鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:大喜び

 (5コメント)

6

127: おさかなくわえた名無しさん 2018/09/13(木) 18:05:39.11 ID:ZMTxUcdK
義父母に送った父の日・母の日・誕生日等のプレゼントが
全て義父母のご近所や親戚に分配されていたこと
初年度に花やクッション(夫セレクト)を送ってもあまり喜ばれなかったので
お中元感はあるけれど複数個入ったセット(ゼリー、果物、ビール等)を送ったら大喜び
そしてある日「AさんのところやBさんのところ、
親戚のCさんにもあげたのよ~」と悪びれず言われた
そういえば、遠出しても観光ではなくお土産を買ってばらまくのが楽しみだと言っていたし
自分のところがお祝いを貰っていなくても、親戚に慶事があればお祝いをしている
親にあげたプレゼントなのに…と夫は複雑そうだけど、
義両親が幸せならそれで良いかと思うことにした

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

085

306: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/27(金)20:05:23 ID:wIb
お年玉付き年賀はがきが当たった時の話。
10年以上前のこと、いつもは切手しか当たらないんだが、
その年だけはふるさと小包(だったと思う)で
「和牛ステーキセット」!だった。
さっそく手続して、届いて、家族みんなで(たしか2人分で、
うちは4人なので半分ずつにしたが、肉がでかくて1/2人分で十分だった)
「さすが和牛!おいしーねー!」
「柔らかいねー!味が濃いねー!」
「ふだん食べてるのと全然違うー!」
と大喜びで食べた。

それから一か月くらいして。
某デパートから電話があった。
「お年玉年賀はがきの和牛ステーキセット、
当店が請け負って発送しているんですが、手違いがありまして」
「えええっ!とっくに食べちゃいましたが!」
「いえ、違うんです。こちらの手違いで、
和牛ではないステーキセットをお送りしてしまったんです。
複数のお客さまからのご指摘で発覚いたしまして、申しわけございません、
正しい和牛ステーキセットを送り直させていただきます」
「あのでも、前のは食べちゃって返せませんが…」
「よろしいんですよ、それはお召し上がりいただいて、それとは別に、です」

再びステーキセットが届いた。
二度もステーキが食べられてよかったが、
食べてすぐ「むっ!これは和牛ではない!」と気づく人も複数いたというのに
うちは単純に「わーいわーい」で気づかず、貧乏舌とわかってちょっと凹んだ。
どっちもおいしかった。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

07

303: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/18(火) 01:29:35.49 ID:soFpsr7D
6歳上の彼氏。
年齢も年収も彼の方が上だけど、自立した男女として金銭的にも精神的にも
平等に付き合っていたと思ってるし、それに満足もしてた。
ところが、先週彼からプロポーズされ、指輪を渡された際。
大喜びで受け取ろうとしたら彼「代金は後で払ってね。君しか使わないんだし」
いくらなんでも、夢が無さすぎだよ…
支払い拒否したらドケチ呼ばわりされ、別れを切り出されたのでOKした。
もちろん指輪は受け取ってない。
もう一度話し合いたいって何通もメール来てるけど二度と話す気ない。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

10

98: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/14(月)16:08:05 ID:f3y
20代のとき、かなり年の離れた男性と結婚した
男性には10歳の子供がいて、交際時にかなりなついてくれてた
男性がかなりずぼらで、ゴミだらけの家を掃除したりおしゃれのお手伝いをしたりしたら大喜びで、「お姉チャンがお母さんになってくれるなんて夢見たい」ち
と言ってくれた
でも結婚し母になったら、急にその子からいじわるをされるようになった
私が作ったご飯をたべずに捨てて、夫が帰ってきたら「ご飯をくれなかった」と泣きついたり、体育でできたアザを見せて「ぶたれた」と言ったり
男性は娘命だったから娘の言うことを鵜呑みにして私を叱った
やってないと何度言っても信じてもらえなくて、夫から殴られることもあった
今から思えば、その子の行動は「試し行為」だったんだとおもう
私が夫に怒鳴られているとき、その子はいつも泣きそうな目で見ていた
でも態度は変わらず、最後には夫と夫両親にほぼリンチのように殴られて離婚した

離婚してボロボロになって死のうと思ってたんだけど、周りの人が皆私の味方になってくれた
こいつは虐待なんてする子じゃないって皆が夫に詰め寄ってくれた
鬼のように厳しい上司も私のために泣きながら動いてくれた
それが嬉しくて嬉しくて呼吸ができなくなるくらい泣いた
それで夫だった人が女の子に話を聞いたところ、全部嘘だったって告白したらしい
でももうそれで何が変わることもなく終わり

それで本題だけど、昨日その女の子と街で会ってしまった
シミとシワが目立つ服を着て、とても太ってた
私を見たら駆け寄ってきて、あの頃に戻ったみたいに自分のことを話しだした
女の子の後ろでニヤニヤしてるおじさんがいて、元気か?って馴れ馴れしく聞かれたからよく見たら元夫だった
本当に浮浪者一歩手前のみすぼらしさだった
元夫の「あのときは間違っていた」って話を聞いてたら、アイスを買いに行っていた夫と娘が帰ってきた
女の子はうつむいて、元夫は絶望した顔をしていた
そのまま逃げるように離れたけど、そっと振り返ったら元夫も女の子も泣いてた

帰ってきてずっと、胸が苦しくて苦しくてたまらない
今更その親子に愛情も何もないけど、ただただ涙が出る
どうしたらいいのかわからない

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

55

20: 名無しさん@おーぷん 2017/09/25(月)21:39:42 ID:xz8
母から料理をまったく教わらずに育ったので
自分でレシピ本を買ったりネットで調べたりしながら何年も掛かって
やっと人並みに料理が作れるようになった。
それでも時々は失敗してしまうことがあって母にものすごく馬鹿にされる。

昨日もちょっと失敗しちゃって、「うわぁ何これ。まっず!」って言われて、
でも失敗したのは事実だから「まずいもの食べさせてごめんね」って謝った。

それで今日はいつもより気を付けて作ってたのに
「昨日はすごいもの食べさせられたわねぇ」って蒸し返してきて、
「お父さんもお兄ちゃんも黙って食べてたわよww可哀想にww」って笑われて
部屋に帰ってから涙が出て来た。

自分はレトルトばかりで何も作らないし料理を教えてもくれなかった癖に
失敗したらここぞとばかりに大喜びで馬鹿にしてくる神経が分からない。

この記事の続きを読む >