鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:失踪

 (2コメント)

bab3c52c
438: 名無しさん@おーぷん 2014/11/28(金)14:48:29 ID:kl1
息子が失踪した事

大学進学して一人暮らし中の息子の部屋で、浴槽で水に沈んでいるパソコンを見たのが三日前の修羅場
暴走癖のある私に対して、腫れ物を触るような家族の対応が修羅場
その後かかってきた不審な電話が、現在進行形の修羅場

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

images (43)

97: 名無しさん@HOME 2016/11/15(火) 11:44:05.29 0
嫁が不倫して、4歳、2歳、生まれたばかりの子供を置いて失踪。そして、嫁の妹が『私を姉の代わりにしてください』ってボロボロ泣きながら、抱きついてきたときが最大の修羅場。
俺の親と仕事上、切っても切れない関係だった嫁親は、俺には平謝りだったが、嫁妹には体を売って慰謝料を稼げと言っていたらしい。
可哀想に、真っ青な顔でガタガタ震えながら、ごめんなさいごめんなさいって謝ってた。
どんなAVだよ…と思ったが、手を出せるわけもなく、とりあえず、逃がした。
嫁妹とは、それっきり会っていなかったが、今朝、偶然、出張先の主要駅で声をかけられたので、吐き出し。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

48299_249_2009-12-25-141602-m
450: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/02(水) 16:40:16.86
20代半ばで結婚し、妊娠しました。

小さなアパートで暮らしていたので 
「子供を育てるならもっと広い所に行かないとね」という話をしていたのですが、 
元夫は何か人ごとというか「うん、そうだね」とは返事をするけど実感がないというか。 

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (5)

192: 名無しさん@おーぷん 2014/08/04(月)12:47:31 ID:DxsnOQixs
3月に住んでいたマンションの契約更新せず引越しを行う予定だったが、
その時同棲する彼氏の引越しがうまくいかなかったり、
自分の親には報告したり話を重ねたもののうまく行かず親、彼氏、自分の引越しのことでいっぱいいっぱいだった。
しかしながら自分で決めたこと、と早く早くにできることを行い、彼氏もなんとか頑張っていた。
親、といっても母は脳系の病気で、障害は無いが短期記憶が忘れてしまうような状態。
父に話をするも気まずい雰囲気だった。厳しいひとだったし。
賛成も反対も自分がすることではない、お前の問題だ、と言っていた。でもよく思ってなかった。

また、中旬には大学友人の結婚式に招待され、受付と二次会幹事もまかされており、
自分のキャパシティと相談しながらOKしたものの大変なことに。
こちらも早め早めに支度をしていた。
仕事と引越しと結婚式の準備で、ほぼ毎日いつもの半分の睡眠時間だった。
全てをしゃにむに頑張って、大変だけど自分で決めたことだし、
きっと全てに力を注ぎきれば
引越しも家族の理解も、結婚式も全てうまく行くだろうと信じていた。
花嫁の喜ぶ顔や祝福する大学の先輩後輩、そして自分の笑顔を妄想してがんばった。

そんな結婚式にでられなかったときの気持ちが一つ目の修羅場。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

normal

81: 名無しさん@おーぷん 2015/06/08(月)16:03:19 ID:zYz
3/1 小学校のPTAで仲良くなったママ友Aさん。
子供は性別もクラスも違うので友達ではなかったけど、
私とAさんは互いの家を行き来して、おしゃべりしたりおかずを融通し合う仲になった。
Aさんは専業主婦で実家も裕福、旦那さんの実家も裕福で、
旦那さん、お父さん、お舅さんは人にお金持ちだと思われる職業。
(はっきり書いてしまうと特定されるかもしれないのでぼかします)
息子が2人いて、兄の方は、うちの娘の情報によると、
頭がよくて女の子にもやさしい優等生。
弟の方は幼稚園児で、これまた利発でしつけのきちんとした良い子。

新年度になってPTAの任期も終わり、弟くんが小学校に上がったのを機に、
Aさんはパートで仕事に……ではなく、カルチャースクールに通い始めた。
小説とかの書き方を習っている。学生時代は詩人や小説家に憧れていたんだそうだ。
しかし意外なことになった。
Aさんは恋に落ちた。本人いわく、「運命の人」に出会った。

お相手は、同じスクールに通う大学生。Bとする。
Bは文学部の学生で、やはり小説家や詩人になりたいので、
大学の他にスクールで腕を磨いているそうだ。
「目指す道が同じで、感性も似ていて好みも合うし。
運命の人に出会ったって思うの。
旦那とはお見合いで、周りに勧められるまま結婚したし」
Aさんはうちでお茶しながら、こんなことをうっとりと語った。
私は「浮気はダメだよ、子供さんが可哀想だよ」と言うしかなかった。

この記事の続きを読む >