鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:大喜び

 (0コメント)

42

965: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/11(土)11:24:59 ID:JJR
声優ファンだった彼氏に冷めたと言うか付き合ってた事そのものを後悔した。
もう何年も前になるけど彼氏は声優の田村ゆかりの大ファンで
ライブ等欠かさず行っていた
けど当事は別に気持ち悪いと思わず優しいし一緒に居て楽し何も不満は無かった。
でもデートの際、ライブが終わった後はお金がないらしく森林公園でデートしたがったり、道中で
昼食を取りにファミレス行こうと誘っても「デート終わったら家で食べるしいいや」
と金銭的余裕がなかったから私が奢ったりしていた。
奢る際はありがと!と大喜びだったけど私が奢って貰った事はまったくと言っていいほど無かった

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

55

166: おさかなくわえた名無しさん 2016/06/19(日)22:03:52 ID:3AF
もう5年ぐらい前になるけど、当時の彼と結婚の約束をした時
婚約指輪について「この世にひとつしかない素晴らしい指輪を用意してる」と言われてたんだが
その後渡された指輪は少し歪みのある金の指輪で、石はトパーズ。
明らかに誰かが長年使っていたようなもので、傷でもあるのか殆ど輝きがなかった。
それに私の誕生石はルビーだから「何故トパーズ?」って聞いたら返ってきた言葉に意識が飛びそうだった。
指輪は彼の母親が若い頃付けていたもので、父親から初めてプレゼントして貰った物らしい。
今はもうサイズが合わなくなって使っていないらしいが、その指輪の存在を知った時から
自分のお嫁さんに付けて貰おうと思っていたそうだ。ご両親も大喜びで「ぜひそうしなさい」と言われたと。
私は別に高価な婚約指輪が欲しかったわけじゃない。ブランドとかよく知らないし。
だけど、一生に一度だけ、初めて貰う婚約指輪が将来姑になる人のおさがりって・・・。
しかも仮にも婚約指輪をミニサイズのジップロックみたいなのに入れて、
目の前でズボンのポケットから取り出すってデリカシーの無さにもショックだった。
多少鈍い所のある人だとは分かってたけど、そういう次元じゃない。
「それはお母さんの大事な思い出の指輪なんだから、私には付けられない」って辞退したら
「何言ってんだよ。これを付けることでおまえも親父やオフクロの娘になれるんじゃないか」って言われたわ。
「何言ってんだよ」はこっちのセリフだし、この時に付き合い始めて初めて「おまえ」って言われたのよね。
それも相まってムカついてムカついて。
この件で喧嘩になって、その後溝を埋めることが出来なくて別れた。
去年の暮れに彼とバッタリ会った時に、この日のこと謝られたわw
その後付き合った人と婚約した時に、また同じ指輪を渡そうとして爆泣きされたらしい。
その人にも去られたそうだ。
2度続いてやっともしかして非常識なのか?と気付いて職場の女の子たちに聞いてみたら
コテンパンに非難されたらしい。
しかし、そういうのって母親こそが注意するべきだと思うけどなぁ。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

6

127: おさかなくわえた名無しさん 2018/09/13(木) 18:05:39.11 ID:ZMTxUcdK
義父母に送った父の日・母の日・誕生日等のプレゼントが
全て義父母のご近所や親戚に分配されていたこと
初年度に花やクッション(夫セレクト)を送ってもあまり喜ばれなかったので
お中元感はあるけれど複数個入ったセット(ゼリー、果物、ビール等)を送ったら大喜び
そしてある日「AさんのところやBさんのところ、
親戚のCさんにもあげたのよ~」と悪びれず言われた
そういえば、遠出しても観光ではなくお土産を買ってばらまくのが楽しみだと言っていたし
自分のところがお祝いを貰っていなくても、親戚に慶事があればお祝いをしている
親にあげたプレゼントなのに…と夫は複雑そうだけど、
義両親が幸せならそれで良いかと思うことにした

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

085

306: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/27(金)20:05:23 ID:wIb
お年玉付き年賀はがきが当たった時の話。
10年以上前のこと、いつもは切手しか当たらないんだが、
その年だけはふるさと小包(だったと思う)で
「和牛ステーキセット」!だった。
さっそく手続して、届いて、家族みんなで(たしか2人分で、
うちは4人なので半分ずつにしたが、肉がでかくて1/2人分で十分だった)
「さすが和牛!おいしーねー!」
「柔らかいねー!味が濃いねー!」
「ふだん食べてるのと全然違うー!」
と大喜びで食べた。

それから一か月くらいして。
某デパートから電話があった。
「お年玉年賀はがきの和牛ステーキセット、
当店が請け負って発送しているんですが、手違いがありまして」
「えええっ!とっくに食べちゃいましたが!」
「いえ、違うんです。こちらの手違いで、
和牛ではないステーキセットをお送りしてしまったんです。
複数のお客さまからのご指摘で発覚いたしまして、申しわけございません、
正しい和牛ステーキセットを送り直させていただきます」
「あのでも、前のは食べちゃって返せませんが…」
「よろしいんですよ、それはお召し上がりいただいて、それとは別に、です」

再びステーキセットが届いた。
二度もステーキが食べられてよかったが、
食べてすぐ「むっ!これは和牛ではない!」と気づく人も複数いたというのに
うちは単純に「わーいわーい」で気づかず、貧乏舌とわかってちょっと凹んだ。
どっちもおいしかった。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

07

303: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/18(火) 01:29:35.49 ID:soFpsr7D
6歳上の彼氏。
年齢も年収も彼の方が上だけど、自立した男女として金銭的にも精神的にも
平等に付き合っていたと思ってるし、それに満足もしてた。
ところが、先週彼からプロポーズされ、指輪を渡された際。
大喜びで受け取ろうとしたら彼「代金は後で払ってね。君しか使わないんだし」
いくらなんでも、夢が無さすぎだよ…
支払い拒否したらドケチ呼ばわりされ、別れを切り出されたのでOKした。
もちろん指輪は受け取ってない。
もう一度話し合いたいって何通もメール来てるけど二度と話す気ない。

この記事の続きを読む >