鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:姉

 (6コメント)

207: 本当にあった怖い名無し 2011/10/22(土) 02:47:10.02 ID:jk/NHDHA0
2年くらい前の話
姉のストーカーを俺と友4人でストーカーし返しました
マッチョ5人にストーカーされるなんてめったにない経験にストーカーは泣いて喜んでました

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

714: 本当にあった怖い名無し 2012/01/27(金) 19:43:32.46 ID:I4EEgPoZ0
絶縁したはずの姉から突然電話が来た。
曰く、「子供生まれたからお祝いチョーダイ。絶縁?あんな大昔のことをいつまで根に持ってるのよ~。
カ○ワの上に心も狭いなんて、そんなんじゃいつまで経っても嫁の貰い手がないわよ~☆」
(私は子供の頃交通事故に遭って以来、片足が少し不自由)

ああ、なるほど。かつて私にしたことを、今でも全く悪いと思ってないんですね。よくわかりました。
これなら最初から遠慮する必要もなかったなーと、電話はガチャ切り。
すぐさまとある事情で知り合った姉の姑にあたる方(Aさんとします)に、大事な話があるから今度会えませんか、と連絡。
「ちょうど暇だから、大事な話っていうなら今でもいいわよ~」と返事をいただいたので、お言葉に甘えてすぐに会いに行き、
録音しておいた姉との電話の内容を聞かせてみた。その上で、子供の頃にさんざんやられたことも事細かに説明。

一例として、
・「カタ○」「欠陥品」「失敗作」「社会のゴミ」呼ばわりは日常茶飯事。
・「なんでそんなみっともない体で生きてんの?早くしねばいいのにw」
・「お父さんもお母さんも、本当はあんたなんかいらないんだよw世間の目があるから優しいフリしてるだけw」
・「昔はカ○ワって生まれればすぐころされてたんだって~w今もそうだったらよかったのにねw」
・親が見ていないところで殴る蹴るコンパスで刺す私の物を壊す。
等々、あげていけばキリがないほど。

すべてを聞いて絶句してるAさんに
「何事もなければこちらも、昔のことですし今は変わっているかもしれないと思って何も言わないつもりではありましたが、
子供さんができた今も実の妹を平気でカ○ワ呼ばわりできるような人では、子供さんに何かあったらと思うと心配になり、報告させていただきました。」
というようなことを告げて、録音した内容をコピーしたメモリーカードを渡しておいた。

その後姉家は相当な修羅場と化し、現在は無事に離婚。
親権も旦那さんが取ることに成功した、辛いことだっただろうに話してくれて本当にありがとう、とAさんから連絡が来た。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

796: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/07/30(月) 21:56:56
俺の嫁は酒が全く飲めないんだが、酒の席で度々俺の姉に絡まれている。 
「たしなみ程度は飲めないと社会人として恥ずかしい」とかそんなもん。 
先週末もそんな調子で絡んでて「飲めないって絶対人生損してる」と 
うるさかったので、「姉貴は旦那も子供もいなくて人生損してるな」と 
助け船を出した。 

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

142: 名無しさん@おーぷん 2014/12/28(日)13:47:41 ID:7I4
長文&微グロ注意



全裸で血まみれでゲロを吐く姉を見たこと。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

647: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 20:00:51.82 ID:xZWlmEhG.net
アイドルの不倫路チューで思い出してもやっとするので吐き出す。

私が高校生の時、社会人の姉の不倫が発覚した。
発覚理由は路チュー。
残業で二人きりになって盛り上がってから帰宅する時、うっかり路上でチューしたのを、
忘れ物を取りに戻って来た社員に見つかった。

日曜の昼に上司と奥さんが家まで来て、私は「部屋にいろ!」とキレた両親に怒鳴られるわ、
部屋にいても泣き叫ぶ姉の声や、怒鳴る両親の声が聞こえるわ、
しまいにビンタの音とか何かが壁か床にぶつかってドンドン音がするわ、
布団かぶって両耳塞いでも振動はするので、生きた心地がしなかった…

夕飯の時間になってようやく呼ばれたら、母だけがいて近所のラーメン屋のラーメンを食べさせられた。
姉はいなかったがどこにいるのか聞けなくて、黙ってひたすら食べた。
両親は遅くまでずっと話していて、私は明け方まで眠れなくて翌朝寝坊したけど、両親は怒らなかった。

姉はその後、更生のためにど田舎の親戚宅に預けられたけど、
健康な生活をして農業やったからって性格が良くなるわけではないらしく、
隙を見て逃亡してお水をやっているらしい。
今では姉の話はタブーなのだが、「お前が結婚する時あいつをどうしよう」と母に愚痴られる。

この記事の続きを読む >