鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:姉

 (23コメント)

464: 名無しさん@おーぷん 2014/05/31(土)02:14:38 ID:ypOvpatHH
ちょっと長いです。修羅場まっただ中。

前提。
私の姉は生まれつき手に障害がある。
訓練すれば日常生活に支障はないけど、見た目ではっきり判るような障害。
私はその姉を不憫に思った両親が、姉の将来の為に作った子供。
幼い頃から、パパママが居なくなってからは
私ちゃんがお姉ちゃんの面倒を見るんだよって言い聞かされて育った。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

857: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/06(水) 21:54:29.41 ID:yBHc/0EV
中学生の時、兄と姉が付き合っている事に感づいてしまったのが第一の修羅場。
そのせいで二人が駆け落ちしたことが第二の修羅場。
数年後、旅先で兄の姿を偶然見かける。
親に連絡した後、営業車のロゴを頼りに会社の前で待ち伏せしたのが多分兄の修羅場。
その日は二人の住むアパートに泊めて貰った。
翌朝、二人を見送った後、7時間かけて車で来た両親と合流。
アパートで二人の帰りを待ったけれど、聞いていた時間を過ぎても帰ってこない。
兄の職場に問い合わせると、朝電話で辞意を伝えたきり出社していないとのこと。
それが第三の修羅場。
それからまた数年後、突然実家に架かって来た姉からの電話で、兄の危篤を知らされたの時が゙第四の修羅場。
家に戻ってきた姉が、寄った勢いで堕胎経験を匂わせた時が第五の修羅場。
きっと素面に戻った時の姉はもっと修羅場。
お腹の赤ちゃんが男女の双子と知って、現在最大の修羅場。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

557: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/13(金) 18:07:48.82 ID:lvH6B27c
自分は三人姉妹の末っ子で、実家は病院経営。
一番上の姉は生まれつき身体が弱く、医者になるのは無理と言われていた。
二番目の姉はというと、幼い頃に嗜み程度に習っていたはずのピアノで才能が開花
ピアノ留学などを経て、周囲の強い勧めもあって音楽の道を進むことに。

そうすると自ずと後継は私に押し付けられるわけで、加えてもう後がないものだから
幼い頃から習い事もさせてもらえず勉強一本。小学生の頃はまだ素直な方だったし
別段勉強も嫌いではなかったので、諸々の不満を抱えつつも親の望む中学に合格。

けど、中学生にもなるとやりたい事ややってみたいことが色々出てくる。
でも私自身、親と対立したり機嫌を損ねることを避けるタイプだったから、何も言えないまま
両親や自分たちの好きな道に進んで楽しくやっている姉たちに不満が溜まり続けていた。
で、中学3年の冬休みに何かがぷつんと切れた。

その辺のものを手当たり次第に投げつけて母と姉に怪我をさせた。
姉のピアノを破壊して、楽譜はびりびりに破ってしまった。
止めに入った上の姉を突き飛ばして発作起こさせて病院送りにしてしまった。
最終的に父親に殴られて沈静化した。

以来、腫れ物に触るような態度の両親、コンクールが近かったのにピアノを破壊された下の姉
発作で入院して、第一志望の大学の入試をフイにした上の姉と、しばらくの間は家の中が
ギスギスというか不穏な空気で、私が原因とはいえ居心地悪くて精神的な修羅場だった。

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

4: 3/1 2012/09/07(金) 03:36:53.16 ID:aGmx6/QI0
3歳年上の姉の話。 

私の姉は可愛くて勉強も出来、人当たりの良いコミュ力の高い人。 
でも私には影で陰湿な意地悪を沢山してきた人でした。 
俗に言う綺麗に汚い事を上手にできる人。 
そして何より人の不幸が大好きな人でした。 
勉強の出来が良くない私をバカにして 
10代の時に病気が原因で障害者になった後もお約束通り障害の事を貶してきたりと。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

35: 名無しさん@HOME 2014/06/19(木) 15:17:09.36 0
グロ注意

長文失礼します
姉が妹の私に性的虐待をしていてそれが両親にバレたこと
文武両道で美人で親も自慢する近所でも評判の姉で私も尊敬していた
姉が中学に入ってから、夜になると私の部屋に忍び込み性的虐待をするようになった
騒いだらボールペンで目を刺すと言われて、体格的にも(中学入学の時点で身長170cm)立場的にも(姉と比べ私は全てに劣る)上の姉に逆らえず三年間、毎夜、性的虐待をされた
姉のそれはお腹を殴ったり、眼球を舐め回したりするような加虐的なもので、ある夜ライターを持ってきて何をするかはわからなかったけれど、それが原因でベッドに火がつきちょっとしたボヤになって姉の性的虐待が親にバレた

この記事の続きを読む >