鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:大好き

 (9コメント)

012

106: おさかなくわえた名無しさん 2018/09/13(木) 02:20:54.25 ID:CQHbsg30
二十歳くらいまで、甘いお菓子、ジュース大好き
大好物はミルクティーと、カルピスと、シュークリームと、アイスだった

けどある日、大好きないつも食べてるアイスを食べてたら
「甘すぎるーーー!!!こんなん全部食えん!!!」と残してしまい家族に食べてもらった
体調の関係か、私の手に取った商品が偶然激甘だったのかと思ったけど
その後大好物だった上記菓子類食べても
「甘すぎてマズイ、食えん」となってしまった
アイスに至っては前日までおいしいおいしいと食べてたものなのに
急に味覚って変わるもんなのかな

今では甘い物自体苦手になってしまった

サクレみたいなシャーベット系ですら甘くて苦手
ポテチみたいなしょっぱいスナック菓子なら食べれるけど
チョコ、クッキー、ケーキ系は苦手
食べれないことはないけど、アーモンドチョコなら1粒食べたら「もういらない」となってしまう

おかげでちょいぽちゃだった体形は自然と痩せていったw

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

af9920067038m-1

772: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/27(火) 02:41:49.29 ID:5BtOsaJk0
普段はすごく優しくて大好きなんだけど新しい服とかかばんとか買った時 似合ってないとかなんでそれ買ったのとか言われる
悪気はなくて違う系統のものが似合うって意味を含んで言ってるらしいんだけど、せっかく気に入って買った物そんな風にいわなくてもーっておもう
私の心が小さいのかなーーーー

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

158

408: おさかなくわえた名無しさん 2008/06/20(金) 14:30:56 ID:GRjbZvJ7
2年程前の冷め話を。
彼はさりげない気配りが出来るような人で
一緒に居てとても楽しく本当に好きでした。
ですが、ある日初めて彼の家に遊びに言ったとき
目が飛び出るんじゃないかってくらい驚きました。

もう見渡す限りピンクピンク ピ ン ク・・・
溢れそうなほどの人形にかわいらしい机など…一人っ子で姉も妹も居ません。
「かわいいでしょ~!」といって人形(なんか大きい熊)にながーいキスをする彼。
引きつった顔で気分が悪くなったみたいとだけ告げ走って帰りました
前から私の髪の毛を結んだりするのが大好きな人で(毎日違う髪形にしてくれました)
ピンクのゴムで結んでピンクのピン(?)でまとめてくれたりと・・・
少しだけ「ん・・・・・・・?」とは思ってましたが大して気にしていませんでした
まさかあんなに女の子のような人だとは・・・
家についた後少し悪い事したかな、と思いましたが
さすがにお姫様風ベッドはないだろ・・・と思いそのまま別れを告げました。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

thOO40T2ZZ

318: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/25(日) 09:01:25.88 ID:wPDCqqq0
ことあるごとにお母さんお母さんと言う人だったので本当にお母さんが大好きだったんだと思います
一度共通の知り合いが冗談ぽくマザコンだよねと彼に言ったとき「うちは母子家庭でここまで育ててくれたお母さんに孝行して何が悪いの?俺なんか間違ったこと言ってる?」と淡々と食って掛かってました。
正しいと思うし親からしたら立派な息子だと思うけどやはり私と天秤にかけたとき迷いもなく親を選んだところが決定打ですね。
これが「お母さんくるけどこんな雨の中君を外に出すわけにもいかないしどうしよう!」だったら自分から外で待ってようか?と言ったと思います。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

143

148: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/16(金) 20:17:15.00 ID:R3KfcVP2
理不尽冷めかも。
夏場の普段着が「THE・日曜のお父さん」みたいな姿でも大好きだった。
縞のポロシャツにサッカー生地のチェックのハーフパンツ
足元はビジネスソックスにサンダルという姿で
近県プチ旅行に現れた時でも大好きだった。
内心「ださ…」とか
「ちょ、その格好で街中闊歩するの?」とは思ったけど
それでも彼が大好きだった。

今日仕事帰りに食事デートして、お座敷形式のお店に入ったら
彼のソックスが女性用ストッキングみたいな生地のスケスケソックスだった。

昨日まで会いたくて会いたくて震える西野カナの気持ちがわかるくらい大好きだったのに
今日の無駄に色気の有る彼のソックスを見たとたん
「なぜ、そのチョイスを?」
「どこに売ってんだ?それ。」
「つーか、それ温かいの?」
とか色々ぐるぐるしてしまって、もうどうでも良くなった。

「色気の有るソックスが嫌だから別れる」とは言えなくて
今、なにかしら適当な理由を模索中。

この記事の続きを読む >