスしてくれたのを持ってきてくれたんだけど、
それを見たお姑さんが一言
「フライでお願いしたんだけれど?」と言い出した。

その場にいた全員が?状態でフリーズしてたら、
店員さんが「はい、フライ用に処理しましたが・・・」と口を開いたんだけど、
次のお姑さんの発言にビックリ。
「ですから、アジフライをお願いしたのよ?これは生でしょ?揚げてくださらない?」
と言ったことで、あー、そういうことか!と把握。

どうやら生魚から完成品を作れという要求だったらしいんだけど、
当然お店も「申し訳ありませんがそれは致しかねます」という返事、当たり前だね。

でもお姑さんは引かずに「だって書いてあるじゃない」と『調理承ります』のパネルを指差して再度要求。
そこからお姑さんと店員さんが
「この調理というのはお料理用の下ごしらえのことでして・・・」
「ならどうして調理って書いてあるの?作ってくださると勘違いするじゃない」
「アジフライでしたら揚げ物コーナーにございますので、そちらで・・・」
「そういう話をしているのではないの!」
とやりだした。

それを見かねたお嫁さんがパックを受け取って店員さんにお礼を言って、
引きずるようにお姑さんを鮮魚コーナーから引っ張っていった。

スレタイはその後先方実家に戻ってからのお姑さんの発言。
やらかした内容をお嫁さんから叱られたお姑さんが、
「そんなに怒らないで、意味くらいお母さんだって分かってるわよー。でも新しいお店はああやって一度言っておけば、これから使うときに色々便宜を計ってくれることもあるから、試しただけなのー」
と笑顔で言い放った。

帰りの車中で両親と「すごい人だったね、、」と話したけど、
私からは遠いとはいえ、親族にお姑さんみたいな人が増えたことにプチショック。
お嫁さんはしっかりした人だから大丈夫だと思うけど、
今後の兄が少し心配になったという独女アラサーの個人的衝撃体験。

この記事の続きを読む >