鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:失踪

 (3コメント)

ダウンロード (5)

192: 名無しさん@おーぷん 2014/08/04(月)12:47:31 ID:DxsnOQixs
3月に住んでいたマンションの契約更新せず引越しを行う予定だったが、
その時同棲する彼氏の引越しがうまくいかなかったり、
自分の親には報告したり話を重ねたもののうまく行かず親、彼氏、自分の引越しのことでいっぱいいっぱいだった。
しかしながら自分で決めたこと、と早く早くにできることを行い、彼氏もなんとか頑張っていた。
親、といっても母は脳系の病気で、障害は無いが短期記憶が忘れてしまうような状態。
父に話をするも気まずい雰囲気だった。厳しいひとだったし。
賛成も反対も自分がすることではない、お前の問題だ、と言っていた。でもよく思ってなかった。

また、中旬には大学友人の結婚式に招待され、受付と二次会幹事もまかされており、
自分のキャパシティと相談しながらOKしたものの大変なことに。
こちらも早め早めに支度をしていた。
仕事と引越しと結婚式の準備で、ほぼ毎日いつもの半分の睡眠時間だった。
全てをしゃにむに頑張って、大変だけど自分で決めたことだし、
きっと全てに力を注ぎきれば
引越しも家族の理解も、結婚式も全てうまく行くだろうと信じていた。
花嫁の喜ぶ顔や祝福する大学の先輩後輩、そして自分の笑顔を妄想してがんばった。

そんな結婚式にでられなかったときの気持ちが一つ目の修羅場。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

normal

81: 名無しさん@おーぷん 2015/06/08(月)16:03:19 ID:zYz
3/1 小学校のPTAで仲良くなったママ友Aさん。
子供は性別もクラスも違うので友達ではなかったけど、
私とAさんは互いの家を行き来して、おしゃべりしたりおかずを融通し合う仲になった。
Aさんは専業主婦で実家も裕福、旦那さんの実家も裕福で、
旦那さん、お父さん、お舅さんは人にお金持ちだと思われる職業。
(はっきり書いてしまうと特定されるかもしれないのでぼかします)
息子が2人いて、兄の方は、うちの娘の情報によると、
頭がよくて女の子にもやさしい優等生。
弟の方は幼稚園児で、これまた利発でしつけのきちんとした良い子。

新年度になってPTAの任期も終わり、弟くんが小学校に上がったのを機に、
Aさんはパートで仕事に……ではなく、カルチャースクールに通い始めた。
小説とかの書き方を習っている。学生時代は詩人や小説家に憧れていたんだそうだ。
しかし意外なことになった。
Aさんは恋に落ちた。本人いわく、「運命の人」に出会った。

お相手は、同じスクールに通う大学生。Bとする。
Bは文学部の学生で、やはり小説家や詩人になりたいので、
大学の他にスクールで腕を磨いているそうだ。
「目指す道が同じで、感性も似ていて好みも合うし。
運命の人に出会ったって思うの。
旦那とはお見合いで、周りに勧められるまま結婚したし」
Aさんはうちでお茶しながら、こんなことをうっとりと語った。
私は「浮気はダメだよ、子供さんが可哀想だよ」と言うしかなかった。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

5452

496: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/12/15(月) 02:26:39.92 ID:O+CZPP8Z.net
学生時代にイタチが屋根裏で子供生んだまま失踪したこと
保護して巣立つまで家族全員が修羅場でしたわ
可愛いけどくさいし、野生に帰すから洗えないし
だからって子イタチ保健所に渡すのも気が引けるし
ネットもろくに発達してなかった時代なんで食べるもの調べるのも一苦労だった

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

ダウンロード

485: 名無しさん@おーぷん 2016/02/08(月)23:25:18 ID:Jve

カッコウの子は所詮カッコウなんだと思い知ったのが修羅場。
長い上に胸糞系。

私が中学に入った年に父親が若い女と浮気して男の子を生ませた。
跡継ぎ作れと時代錯誤なことを繰り返していた祖父母は異母弟を産んだ女を歓迎し、私たち姉妹と母を追い出して浮気相手を後妻に迎えようとした。
私たち姉妹の養育費を確保するために母は慰謝料を父親と不倫相手に要求し、相手方の親が払ったらしいけど、生まれた子を置いて不倫相手はどこかへ消えた。

残ったのは赤ちゃんだった異母弟。
父方の祖父母は今でいうパチンカスで両親の仕送りで生活している有様だったから赤ちゃんを育てるのはハナから無理で、育児の手ほしさなのか父は再構築を願い出た。
父が再構築を願い出てきた時、母は迷った末に了承。
母が再構築を受け入れた理由には、おそらく私たち姉妹の学費の捻出があったんだと思う。
(当時私が中学1年、妹は小学5年生。どちらも私立に通っていたし、付属だったからそのまま進学するつもりでいた。)
それまで専業主婦だった40前の主婦が働きに出ても私たち姉妹の学費にはとても足りず、母方の祖父母はすでに年金暮らしで経済的には頼れなかった。
慰謝料を分割にしても父はおそらく払わないと想像がついた。
男の子が生まれた途端に「いらない」と言われた私たち姉妹を父の元に残して離婚するわけにもいかず、母は再構築を受け入れたんだと思う。
この一連も修羅場と言えば修羅場だけど割愛する。


異母弟を育てることになって、反発した私たち姉妹を「自分より弱い命を苛めるような情けない人間にはならないで」と母は繰り返し言った。
内心腸が煮えくり返っていただろうに、母の異母弟に向ける態度は私たち姉妹に向けるものと同じで、母を見ているうちに私たち姉妹も異母弟を可愛いと思うようになった。
異母弟が中学の半ばに差し掛かるまでは仲のいい姉弟だったと思う。

異母弟が中学の半ばになったとき、父親の浮気相手だった女がふらりとやってきてそこから異母弟がおかしくなりだした。
そのころ私と妹はすでに成人して家を出ており、私は双子妊娠中だった。
後日母や異母弟から聞いた話をまとめると、
・浮気相手だった女は私母に産んだ息子を取り上げられた。
・会うことすら認めてもらえなくて、会ったらまだ赤ちゃんだった弟を川に投げ捨てると脅された。
・私とお父さんは出会う順番が遅かっただけで、愛し合っていたのに母が嫌がらせをして引き裂いた。
的なことを浮気相手は異母弟に吹き込んだらしい。

異母弟は母が実の母親じゃないとそのころには知っていた。
(お節介な父方の親族が何かの際にリークした。)
それですっかり実の母親の言うことを真に受けて、母に暴言やDⅤを繰り返すようになった。
それを止めもせず、父は加担したらしい。そこに浮気相手だった女まで混じっていたと聞いたときに、夫が止めてくれなければ私は確実に殺人犯になったと思う。

きっかけは経済面でも再構築しているうちに母は父を許していたのに、自分が外で作った子を14年も愛情いっぱいに育てた母にどうしてそんな仕打ちができたのか。
今でも父と異母弟が信じられない。

ごめんなさい。
入りきらなかったので分割します。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

bab3c52c
438: 名無しさん@おーぷん 2014/11/28(金)14:48:29 ID:kl1
息子が失踪した事

大学進学して一人暮らし中の息子の部屋で、浴槽で水に沈んでいるパソコンを見たのが三日前の修羅場
暴走癖のある私に対して、腫れ物を触るような家族の対応が修羅場
その後かかってきた不審な電話が、現在進行形の修羅場

この記事の続きを読む >