鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:失踪

 (0コメント)

ダウンロード (4)
42: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/06/28(火) 19:47:02.08
今月の中頃。
俺が外出先から帰宅した時に、リビングで友達と電話中の嫁。
俺の帰宅には気付いてない。
会話の内容を陰から聞いてると、
「旦那は低性能ATM」
「旦那の貯金はエステと彼氏とのデート代で消えたw」
「新しい彼氏と温泉旅行に来週行くの」
「私が何年も夜の相手しないから旦那は自室で自慰三昧(爆笑)」

次から次へと出る信じられない言葉…

今月で仕事辞めようと決意し、先程部長に辞表を提出してきた。
引き継ぎで1週間ほど時間が掛かるが、
仕方ない。
失踪し、どこかでひっそりと暮らすよ。
幸い、親に預けてた金が500万くらいあるし、しばらくは生活できるだろう。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

36

499: 名無しさん@HOME 2013/09/15(日) 23:08:18.65 0
二人目を授かって、やっと安定期に入ったので実家に報告に行った。実家にはでき婚して、夫のDVが原因で離婚し戻ってきた妹がいる。
2人目ができたよって言ったら、妹が、「はっ⁉ねーちゃん何言ってんの⁈」と大声をあげ、両親、私、子どもたちぽかーん。
妹曰く、私はシンママとしてがんばってる彼女のために子どもを増やしてはいけない。なぜなら、甥、姪にかけるお金と時間と手間が減るから。
さらに遺産も。
もうね。我が妹ながらバカかと…
確かに甥っ子たちはかわいいけど、うちの夫が大家族出身なので兄弟はたくさんいた方が楽しいねって話していたし。
「何人産もうがこっちの勝手だ。」と伝えて帰った。
翌日、甥っ子と姪っ子が我が家の玄関前に放置されていた。妹は失踪。携帯はつながらない。慌てて実家や妹の元夫に連絡をとったが、誰も行き先は分からない。
こっちも仕事があるから、子どもが通う保育園にお願いして一時預かりへ。
昼ごろやっと妹と連絡が取れたが、「何人も産みたいなら子どもはやる。悪阻も陣痛もなしに子どもが増えたんだ。ありがたく思え。」
「子どもがいるせいでまともな仕事につけず、服や化粧品も我慢してきた。なんで私ばかり。不公平!」
「気が済んだら帰るから、それまでねーちゃんの子どもとして育てとけ。金は払わない。」
ということを言われ、音信不通に。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

bab3c52c
438: 名無しさん@おーぷん 2014/11/28(金)14:48:29 ID:kl1
息子が失踪した事

大学進学して一人暮らし中の息子の部屋で、浴槽で水に沈んでいるパソコンを見たのが三日前の修羅場
暴走癖のある私に対して、腫れ物を触るような家族の対応が修羅場
その後かかってきた不審な電話が、現在進行形の修羅場

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

48299_249_2009-12-25-141602-m
450: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/02(水) 16:40:16.86
20代半ばで結婚し、妊娠しました。

小さなアパートで暮らしていたので 
「子供を育てるならもっと広い所に行かないとね」という話をしていたのですが、 
元夫は何か人ごとというか「うん、そうだね」とは返事をするけど実感がないというか。 

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (5)

192: 名無しさん@おーぷん 2014/08/04(月)12:47:31 ID:DxsnOQixs
3月に住んでいたマンションの契約更新せず引越しを行う予定だったが、
その時同棲する彼氏の引越しがうまくいかなかったり、
自分の親には報告したり話を重ねたもののうまく行かず親、彼氏、自分の引越しのことでいっぱいいっぱいだった。
しかしながら自分で決めたこと、と早く早くにできることを行い、彼氏もなんとか頑張っていた。
親、といっても母は脳系の病気で、障害は無いが短期記憶が忘れてしまうような状態。
父に話をするも気まずい雰囲気だった。厳しいひとだったし。
賛成も反対も自分がすることではない、お前の問題だ、と言っていた。でもよく思ってなかった。

また、中旬には大学友人の結婚式に招待され、受付と二次会幹事もまかされており、
自分のキャパシティと相談しながらOKしたものの大変なことに。
こちらも早め早めに支度をしていた。
仕事と引越しと結婚式の準備で、ほぼ毎日いつもの半分の睡眠時間だった。
全てをしゃにむに頑張って、大変だけど自分で決めたことだし、
きっと全てに力を注ぎきれば
引越しも家族の理解も、結婚式も全てうまく行くだろうと信じていた。
花嫁の喜ぶ顔や祝福する大学の先輩後輩、そして自分の笑顔を妄想してがんばった。

そんな結婚式にでられなかったときの気持ちが一つ目の修羅場。

この記事の続きを読む >