鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:夕飯

 (3コメント)

gettyimages_135873423



269: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2017/08/23(水) 19:41:28.39 ID:TXiArKeO
旦那が夜ご飯のとき、携帯でYouTube見ながら食べるのが悩み。
私は短時間パートで、旦那は仕事で夜10時すぎとかに帰ってくるんで、一緒には食べられない。
2時間くらいかけて気合い入れて作ったごはんのときも(食べる前に今日頑張ったよ~って言ってる)携帯に集中してて、その片手間にごはん食べてるって感じで悲しくなる。
でも、旦那にとってはYouTube見れる時間はごはんのときくらいしかないの分かってるし、言ったら旦那の自由を奪ってしまうんで、言えない。
前から言いたいこと言い合える仲なんだけどかわいそうで…
我慢するしかないのかな。
たまに味わって食べてよ~って言ったりするけど、意味なし。
でも言ったらかわいそうっていう負のスパイラルwww

この記事の続きを読む >

 (15コメント)

61

275: おさかなくわえた名無しさん 2016/08/01(月) 02:54:50.26 ID:qzLKghd6
彼はホテルのフレンチレストランの厨房で、私はホテルのフロントで働いていた。
その日早上がりだった私は「夕飯何か作って待ってて」と頼まれたので、夕飯を作って彼が来るのを待っていた。

彼「ただいまー」
私「おかえり」
彼「何?今日クリームシチュー?」
私「そうだよ、上手くできたと思うよ」
彼「…コンソメの素使った?」
(流しの三角コーナーを覗きながら)
私「うん」
彼「俺、晩飯いらないわ」私「…え?」

彼曰くコンソメの素なんか使ったものを"料理"と呼ぶなと。
誰が作っても同じ味じゃないかと。
疲れて帰ってきてるのに、インスタントを食わす気か?と。

そして呆然と立ち尽くす私の目の前で、シチューを三角コーナーに流した。

確かにホテルの料理人だったけど、野菜の皮向きしかさせてもらってない見習い風情が何を偉そうにと一気に冷めました。

この記事の続きを読む >

 (15コメント)

ダウンロード (9)

607: 可愛い奥様 2013/05/27(月) 00:46:42.13 ID:KyrSKDdu0
結婚して1年、新婚です。
旦那が最近、作った夕飯を残すようになった。
といっても、いつも2口とか3口くらいで食べれそうな、微妙な量を残される。
「これくらい食べちゃってよ」と言っても「もうお腹いっぱい」と言われます。
メインはだいたい食べるんだけど、副菜を残される。
味噌汁も二杯目おかわりして、その二杯目を具だけ少し残すとか。白いごはんは大抵は全部食べてる。
量が多いのかと思って、副菜を一回り小さい小鉢に盛って出してみたけど、やっぱり2口分くらい残す。
味付けが合わない?美味しくないのかと思えば「これ美味しいねー」とか言うし、単なる癖?

ぜったい残すな、すべて平らげろ、とまでは思わないんだけど、いつも微妙に残されるのが最近腹がたって仕方ない…
私は妊娠八ヶ月で、あっさりしたものしか食べられないから、旦那の食べ残しを食べるのはキツイし
そこそこ残るなら明日のご飯に回せるけど、ほんの2口分くらいだから冷蔵庫にとっておくのも...って感じになる。
毎回食べ残されるって地味にストレスだ...

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

31

176: おさかなくわえた名無しさん 2015/02/20(金) 01:42:22.36 ID:IhYQtVLO
明日旦那の両親に会うのが憂鬱で仕方ない
理由は旦那が夕飯の代わりにお菓子を食べたから
旦那は好きなおかずじゃないと食べず、好きなのはハンバーグ、生姜焼きなんかの子供っぽいのか味の濃い肉
魚は骨が嫌だといって食べない
野菜メインの煮物なんかは端から箸をつけないか、一切れ二切れ食べて後から私の目の前でシリアルやお菓子をボリボリ
今日もお菓子を食べ始めたので、泣いてる子供をあやしながら作った飯をなんだと思ってるんだ!とキレてしまった
明日旦那の両親が来るのだけど(前々から予定していた)この人を育てた親かと思うと顔を見るのが嫌だし、今日の惨めな思いがぶり返して泣きそうだ
具合が悪いと言って部屋に引きこもるのは大人げないかな…

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

252bf5eb
495: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/30(土) 15:55:07.25 ID:CvVArciF
10年以上前の話になるけど高校の友達がいち早く結婚(でき婚)し、いち早く離婚(旦那の浮気が原因)した。
その時私たちはまだ20歳になるかならないかくらいで母子家庭手当てがどれくらい出てどんな優遇があるのかも知らなかった。

この記事の続きを読む >