鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:妊娠

 (5コメント)

2110ad85-s

23: おさかなくわえた名無しさん 2018/08/11(土) 01:59:41.13 ID:deqCf2lL
愚痴を吐き出し。
幼馴染が妊娠したんだけど、4ヶ月になるまで教えてもらえなくてなんかガッカリしてしまった。
遠方に住んでるんだけど月一くらいで連絡は取り合ってて、その子の不妊治療の話とか割とプライベートな話も色々と聞いてた。
ある時、電話で話した時に具合が悪いから仕事を辞めるかもとか、春になるまでには元気になるといいなって話をされて、勘が悪いからつわりだとは思わずてっきり何か大病なのかと心配したよ。
「そんなに悪いの?胃腸炎とか?」って驚いて聞いたけど、「あー、まぁそんな感じかな…」って曖昧にしか言わないから聞いちゃいけないのかと思って深くは追求しなかった。
で、数ヶ月経ってからの妊娠報告。その間は何となく誤魔化されてた感じ。
もちろん流産の危険もあるから所構わず話さないっていうのは分かるんだけど、そんなに仲良くない子有りの知人には色々と話して参考にさせてもらってたみたいで、さらにもやもや。
うちは既婚小梨だったからか不妊治療のこととかはざっくばらんに話してたのに、子どもができた途端に急に気を遣わなきゃいけない人、迂闊に子どもの話を出来ない人ってみなされたみたいでなんか残念な気持ちになってしまった。
どうしても子どもが欲しいわけでもないからいわゆる不妊様オーラは出してなかったと思うんだけどな…
こればっかりは仕方ないと思いつつ、誰かに言ったりするようなことでもないから吐き出し。
ちょっとスッキリしました!

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

056

379: おさかなくわえた名無しさん 2017/10/28(土)10:57:28 ID:Hf1
先に、冷やかしお断りです
妻に「私と子供はあなたの親孝行の道具でない」と言われました
その言葉が妻っぽくなったので検索したら似たようなフレーズがたくさんひっかかり
こういうネットでよく言われる言葉だとわかったので妻にそれを言ったら何かウワーッとわめくというか、何か言っていました。
よくわからなかったので「寝る」と言い寝たら、朝起きたら手紙が置いて有りました。
妻と子はいませんでした。
・何かというと「親に~させてやりたかったから」と言われるのが嫌
・親に孫の顔を見せたいから結婚した
・親に孫の世話をさせてやりたいから実家にいこう
・親も自慢だろうから何々しよう
と言うのが嫌
・妊娠中も「親に見せたいから」「親が自慢だろうから」とあちこち連れ回され嫌だった
・ストレスで色々あったのに全然覚えてないでしょ
・生まれてからもっとひどくなった
・親孝行したいなら自分でしろはネットで知ったフレーズだがそのまんま当てはまるから使っただけ
と書いてあります。
やばいですか?やばい感じしますよね…怒ってますねこれ…
妻はガラケーなんですが置いていっちゃったから連絡とれません
どうしたらいいですかね…

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

00000

490: おさかなくわえた名無しさん 2010/02/19(金) 00:31:12 ID:9X/RzWZYO
過去の思い出。年齢は当時

私子(21)
姉子(26)私子の姉
ゴミ男(21)
兄男(31)ゴミ男の兄
私子とゴミ男は大学で知り合った。
ゴミ男は小さい頃から親と不仲で原因は両親が長男である兄男優先の生活だったから。
いつも少し拗ねたような甘えたような表情のゴミ男に一目惚れした私子は必死で彼を支えようとした。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

no title

366: おさかなくわえた名無しさん 2008/05/18(日) 21:04:28 0
コトメコが、妊娠中の腹を殴る話しあったんで、 
コトメコにトラウマを植え付けてやった(かも知れない)思い出を書いておく。 

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

995

382: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/02(水)14:14:05 ID:yUi
元夫の話。

妊娠が分かって籍を入れた12月初め。
入籍して10日も経たない内に朝帰りや外泊をするようになった。

入籍した途端のこの行動に散々喧嘩にはなったけど
年末だから忘年会もあるし子供が産まれれば変わるでしょうとの
周りのアドバイスもあって耐えていたけど

自営業である元夫が仕事納めにやった忘年会で百年の恋も冷めた。

その忘年会には家族と従業員やその家族、親しい取引先の方で
毎年やっていたのだけど(結婚前は彼女として参加)
その忘年会で初めて参加する取引先の方に元夫が私を妻として紹介した。
そしてその方に「奥さんは働いてるんですか?」と聞かれた元夫の一言。


「いや、家政婦みたいなもん。」



百年の恋も醒めた。

この記事の続きを読む >