鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:失敗

 (4コメント)

new_6a15f41b-s

166: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/11(土)02:58:37 ID:OAD
身バレ防ぐために一部ぼかします
結納も済んだ彼氏の家族が自己破産したそうです
事業に失敗したとか連帯保証人になってたとかではなく、単なる浪費癖によるものでした
額は300万、誰にも気づかれなかったそうです
しかも働いておらず、真っ当なところから借りていなかったそうで、それも自己破産の理由みたいです
そのことで彼氏に婚約破棄を申し入れました
自己破産は黙っていれば他人にバレないからと彼氏も知っていながら私に伝えておらず、「家族の自己破産は俺に関係ないだろう」と私側の責任でなら婚約破棄を受け入れると言いました
要するに金を出せと
私も事由によっては受け入れたかもしれませんが、調べた所間違いなく浪費癖
浪費癖って自己破産したところで治るものではないと思うし、日本では家族と絶縁ってできないんですよね
彼氏はそれでも自分に無関係だから婚約破棄は私の責任といいますが・・・
どうなんでしょうか
皆さんならこの条件の方と結婚できますか?
一日ネットで自己破産について調べてみましたが、借りていた場所が危ないところだと自己破産しても関係ないと出てくるし、信用なりません
式場も予約しており、指輪も制作していて、婚約破棄する場合はその費用も全部私が払えと言われています

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

1002

175: おさかなくわえた名無しさん 2017/03/06(月)09:54:37 ID:mxt
先日、彼女がちょっとした失敗をした。
なんでそんな失敗するんだよと思った内容だったが、イラっとする気持ちを抑えて「俺がやっとくからいいよ」と言った
明らかに気落ちしてる彼女に「コーヒー飲みたいな」と言ったら「買ってくる!」と言ってホットコーヒーを買ってきた
「俺、冷たいののみたかったんだけど」と言ったらまた買いに行こうとするから、無駄遣いだしもういいからと引き留めた
その5分後、彼女がなんかそっぽ向いてるからこっち向かせたら泣いちゃっててビックリ
いやそんな事で泣くのかよと
でも思い返せば彼女は基本的にすごく優しくて気遣いも半端ない
俺が同じ失敗したら間違いなく「全然大丈夫だよ!」「私のためにしてくれて本当にありがと!」って
笑顔でいつも以上に励ましてくれると思う(俺が自己嫌悪で落ち込みやすいこと知ってるから)
彼女はそういうとこまで期待してたのに、俺が素っ気なくしてたから辛くなって泣いてしまったらしいんだな
彼女のそういう優しいところはすごく好きだけど、俺にもそこまでのレベルの励ましとか求められるのもどうなんだと思ってしまう
彼女のせいでイラつかされて、我慢するだけでも労力使うのに、失敗した相手を励ましたりフォローしたりしなきゃいけないのか?と
ただし失敗率についてはどちらかといえば俺の方が高いんだけどな…

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

65

339: おさかなくわえた名無しさん 2018/08/18(土) 21:56:18.23 ID:CPIhwSm0
ダイエットを始めた事と食生活をSNSに上げたら
ダイエットを失敗してるような体型の友人が盛んにそれじゃダメだとダメだしをして盛んに絡んでくる
自分の失敗例からかと思いきやそうではなく
自分の一時的ダイエットの成功を語りたいだけの模様
いや長期的にみてお前失敗してるからどのダイエットは成功じゃなく失敗例に見える
SNSに上げる事でカロリー気にするようにんるしゆっくり改善したいだけなのでほっておいて欲しい

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

106

477: おさかなくわえた名無しさん 2008/10/19(日) 22:34:12 ID:nx2+fSRP
当方学生カップル。
その日は私の誕生日だった。
私の昔話をしていたのだけれど、彼は女子校が嫌い。
そして私は女子校出身。

「(女子校なんか)クズがいくところ」
「(女子校になんか行ってたお前は)失敗作」

そんなに私のことが嫌いなら祝ってくれなくてよかったのに……。
私は自分の学校が好きだし、失敗だとも思ってない。
泣いて泣いて、気付いたら冷めてた。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

787

63: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/27(火) 23:19:55.08 ID:qTJgdqH+
流れを読まずに投下。

大学に入って初めてできた彼氏だったので、お互いの家でいろいろな料理を作っては食べさせ合うのが、週末デートの定番だった。
ある日、カルボナーラを作ろうと思ったが、失敗してしまい意気消沈していると彼氏が
「何でカルボナーラで失敗するかな。来週、俺の家で美味いカルボナーラ食わしてやるよ」
と美味しんぼみたいなことを言われた。まだ料理初心者だったこともあり、美味しいカルボナーラの作り方を知りたいとワクワクして、次の週末彼の部屋に行った。
確かに美味しいカルボナーラは食べられたんだけど、市販のカルボナーラのパウチを温め、その中に生ハムを投下したものだった。
彼の言うように失敗のしようがない作り方だが、これをもって料理という彼に怒りが込み上げ、数日後には別れることにした。

この記事の続きを読む >