鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:報告

 (7コメント)

11541

115: 可愛い奥様 2017/01/20(金) 22:35:31.78 0
看護師一年目のとき。
夜勤の3時のラウンドのとき、14歳の患者さんの呼吸のしかたが変だなーと思ったけど、一緒に夜勤をしていた先輩たちには異常なしと報告した。
次のラウンドのときには呼吸が停止していて、そこから当直医を呼んで救命処置をしたけどダメだった。
先輩や他の上司に「異変はなかった?」と聞かれ、なんとなくあの異常な呼吸のことを言ってはダメだと直感的に思い、無かったと報告。
また同室者が3時過ぎにのびをするような声を聞いたということから、私のラウンド以降に急変したんだと判断された。
それから看護師として経験を積み、あの変な呼吸は下顎呼吸だった、あのときに救命すれば助かっていたかもと知った。
でも、誰にも言えない。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

225

567: 名無しさん@おーぷん 2016/02/16(火)09:03:25 ID:hwF
先週、近所のママ友のご主人に会った。
すこし世間話してたら、ご主人がなんの脈絡もなく「妻が妊娠したんですよ!」って言い出した。
ソワソワしてたから、言いたかったんだろうな~とおもって「おめでとうございます、何カ月ですか?」って聞いたら2週間だとよ…。
ご主人、嬉しいのはわかるけど、なんも考えてないのかなーとその場はご主人の電車の時間が迫っててお開き。

そして今朝、そのママ友に会ったけど、本人は安定期に入って自分が報告するまでは、知られたくないだろうなと話題にしなかった。
そしたら「主人から妊娠してるって聞いたよね?おめでとうの一言もないの?」だってさ。涙目で。
なんか夫婦共々神経わからんわ。
付き合いやめたい。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

952

393: 名無しさん@HOME 2012/05/17(木) 10:57:56.93 0

プチだけど投下する。若干のフェイクあり。

以前、金融系の会社の人事部に勤めていた時のこと。
海外営業を担当する営業さん(女性)がいて、上司の推薦があって契約社員
から正社員に登用する話が持ち上がった。
社長と役員による面接で決定するんで、その資料として本人に書式を渡して
経歴書を作ってもらったんだけど、入社の時に提出された履歴書と経歴の
内容が微妙に合わない。社名とか期間とか。
本人に問い合わせても「はっきりしない」という。それでは困りますと言ったら、
本人が持ってきたのが年金の加入記録の通知(ねんきん特別便)。

最初の履歴書と照らしあわせた結果、航空会社の正社員でした、外資系の
金融機関の正社員でした、という華々しい経歴が、実はただの派遣先だったり
子会社だったり、期間も半年で終了になってるのを数年に水増ししていたりと、
数々の粉飾が発覚。

本人はぜんぜん悪びれもせず、経歴詐称なにそれ?なんか問題あるの?
みたいな態度だったから、この会社の就業規則では、経歴を偽って入社する
のは重大な服務規程違反で、懲戒処分もありえるんです、と説明した。
「とりあえず上司に報告します」ということにして、その場は帰ってもらった。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

0100

514: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/26(水) 17:23:44.21 ID:FSiedKET
兄がいつの間にか入籍していたみたいだが、報告はなし。
別に仲の良さは普通。
親も、兄嫁になった人から報告の手紙が来たことで知ったらしい。
式の日程も決まったみたいだが、何も連絡なし。親戚にも音沙汰なし。
最近はこんなもん?

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

111

196: 恋人は名無しさん 2016/07/29(金) 09:01:03.29 ID:x9C/AsFl0
では元カノの話でもする
少し長いです

お互いアラサーの社会人
彼女は派遣として老人ホームで働いてるんだけど
ある時、彼女が会社の愚痴をLINEしてきた
彼女「今日派遣会社の上司から説教された」
俺「なんで?」
彼女「仕事さぼってるのが張れた。しかもさ、会社(派遣先)のやつらも直接私に言わないで、いちいち派遣会社に報告するんだよ?信じられない」

正直、この時点で仕事サボってたくせに何言ってるのこいつ?と思ったが
俺「とはいえ、仕事さぼるのはだめだよ」
って言ったら
彼女「え?普通そこはフォローするのが彼氏じゃないの?何で会社の味方するの?信じられない」
と怒り始めた

この他にも普段から色々あって溜まってたんだけど
この時「あ、無理だ」ってなった気がする
程なくして別れた
ちなみにサボってた理由はお気に入りのお婆ちゃんの写メを撮ってた事
しかも、それを結構な頻度で俺に送ってくる
それもまったくの赤の他人のお婆ちゃんの写真

この記事の続きを読む >